Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< 本日の入荷情報 8/24 <ヘナー様が笑ってらっしゃる!編> | main | マクレガー vs メイウェザー 試合動画 >>
「マクレガーがメイウェザーと対戦するのは、IBJJFでマクレガーがハファエル・メンデスと対戦するようなもの」by ジョン・ダナハー

ついに今日です!

 

コナー・マクレガー vs フロイド・メイウェザー

 

アメリカでは格闘技界だけでなく、格闘技を知らない人でも誰でも知ってるような注目のイベントとなっています。

 

私はもともとマクレガーのファンなので当然応援はそちらになりますが、柔術界の頭脳、ジョン・ダナハーがいたく冷静な投稿をしていました。

 

それが今日の記事のえらく長いタイトルとなってますが、全文はこんなかんじ↓

 

______________________

 

今夜は今年最大のファイトショーです。

 

それは多くの知識豊富な専門家に茶番だと片付けられていたにもかかわらず、どのボクシングイベントよりも多くの視聴者の関心を集めています。

 

見たところ、これは完全にミスマッチ。メイウェザー氏は間違いなく彼の世代の最も素晴らしいボクサーであり、議論の余地はあるかもしれませんが、史上最高のボクサーです。

 

彼はリングでのテクニックマスターであり、戦術のマスター。素晴らしいボクサー達をただの人のように見せてしまうほどです。

 

マクレガー氏は驚異的な傾向を持つ優れたMMAファイターで、彼の実力を疑う人たちが間違っていると証明してきました。

 

しかし実際には、このプロジェクトというのは、マクレガー氏がIBJJFのギの大会に出て、例えばハファエル・メンデスと対戦するようなものです。

 

このような状況下で、あなたはマクレガー氏がメンデス氏に勝つと本当に思いますか?

 

非常にいいMMA選手が、ジムでエリートのボクサーとスパーするのを見た経験は常に同じです。

 

最初の3、4ラウンドでは非常に競争力があり、驚くほどうまくいきます。

 

その後、第5ラウンドあたりでエリートボクサーが、相手の正統でない、または厄介な動きを理解し始めると、リングの戦術を使い、ミスパンチなどを打たせることで相手をいつも以上に動かせて疲れさせます。

 

そして第8ラウンドあたりで、エリートボクサーが圧倒的になるのが目に見えるようになります。

 

私は今夜​​同様のパターンが起こるのではないかと思っています。

 

メイウェザー氏の驚くほどの技術レベルを考えれば、おそらくもっと早く起こるかもしれません。

 

マクレガー氏の唯一の利点は、若さとサイズですが、重いパンチでもターゲットに当たらなければ意味がありません。

 

そしてメイウェザー氏はいつも通り調子がよく、戦いに疲れたことはありません。

 

マクレガー氏が12ラウンド生き残ることができたら、なかなか競争力のある試合をしたとしたら、それはマクレガー氏にとって素晴らしい勝利と言ってもいいぐらいです。

 

多くの人のように、私もアンダードッグが不可能なオッズを覆して勝つのを見るのが好きなので、私の心はマクレガー氏と共にありますが、私の心はまったくもってそんなことが起こりそうもないことを知っています。

 

不確実な世界で私が本当に信じている確実なこと、それは・・・

 

マクレガー氏の今夜のボクシング試合での出来は、メイウェザー氏がマクレガー氏相手にリアルファイトするよりもはるかにいい出来となることでしょう。

 

_______________________

 

ということでした。

 

ボクシングだから(←ボクシングよく知らないから)例えメイウェザー相手でもコナー・マクレガーは何かやってくれるんじゃないかと思ってしまいますが、IBJJFのギの試合でハファエル・メンデスと対戦する、、、、

 

そりゃ結果は目に見えてるわ!!笑

 

 

(↑パンチの的の大きさが違いすぎる、笑)

 

 

 

ブラジリアン柔術、グレイシー柔術、MMA専門店 Quiet Warriorsオンラインストア

 

| maria | 総合格闘技 | 01:12 | comments(4) | trackbacks(0) |
最近思うのですが... アメリカではマクレガーはそんなに人気があるのですか?彼の言動や行動は非常にくだらないと思います。またSNSで発信している内容も一般の人々の価値観からかけ離れたものであり、それらもショーの一部なのかもしれませんが、本当にこんな刺激しかないショーに全国民が注目してるのでしょうか?私はアメリカ人は頭のいい洞察力に優れた人種であると認識しています。素人がハファエルメンデスと試合するような中身のない試合にこんなにたくさんの人やお金が動くような国なのでしょうか?この試合からアメリカは何を得て何を学ぶのでしょうか?当人や一部の人が利益を得れるだけで、MMAやボクシング業界の今後のイベントに対しても一時的な注目度は与えたとしても最終的には価値を下げてしまう事になるのではないでしょうか?やり口がトランプの選挙戦にも似てるようにも感じます。 本当にアメリカ、またアメリカの格闘技ファンはこれを楽しみにしているのでしょうか? ヒロシでした...
| ヒロシです.. | 2017/08/27 6:39 AM |

IBJJFでハファと対戦という例えが絶望感半端ないですね(笑)
打撃戦と違ってまぐれ一本がないぶんBJJの方が力量差が出そうな気がします。
| みきお | 2017/08/27 6:52 PM |

>ヒロシです.. さん
コメントありがとうございます。
アメリカでマクレガーが人気あるか・・・今回の対戦ではメイウェザーのほうが人気がありました。というか、もともと人気があって応援されているわけではまったくないのですが、トラッシュトーク同士ならアメリカ人の方を応援するというか(笑)
アメリカ人は本当にこれを楽しみにしていました。犬のグルーマーの友達がいるのですが、この日は午後2時ぐらいからお客さんが全然来なくなったと言っていました。同僚のグルーマーも格闘技なんて興味がないのにこの試合は見ると言っていたそうな。アメリカ人は誰かの家で集まってバーベーキューしながら見たりするので、昼過ぎから準備して、夕方には集まって食べて、その後の試合を飲みながら見る、みたいな。
私もめちゃくちゃ楽しみにしていたし、実際楽しみましたよ!
| maria | 2017/08/30 5:31 PM |

>みきおさん
そうなんです、ハファと対戦という例えで絶望感半端なくなり、目が覚めました。お陰で100ドル失わずに済みました(爆)ジョン・ダナハー、ありがとう。
| maria | 2017/08/30 5:33 PM |












このページの先頭へ