Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< エリオ・グレイシーのセックス観 | main | 「青木真也 vs ゲイリー・トノン」を見るべき5つの理由 >>
柔術の「上級ファンダメンタル」とはどういうこと?

またまたステファン・ケースティングさんの投稿から。

 

教則DVDの内容がどのように役立つのかをこうやって説明してくれるとすごくうれしいですね。

 

_____________________

 

似て非なるもの2つのこと、「ベーシック」と「ファンダメンタル」とは?

 

ベーシックとは柔術初心者全員が習わなくてはならないこと。比較的シンプルで、高確率で、トレーニングしていない相手に使うには特別なトレーニングが必要ではないものです。

 

例えば、マウントからのウパエスケープ、サイドからガードに戻すこと、バックテイク、ガードからのアームバーなど。

 

しかし初心者は、これらのテクニックを使うには、体を新しく、慣れない方法で動かさないといけないと学びます。ブリッジしたりエビしたり肩から肩へと回ったり。

 

これはある部分で難しいプロセスではあります。側転、回転、ブリッジ、エビなどの動きは日常生活で大人が普段使うものではないからです。子供の頃の本能でやるといいのですが、それはもうとっくに忘れていて、再び呼び戻さなければなりません。

 

再度学ばなければならないこれらの動きは、ファンダメンタルの一部(すべてではない)でもあります。

 

 

ファンダメンタルとは、白帯から黒帯を通して、何度も何度も出て来るものです。

 

初心者から練習していれば、これらのファンダメンタルは後に何度も出てきて、本能でできるようになります。地面の上を転がるのが再び普通のことになります。

 

そこからはすべてを正しい順序に並ばせること。これは最初に体の動かし方を習った時よりもはるかに簡単です。

 

ファンダメンタルな動きとベーシックなテクニックを練習することは、相乗効果のあるプロセスです。 ファンダメンタルな動きを練習することは、ベーシックなテクニックを上達させ、テクニックを練習することはファンダメンタルな動きを上達させます。

 

しかしすばらしいのは、これでは終わりではないということです。

 

あなたは柔術キャリアを通して上達を続け、ファンダメンタルな動きを精錬し続けます。

 

あなたのテクニックがどれほどうまくなろうが、それがこのスポーツの本当のコツなのです。

 

ファンダメンタルに集中することで、柔術の大きな問題、つまり「テクニックがたくさんありすぎること」を解決できます。

 

柔術には何千ものテクニックがあるのは周知の事実です。これは柔術のすばらしい面でもありますが、一方ではそれに打ちのめされてしまいます。

 

一体どうやったらそんなに多くの動きをマスターできるのか? 特に練習時間が限られてる場合は?

 

そのコツは、柔術をファンダメンタルな構成要素に分解することです。

 

実際には、少しのファンダメンタルが何度も何度も使われていることがわかります。

 

これらのファンダメンタルを学ぶことは、柔術すべての根底にあるブロックを積み上げることです。

 

そしてほとんどの「新しい」テクニックというのは、本当はこれらのブロックを新しい方法で積み上げただけなのです。

 

クレージーでアドバンスのテクニックでさえ、あなたが今までずっと使っていたようなファンダメンタルな動きから作られたものです。

 

一からすべてやり直してそれぞれの動きをやり直すのではなく、「動きの根底にあるパターンに磨きをかける」のです。

 

例を見てみましょう。

 

多くの柔術スクールでは最初の日にテクニカルスタンドアップを教えるでしょう。

 

これは寝転がっている体勢から座っている体勢へ、そして足で立ってベースを確保する動きです。 これは技術的にはセルフディフェンスとして教えられており、しっかりした技術です。

 

しかしこれはただの始まりに過ぎません。

 

まったく同じ動き、そのテクニカルスタンドアップが、すばらしいベースを持ち、激しく動く能力のある相手をスイープするのにも使えるのです。

 

またそのテクニカルスタンドアップは、相手からスイープされて下のポジションで押さえつけられているところから脱出するのにも使えます。

 

またはタートルの状態からリカバーするのにも、テーブルをひっくり返し、悪いポジションから相手のバックを取るときにも・・・

 

他にも数え切れないぐらい多くの方法があります。

 

これはテクニカルスタンドアップのファンダメンタルな動きだけではありません。

 

すべてのファンダメンタルな動きは他のことに使えるのです。 これらのファンダメンタルを理解し、それが起こった時に正しく使うことを学んでいれば、あなたのゲームは飛躍的に進化します。

 

ひとつの動きを練習することで、その動きが使われるすべてのテクニックがシャープになります。

 

この連携ができれば、あなたのテクニックはパワフルでスムーズで効果的になります。

 

そして新しいテクニックを学ぶスピードが早くなります。

 

というのも、あるレベルになれば、新しいテクニックを一からすべて学ぶのではないからです。

 

あなたがすでに使っているファンダメンタルの動きを、違った方法で使うだけなのです。

 

 

このプロセスをシンプルにしてくれたのが、世界王者のブランドン・ムリンスです。

 

ブランドンと私はこの柔術のファンダメンタルな動きに特化した教則を作りました。

 

それは「上級BJJファンダメンタル」と言います。

 

_____________________

 

ということで、その「上級BJJファンダメンタル」は以下のDVDの一枚目のディスク部分にあたるそうです。

 

このディスク1は2時間以上の収録で、32のセクションに分かれています。

 

自分一人でドリル練習ができるように作られており、その同じ動きを初心者、中級者、上級者ごとにどうやって使うのかをブレークダウンして教えています。

 

実際にどうやってその動きが使えるのかがきちんと学べるそうです。 なるほど!

 

 

S・ケースティング&B・ムリンス Non-Stop Jiu-Jitsu ★4枚組教則DVD★

 

 

 

Acai Cafe 目次

 

ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店

| maria | 柔術 & グラップリング | 00:12 | comments(0) | trackbacks(0) |











このページの先頭へ