Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< ホイス・グレイシーの息子は柔術の試合に出たことがない | main | 大セール情報! ハロウィンスペシャルです!! >>
2028年オリンピックに柔術申請に関して、賛成のヘンゾと反対のガウバォン

微妙な間隔で記事をアップしていましたが、旅行に行っていたためこれまでの数記事は予約投稿でした。カナダのプリンスエドワード島とモントリオールとケベックシティに行っておりました! 柔術ジムもついでに見学してきましたよ!

 

で、旅行中にアップしたクラーク・グレイシーの記事のリンクが貼れていなかったとご指摘いただきましたので、修正しました。

 

さてさて、「柔術をオリンピック競技に!」とは長年言われておりますが、この度2028年のパリで行われるオリンピックに柔術の登録申請をするそうです。

 

するのは、IBJJFではなくUAEJJF。ワールドプロを主催しているアラブ首長国連盟の組織ですね。

 

 

これに関してヘンゾ・グレイシーは、「アラブ首長国連邦と組むことでオリンピックが確かな目標となった」と大賛成。

 

「柔術のオリンピック実現までそんなに時間はかからないだろう。なぜなら前回のアブダビ・ワールドプロの参加者は3000人以上いたし、前回のカリフォルニアで行われたムンジアルも2500人以上参加した。この数字は無視できるものではない」

 

と。

 

が、アンドレ・ガウバォンは反対。

 

「柔術がオリンピックゲームになるのは難しいだろう。というのもルールが複雑だし、国によっては黒帯があまりいない。だからノーギ・グラップリングがオリンピックゲームになるべきだと思うよ。そのほうがもっとダイナミックだし、柔道家やレスラーや他の人達も参加できるから。ADCCのルールに沿って、でも決勝戦でのマイナスポイントは止めるべき。時間も長くないように。短時間のダイナミックな試合、5〜6分かな。

 

ギの柔術がオリンピックになる必要はないよ。サーフィンがオリンピックじゃないようにね。それで成功してるじゃないか。柔術も同じだ。 柔術はとてもプロフェッショナルになってきたからオリンピックにする必要がない。今日ではいい大会やスーパーファイトがたくさんある。柔術がオリンピックになったら、これらのイベントは終わってしまって、たくさんのジムが閉鎖になると思う。これに関しては話しだしたら何時間にもなってしまうけど、これが言いたいことのまとめだ。」

 

私はアンドレ・ガウヴァォンの意見寄り。というか私はもともと柔術がオリンピックになってほしいとは思ってないのです。なんだか柔術がつまらないスポーツになってしまいそうで、、、それにヒクソンが声を大にして言っている、柔術の一番大切な要素であるはずの「セルフディフェンス」は消えてしまいますよね。

 

ヘンゾは最近の活躍を見ていても「進化や変化が大好きで、それにちゃんと適応していけるタイプ」なので、賛成なのでしょう。

 

それにしても、ガウバォンのサーフィンの例はいいな。。

 

(追記:と思ったのに、サーフィンって、東京オリンピックから公式種目になるんですね。)

 

【グレイシー柔術】 Blueprint 厚手パーカー  (在庫Lサイズのみ!)

 

 

ブラジリアン柔術、グレイシー柔術、MMA専門店 Quiet Warriorsオンラインストア

| maria | 柔術 & グラップリング | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) |











このページの先頭へ