Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< ヘナー・グレイシーの買い物に出くわしました | main | 本日の入荷情報 2/4 >>
40歳以上の人はどうやってロールするべきか?
このタイトルに過敏に反応する人は多いのではないでしょうか?(笑)

アメリカの柔術界ではよく「オーバー40」ということが言われています。

それだけ40歳を超えると今までできてたことができなくなったりして、いろいろと変わってきてしまうということなのでしょう。

ちょうど私の好きなライター、Mark Mullenさんがそれについて書いていました。

______________________

次の練習までの間に完全に体がリカバーする能力というのは何でしょう?

ひげに白いものが混じり始めた生徒が、自分よりもかなり若いトレーニングパートナーに毎日の練習に誘われたのだけど、そんなことをしたら体中痛くなるし、疲労してしまう・・・と言っていました。

リカバリーを助ける何かはあるのでしょうか?



それは、あります。

40歳以上のアスリートには、以下の2つのアイデアをおすすめします(私は49歳で週5日マットの上で過ごしています)

●正しい食生活

リカバーする能力に最も影響するのは「栄養」です。

ここで正直になってみてください。最後に緑の生野菜を食べたのはいつですか?

よい栄養素の話題はニュース速報でもなんでもありません。しかし毎日の食事に生野菜をたくさん取り入れる努力をしている人はいったいどのぐらいいますか? チキンウィングと一緒に食べるニンジンとセロリのスティックだけでは足りません!

柔術黒帯の多くはジューサーやビタミックスのブレンダーを持っています。それで簡単にケールやほうれん草のスムージーを作ります。体の炎症や関節の痛みに対する効果は劇的ですよ!


●「流れにしたがって動く」“Flow with the go.”

これはヒクソン・グレイシーの有名な映画「チョーク」の英語の言い間違いの言葉から。フローな(流れにしたがって動く)ロールではポジションからポジションへの移行やテクニックの交換に、より多くの時間を費やします。上級者にとっては、上達というのは多くのテクニックの習得ではありません。素早くスムーズにポジションを移行する能力こそが大事なのです。

ヘンゾ・グレイシーの黒帯であるショーン・ウィリアムスがフローロールを正しく行うコツについて説明してくれています。





この動画の方法のほうが体にとってはるかにやさしい方法です。体へのストレスを軽減しながらも、ロールが長い時間できるようになります。

ぜひやってみてください!


Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店
| maria | 柔術 & グラップリング | 06:30 | comments(0) | trackbacks(0) |











このページの先頭へ