Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< ホイス・グレイシーの息子がMMAデビュー | main | チーム・コブリーニャ vs. チーム・ケビン・ケーシーのサブミッション・デスマッチ >>
ゴードン・ライアン、ギへの転向表明でスポンサーを募集中

ノーギではもう無敵となった、ダナハーデススクワッドのメンバー、ゴードン・ライアン。

 

つい先日のADCC2017では−88kgで優勝、アブソルートで準優勝と、わずか22歳でこの快挙。それもシャンジ・ヒベイロやディロン・ダニスに判定で勝っただけでなく、キーナン・コーネリアス、ホムロ・バッハウ、ホベルト・サイボーグなどの強豪を「極める」という凄さ。

 

(これで22歳って、老け過ぎよーーー!笑)

 

さ、次はMMAへ行くんだろうな〜と思っていたら(だって以前そう言ってましたよね? それに流れ的にもここはMMAかと?)、来年はギへの転向を表明しました!

 

「ギなしでできることはすべて成し遂げた。茶帯でのノーギ・ワールド王者(黒帯でも優勝予定)、EBIの170ポンド、180ポンド、そしてアブソルートの王者、ADCC金メダル、ADCCアブソルート銀メダル。」

 

今年優勝したらギのトレーニングを始めるとすでに周りに公表していたようです。

 

「物事を正しくやりたい。というのはつまりギを捨てて戦うのではない。ギありでの今の自分の能力を知っている」

 

と言うから、ノーギはできてもギではまだまだだからいろいろ学びたい、と突然謙虚路線に!?と思ったら、やっぱりそうではなくて、、、

 

「黒帯でもほほとんどの人に勝てるだろう」

 

と来た(笑) ま、実際そうなんでしょうけど。 で、

 

「黒帯でもほほとんどの人に勝てるだろう。でもほとんどの黒帯を倒すことには努力しない。最上レベルの黒帯を極めるために尽力する。今の自分ではギでトップ20の選手と対戦するのは厳しい戦いになるだろう」

 

とわかってはいるようです。

 

ということで今年も残りはあと3ヶ月ですが、ジョン・ダナハー率いるギのプログラムにしたがってトレーニングし、来年もギのトレーニング。そして自分の成長具合に合わせて、2018年の半ばから2019年の初頭らへんでギの大会に出場予定なのだとか。

 

「俺は『地球上でベストなノーギ・グラップラーになる』と宣言した。そして今そうなった。そして『地球上でベストなギ・グラップラーになる』と宣言した。今言えるのは、、、やってみせるさ、、、新しい時代が来る。俺の時代だ」

 

と、俺様ぶりは健在。最高。

 

 

 

「ってことで、どこが俺のギのスポンサーになる?」

 

 

 

だそうです!(笑)

 

 

 

それにしてもゴードン・ライアンがギだなんて、楽しみですね!

 

 

 

↓これだけのモンスターを育てた師匠はこの人!

トム・デブラス Half Domination ★教則DVD4枚組★

 

 

 

ブラジリアン柔術、グレイシー柔術、MMA専門店 Quiet Warriorsオンラインストア

| maria | 柔術 & グラップリング | 00:30 | comments(0) | trackbacks(0) |











このページの先頭へ