Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< 「『柔術に力は関係ない』と言うべきなんだろうけど、、、あるって!(笑)」by ジョン・ダナハー | main | 突然このDVDが売れ始めたワケ >>
本日の入荷情報 9/25

Quiet Warriorsオンラインストアより、本日の入荷情報です。

 

ステファン・ケースティングの新作DVDが入荷いたしました。

 

今回はレッグロックの専門DVD。 6枚のDVDの中に10章が詰め込まれていて、収録時間は10時間以上!

 

 

ここ数年急激に洗練され、パワフルに、効果的になってきているレッグロック。どんどん進化するレッグロック時代に遅れないよう、必見のDVDです。

 

「現在柔術はおもしろいステージに来ています。上半身のサブミッションにかけてはものすごいのに、レッグロックとなると初心者のようなグラップラーがたくさんいます。それは本来あってはならないことですが、多くの黒帯はアームバーやトライアングルなどにかけては天才的なのに、下半身のゲームへの理解となると白帯なのです。これはあなたが上の帯の人を極める最高のチャンスでもあります。」

 

「きちんとかけられたレッグロックが最高なのは、体の大きさでディフェンスできないことです。現代のレッグロックというのは、体の最も小さい部分、ほんの小さな筋肉と靭帯に対して仕掛けるからです。そしてそれを自分の最も大きな筋肉を使ってかけるのです。 これはどう考えても不公平な戦いであり、あなたは毎回勝つことになります。」

 

「好もうが好まざるが、レッグロックはすでにやってきています。 ディフェンスに関しては、ただ時間の問題です。あなたが下半身のゲームを知らないなら、たった一度のスパーリングセッションで何度もタップすることになります。または試合でマットに上がって数秒でタップすることになります。どうやってディフェンスするかも知らないサブミッションにかかりたくはないでしょう。」

 

 

(収録内容)

 

第一章: 足を壊すことの生体力学(レッグロック理論)

 

技をかける時に舞台裏を理解すると、その技が素晴らしく効果的になります。動きのステップを覚えるだけではなく、それぞれのステップを行う理由がわかるので、技のディテールが覚えやすくもなります。 この章では、ただの競技者と世界レベルの競技者がかけるレッグロックの違いを生むコンセプトを超実践的にわかりやすく教えます。その原理によってあなたのレッグロックがはるかにタイトに、より効果的になります。

 

第二章: レッグロックのベストポジション(レッグロックの分類法) 

 

この章では、レッグロックにとってのベストポジションの数々をカバーしています。そのコツにより、相手にとっては絶対に逃げられないレッグロックとなります。 この章で説明しているディテールを使えば、すぐさまレッグロックの絡みがはるかにタイトになります。そしてあなたが出くわすであろうどんな相手に対しても、適切なタイプの足の絡みを選ぶことができるようになります。

 

第三章:実際どうやってレッグロックを極めるか(力学を掘り下げて解明する)

 

相手が足を狙われていると気づいてまずすることは、足を隠すことです。そしてあなたの手のグリップを足で蹴って外し、レッグロックが極まるのを防ぐためにできることをなんでもします。あなたは幸運にもこの章で、相手が何をしようがグリップを得るためのスーパーパワフルな方法を学びます。 またここでは、相手に自分の足が破壊する寸前だと思わせる正確なグリップ、調節、体の力学もカバーしています。相手があなたより2倍大きくても、簡単に極めることができる隠された調節方法も教えます。

 

第四章:トップからボトムから、どこからでもレッグロックを極める方法(レッグロックエントリー)

 

ここは膨大なボリュームです。柔術のほとんどすべてのポジションからレッグロックに入る方法を学びます。 それらのテクニックによって、あなたはトップ、ボトム、パスガード中、ガードの中から攻撃中、スクランブル中、どのポジションからでもレッグロックを極めることができるようになります。あなたの相手は二度と安全だと感じないでしょう。

 

第五章:レッグロック・ポジション間の動き(レッグロック・トランジション)

 

このDVDの核心のひとつは、ポジションを上達させることです。相手を悪いポジションから更に悪いポジションへ、エスケープができなくなるところまで追い込み、完璧に相手をコントロールしたままレッグロックをフィニッシュします。 ここでは相手が予想できない、そして止めることができないたくさんのトランジションをカバーしています。

 

第六章: レッグロックのエスケープと予防(レッグロック・ディフェンス)

 

現代のグラップリング界では、すばらしいレッグロッカーに出くわすことがどんどん増え、あなたはディフェンスに回ることもあるでしょう。しかし誰かがあなたの足を狙ってきたからといって、それはあなたがタップしなければならないということではありません。どうやって逃れるのかを知っていれば、形勢逆転させることができまます。 この章で紹介するテクニックとコンセプトを使えば、あなたがかつては絶対に逃げられないと思っていたレッグロックを事前に防ぎ、ディフェンスすることができるようになります。

 

第七章: よくあるエスケープに対する上級トランジション(アドバンス・レッグロッキング)

 

あなたがレッグロッカーとして知られ始めると、人々はディフェンスを向上させ、エスケープがうまくなります。しかしそのようなエスケープの試みのひとつひとつが、あなたにとっては新しい機会となります。 このセクションは、相手があなたの攻撃からエスケープしようとするのを利用して行う、上級テクニックとトランジションに焦点をおいています。

 

第八章: パスガードや上半身への攻撃へのトランジション

 

ここではレッグロック攻撃がうまくいかなかった場合のフォローアップについて学びます。足がからまった状態からトップ、パスガード、バックテイクへのトランジションを学びます。 これによって下半身と上半身への攻撃を混ぜることができるようになり、これはコンプリートグラップラーの印です。

 

第九章: レッグロッカーのガードをパスする

 

レッグロックが上手い相手のガードに入るのは恐ろしいことです。ほんのちょっと動くだけで極められてしまうとわかっているからです。ほんの少し間違えただけで、ヒールフック、トーホールド、ニーバーなどにかかってしまいます。 レッグロッカーのガードをパスするには正しい方法と間違った方法があります。この第九章にあるテクニックと戦略は、レッグロック・スペシャリストのガードを、安全な状態を守ったままパスする方法を教えています。

 

第十章: スペシャリティ・レッグロック・シチュエーション

 

このセクションでは、難しいポジションやサブミッションからのエスケープ、そしてそのまま強烈なレッグロックにつながる技を教えます。相手が自分を極めれると思ったツケを払わせてやりましょう。

 

 

 

ということでぜひチェックしてみてくださいね。他にはトレーニング系DVDが再入荷しています。

 

 

 

 

ブラジリアン柔術、グレイシー柔術、MMA専門店 Quiet Warriorsオンラインストア

 

| maria | Quiet Warriors 商品情報 | 10:04 | comments(0) | trackbacks(0) |











このページの先頭へ