Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< オリンピック柔道銀メダリストでもIBJJFでは引き込む | main | 柔術の「上級ファンダメンタル」とはどういうこと? >>
エリオ・グレイシーのセックス観

いやあ、すごいタイトルです(笑)

 

ホイス・グレイシーの最近の発言について書こうと思ったら、その記事にあったエリオのことがあまりにもおもしろかったので、それを先に。

 

雑誌「プレイボーイ」のインタビューだけあって、柔術系のメディアではありえない質問連発です!

 

 

______________________

 

 

インタビュアー: セックスは悪いと思いますか?

 

エリオ: お互いが望んでいるセックスと愛はもちろん賛成だ。しかしセックスのためのセックスはエネルギーの不必要な浪費である。最悪なのは自然の目的を満たさずにするセックスだ。言い換えれば、セックスとは生殖のための道具なのだ。私にはサンパウロのCongregation of Our Lady of Sionで尼僧をしている妹がいるが(マリー、85歳)が、それには激怒したよ。浮浪者でいてくれたほうがましだ。女としてこの世のミッションを果たすためには、バージンで何ができる? 乳房があり卵巣があり健康に生まれたなら、子供を持つべきだ。自然に逆らうべきではない。

 

インタビュアー: あなたは人生で何回セックスしましたか?

 

エリオ: 私はあまりしていない世界チャンピオンだ。私の推定では、私はブラジル中の女とできたはずだ。それなのに10人以上の女とはやってない。私がやったのは、子供を持つという考えを受け入れてくれた女とだけだ。

 

インタビュアー: ということはコンドームを使わなかったのですか?

 

エリオ:(きっぱりと)なんてことだ! 私はコンドームなど使ったことはない。コンドームを使おうと思った女などこの世にいない。そんなことするならセックスせずに死んだほうがいい。私の子供達もコンドームは使わない。私は28人の孫がいる。

 

インタビュアー: え・・っと、あなたの息子さんたちはエイズが怖くないのですか?

 

エリオ: (憤慨して)エイズというのは堕落と不浄に関わっている者の問題だ。私の息子たちは誰もドン・ファンになろうとはしていない(激怒) エイズを恐れる者は誰とでもセックスする者だ。私が思うに、そういう者達は犬以下だ。

 

インタビュアー: 今までに立たなかったことはありますか?

 

エリオ: ない。そんなことは一度もない。

 

______________________

 

どうですか、これ! よくぞエリオ・グレイシーにそんな質問してくれました、というのと同時に、エリオの答えがすごすぎる。アメリカでこんなこと公に発言したらとんでもないことになるけど、ブラジルの爺さんの戯言ってことなのか? インタビューは2001年です。それにしてもびっくりしたわ!

 

 

Acai Cafe 目次

ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店

| maria | 柔術 & グラップリング | 00:48 | comments(0) | trackbacks(0) |











このページの先頭へ