Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< 柔術タトゥー特集 | main | ホーウスとヘウソンは5年間口を利いていなかった! >>
ヒクソン400戦無敗に関してヘウソンがコメント
エリオ・グレイシーの次男であり、現在は赤帯のヘウソン・グレイシー。


(http://www.hnljiujitsu.com/relson-gracie/)

ヒクソン・グレイシーの400戦無敗に関して、以下のようなコメントをしています。

「本当じゃないと思ってるわけじゃないんだ。ヒクソンは実際にそれだけのファイトをしたんだろう。ジム内でや道場破りとかとね。
ヒクソンは日本で13試合ぐらいした。ズル−との2試合も。ウゴ・デュアルチとやったのは確かにファイトだ。でも400戦にはサンボの試合やアカデミーでのトレーニング、大会、そういう「ファイト」と呼ばれるものが含まれてるんだ。でもそれは本当のファイトじゃない。それはトレーニングさ。ファイトは14か15試合日本でして、ブラジルでも何試合かしただろう。それをファイトと呼ぶのはいいが、ほかは全部練習だ。そのように父(エリオ)は言っていた。ヒクソンが400戦していないという意味じゃない。だがそういうファイトも含めるなら、父は5000戦はしている。父のほうがヒクソンよりもたくさん証明しなきゃならなかったからね」

エリオ・グレイシーが語ったところによると、ヒクソンが試合したのは普通に報道されているものだけ。400戦というのは練習やアマチュアの試合も含めているとのこと。もしエリオがヒクソンのように自分のファイト数を数えたなら、100万ファイトは超えているだろうとのこと。

________________________

ということで、なんだか数がとても適当な感じですが、そのへんはブラジル的ということで(笑) ヒクソン云々よりも、エリオの若かりし頃は本当にすごかった!ということですね。


Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店
| maria | 柔術 & グラップリング | 11:21 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://cafe.quietwarriors.com/trackback/871858


このページの先頭へ