Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< ルーカス・レイチの初の教則DVD「コヨーテ・ガード」 | main | オリンピック柔道銀メダリストでもIBJJFでは引き込む >>
計画することの大切さ by ベルナルド・ファリア

頭脳派プレーヤー、ベルナルド・ファリアが「計画することの大切さ」という記事を書いていましたので、こちらでご紹介します(Flo Grapplingより)


_______________________


柔術家が知っておくべきことでもっとも大切なことのひとつは、一年をどのようにきちんと計画するかです。


計画を立てることはトレーニングと同じぐらい大切です。というのもそれがあなたの目標を決めるための時間でもあるし、それを成し遂げるためにどうすればいいかを決める時間であるからです。


「計画を立てる」と私が言っているのは、すべてのことが含まれます。


例えば・・・


・試合はどの大会に出るのか?

・どの大会が一番大切なのか?

・トレーニングスケジュールはどのように?

・食生活はどのように?

・試合に出る/行くための費用はどうするのか?

・スポンサーは探すのか?

・あなたが黒帯だったら、セミナーのスケジュールは決まっているか?

・フィジカル・コンディショニングは? 週に何回筋トレするのか?


などと更に続きます。


計画にしたがっていくなら成功のチャンスは飛躍的に上がります。計画があれば妥協しないからです。毎日何をしなければならないかがわかるし、それによって道から外れずにいられます。


私が知っている柔術の成功者のほとんどは、とても若い頃からはっきりとした計画、目標を持っています。


キャリア(や人生)のための計画を立てることは、進んでいくに連れていろいろなことが変わってくるため、とても難しくはあります。しかしそれに向かって、そのことを頭に入れながら進んでいくほうが、何も計画が無いよりもはるかにいいのです。


あなたの人生において大きな目標を立てることをおすすめします。これはあなたの夢、昔から叶ってほしかった夢のことです。そしてその目標にしたがって毎年次の12ヶ月の計画を立てるのです。


私の好きな格言にこういうものがあります。


「月を目指しなさい。たとえたどり着けなくても、どこかの星に着陸するだろう。」


あなたが計画したことの通りにできなかったとしても、あなたがベストを尽くしたことで、少なくともゴールに近づいていることは確かなのです。


もちろん現実的になる必要もあります。あなたがすでに35歳で今年柔術を始めたのに、アダルト黒帯の部で世界王者になるのはとても難しいでしょう。でもマスターではどうでしょうか? これなら夢を見続け、今日計画を立てるなら可能です。



●私の計画の仕方


私自身は通常、年が始まる前から計画を開始します。私が重要な大会の全てに出場していた頃は、10月か11月頃になると、翌年のヨーロピアン出場の資金を確保するため、1月と2月にヨーロッパでのセミナーを入れ始めていました。


次にパンナムとワールドプロ・トライアルの日程を調べます。私のメインは6月のムンジアルなので、フィジカルコンディショニングのコーチはそれに合わせてトレーニング計画を立てます。そのようにして6月に自分のベストが来るようにするのです。


柔術はまだほかのスポーツに比べてプロではありませんが、オフシーズンには私は「マネタイズ」します。できるだけたくさんセミナーの予定を組み、翌年にはトレーニングに100%集中できるようにします。




●計画することの大切さ


ちゃんとした計画がなければ、メインゴールに集中できなければ、このどれもできないでしょう。またはごちゃごちゃした年になるでしょう。「計画」とは私にとって「集中」と同じ意味です。恐ろしくなにかに集中している人というのは、はっきりとした計画を持っています。そして結局成し遂げてしまうのです。


時に私は行き過ぎていると思うこともあります。というのもほとんどの場合、私はプランA、プランB、プランC、プランD・・・があるのです。たいてい「これをやろう。でももしこれがダメだったらあれができる。あれもダメだとしてもまだ他のオプションがある。それから・・・」と考えているのです。


もちろん人生におけるすべてのことと同じように、物事には例外というものがあります。なんの計画を建てなくてもうまくいく人がいることも知っています。しかし平均的に考えて、柔術(や人生)で成功している人というのは、はっきりとした計画を持っています。



●計画することがトレーニングの手助けになる


あなたが何帯でも、柔術をプロとしてやっていても、趣味でやっていても、試合に出ても出なくても、関係ありません。


年の始めには、あなたの目標に合わせた計画を必ず立てましょう。あなたのゴールが柔術を趣味としてやることで試合には出ないというなら、週に3回トレーニングするという計画を立てましょう。そして少なくとも年に1回はセミナーに出るようにしましょう。練習に行けないときもあるかもしれません。でもそうだとしてもコンディショニングを保つために他のアクティビティをすることも可能なのです。


計画を成し遂げることができなくても、あなたがそうやろうとしたということだけで進歩しています。あなたは他の誰かと競争しているわけではなく、あなた自身と競争しているのです。すべてはあなたのことなのです。もし計画や目標がなければ、あなたの最大の敵はあなたとなってしまいます。きちんとした計画を立てれば、自分に勝つことができます。


試合がない時や大きな目標が近づいていない時には、練習に行くことやハードに練習することを怠けるようになってしまいます。自分を追い込む何かがないからです。だから計画や目標を持つことがものすごく大事だと私は思っているのです。


自分が計画したことを成し遂げたなら、あなたは勝ったということです。できなかったら、あなたは自分に負けたのです。


みなさんがこの記事を喜んでくれて、みなさんの大きな夢や目標を成し遂げることに役立つならとてもうれしいです。



______________________


ということでした。


相変わらず成功する人というのはきちんと考えてるんだなぁ、、、ということがよくわかる内容でした!



Acai Cafe 目次

ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店

| maria | 柔術 & グラップリング | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://cafe.quietwarriors.com/trackback/871867


このページの先頭へ