Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< 格上の相手にロールをお願いするのはマナー違反か? | main | グリップが強いということは、つまり・・・? >>
韓国開催のUFCを当局が調査中!

2015年に韓国で行われたUFCで、韓国人選手がアメリカ人選手相手に八百長で負けることに合意していたということで、韓国では現在警察が介入して調査が行われているようです。

 

A選手は1億ウォン(約88000ドル、ということは1000万円近く?)を受け取ること、そして5000万ウォン(約500万円)を相手選手に賭けることに合意。

 

しかし突然賭けのオッズが変わったので、試合当日UFC側が選手に警告。

 

そのA選手の試合にはすでに大金が投入されていましたが、反響を恐れたA選手は合意を翻し、普通に試合することにしたそうな。

 

結局選手Aは試合に勝ったため、試合後おびただしい数の脅迫を受けたそうです。

 

それによってA選手は身の危険を感じ警察に通報。そこで八百長を認めたと。

 

そこから調査が開始。現在その八百長に関わったすべての人を調査中だそうです。

 

元々の記事では選手の名前は特定されていませんでしたが、バン・テヒョンではないかとのこと。

 

 

その理由は、その大会では多くの韓国人選手が出場していたが、バン・テヒョンだけが判定で勝利した男性選手であるということ。他の選手はすべてTKO勝利。

 

他のソースでは、「34歳の地元選手が八百長」とあったそうで、その年齢なのはバン・テヒョンだけということ。

 

他にも多くのメディアがバン・テヒョンを使用していたり、テレビでは明らかにバン・テヒョンだとわかる選手にモザイクをかけていたり・・・が、映っているジムはバン・テヒョン所属のコリアン・トップチームだったり・・・

 

賭けのオッズが突然変わったというのは、たった1〜2時間のうちに相手選手に突然大金がかけられていたそうで、特に有名でもない選手なのにその動きはどう見ても怪しすぎだったそうです。そりゃそうだ。

 

でもびっくりなのは、こんなスキャンダラスなニュースなのに、世の反応が「韓国だしね」とか「ワールドカップ/オリンピックでもやるからね」とかいうだけ!

 

 

Acai Cafe 目次

ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店

| maria | 総合格闘技 | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) |











このページの先頭へ