Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< ブライアン・オルテガのニックネーム「T City」の由来 | main | 柔術ニュース、UFC223ニュース >>
UFCリングガールが体を隠す理由

4月7日にUFC223が行われますが、メインイベントはライト級の試合で、トニー・ファーガソン vs ハビブ・ヌルマゴメドフ。

 

 

このライト級は現在コナー・マクレガーが王者ですが、暫定王者がトニー・ファーガソンで、それにハビブ・ヌルマゴメドフが挑みます。

 

ハビブ・ヌルマゴメドフはロシア人で、UFC選手ではめずらしくイスラム教徒。

 

イスラム教徒に女の裸などはご法度ですよね。

 

そこでUFCのリングガール、ロシア人であるAnna Galochkinaは、、、

 

 

ハビブ・ヌルマゴメドフの試合時、彼の前で体をローブで隠してました!

 

 

なんでも大ファンであり超タイプみたいで(←私も!笑)、彼の宗教をリスペクトし、イスラム教徒である彼を不快にさせたくないからだとか。

 

この写真によるとリング上(オクタゴン内)ではないので、選手の宗教をリスペクトしてていいと思いますが、これがリング上だったら客席からブーイング来そうですよね。見せてナンボの世界・・・

 

 

ちなみに2年ほど前、総合格闘技のゲーム「EA Sports UFC 2」に登場するハビブ・ヌルマゴメドフが、ゲーム内で試合で勝利した後に、「人差し指を天に向けてから胸の前で十字を切るポーズ」を行なっていて問題になったことが。

 

このポーズはキリスト教徒の神への感謝のポーズであり、イスラム教徒のヌルマゴメドフがするはずのないこと。

 

これを知ったEAスポーツは、すぐさまヌルマゴメドフ選手に謝罪したそうです。

 

 

 

ブラジリアン柔術、グレイシー柔術、MMA専門店 Quiet Warriorsオンラインストア

| maria | 総合格闘技 | 15:40 | comments(0) | trackbacks(0) |











このページの先頭へ