Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< チーム・コブリーニャ vs. チーム・ケビン・ケーシーのサブミッション・デスマッチ | main | UFCが銃乱射被害者家族に1億円以上の寄付 >>
UFC 2018年からCBD解禁へ

以前こういう記事を書いたことが有るのですが、、、

 

UFCはマリファナ解禁になるか?

 

解禁になるんだそうです、来年から!

 

ネイト・ディアスがコナー・マクレガーと2回めに対戦した時の試合後の記者会見でベイプを吸っていて、「これはCBDだ。炎症などを癒やす作用がある。試合やトレーニングの前後に使用するのがいい」と言っていました。

 

 

現在のところすべてのカンナビノイド(大麻草に含まれる化学物質)は禁止されており、ネイト・ディアスはUSADAから警告を受けていました。

 

しかし来年2018年からはそれも変わります。

 

WADA(世界アンチ・ドーピング機構)は最新の禁止物質を発表しましたが、CBD、またはカンナビジオール(CBDはマリファナに含まれるカンナビノイド)は削除されています。(

 

ネイトが2016年に言ったように、それらには数多くの医療的な使用法があるためです。THDと違って幻覚を引き起こしたりなどの精神活性がありません。

 

USADA(アメリカ・アンチドーピング機構)はWADAの基準に従うとのことで、つまりは来年からUFCでもCBDは解禁!

 

まあ、これだけ医療的な効果があると証明されているものを、怪我が多いスポーツ選手に禁止するというほうが、今の時代おかしいですよね。

 

と思うのは私がアメリカに住んでるからか?

 

嗜好マリファナは臭いからやめてほしいけど(合法です)、医療用大麻なんていいことだらけなんじゃ? 私も喘息持ちなのでCBDは考えてます。日本でも戦前までは喘息の特効薬といったら大麻だったんですよね!

 

 

 

 

ブラジリアン柔術、グレイシー柔術、MMA専門店 Quiet Warriorsオンラインストア

| maria | 総合格闘技 | 05:10 | comments(8) | trackbacks(0) |
大麻栽培して油絞れば、石油無しでやっていけるとか、製薬会社が困るからとか、戦後のGHQの取締りが厳しかったとか、色んな陰謀論がありますよ。

戦前だと、米の次に多く作られていたのが麻だというのが驚きです。大豆でも芋でもなく、麻ですからね。
| モレリア | 2017/10/03 7:53 PM |

>モレリアさん
私はその陰謀論を見事に信じてる人間です(笑) だって大昔から人々の生活の中にあったものが戦争に負けたら突然ダメになるなんて! でも今の大麻は一大産業なので遺伝子組み換えが多いらしく、健康を考えて摂取するならオーガニックじゃないとよくないようですよ。
| maria | 2017/10/04 12:04 AM |

それって他の薬剤でだいようできないんですか?
| ナンシー | 2017/10/05 10:19 AM |

mariaさん喘息持ちなんですね
持病に対して効果がある薬があるのに、手が出せないのは歯がゆいと思います。
| ぼくひで | 2017/10/05 3:17 PM |

>ナンシーさん
少なくとも癌への治療薬として考えると、他の薬剤の方が副作用がでかいですからね。
| モレリア | 2017/10/06 6:54 PM |

>ナンシーさん
モレリアさんが答えてくださってますが、他のもの(病院で処方される薬なども)は体に悪いものが多いので、治療するならできるだけナチュラルなものに頼りたいなと思うのです。。
| maria | 2017/10/07 12:44 AM |

>ぼくひでさん
そうなのです。でも今は手が出せますからね! 後は私がどの会社の製品が質のいいものを出しているかをリサーチしなくてはなりません。
| maria | 2017/10/07 12:45 AM |

>モレリアさん
お答えくださり、ありがとうございます。もうまったくその通りです!!
| maria | 2017/10/07 12:46 AM |












このページの先頭へ