Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< ここ数日のびっくりな3試合 | main | ハレック・グレイシーのBellator試合結果はいかに? >>
話題の技「マウント下からのエゼキエル」への対処法
昨日書いた3つのうちのひとつですが、1月15日のUFCで、UFC史上初のマウント下からのエゼキエルがありました。



MMAでエゼキエル自体がめずらしいのに、マウントの下からというのはUFC史上(MMA史上?)初。

オレクシー・オリーニク選手は今までに10回もMMAでエゼキエルを極めているという、変わった強者。


さて、そんな珍しいことが起こったのに、この二人が放っておくはずがありません。

さっそく翌日16日にはグレイシー・ブレイクダウンでヒーロンとヘナーが解説。

要はこの技が極まるのは相手の体と自分が重なるアングルになった時なので、サイドやハーフガードではダメ。相手にマウントを取ってもらわないといけないのですね。

そのことを「pull mount」と言ってます。「pull guard」はガードに引き込むことですが、これはマウント引き込みですね(笑)

また、普通クローズドガードの中から極めれる技はないけど、エゼキエルはできる。

クローズドガードがひっくり返ったらマウントなので(クローズドガードというのは「upside down mount(逆さまマウント)」と言っていて、そうか、そうだな、と妙に納得)、下からエゼキエルというのは理論的に可能なのだという話をしていて、そうか、そうだな、とこれまた納得。


技の極め方を解説したあとは、ディフェンスも教えてくれています。



ヴィンス・ヴォーンが出てる豪華版(ちなみにこのヴィンス・ヴォーンの娘も柔術を始めたんだとか)

ディフェンスだけ見たい方は9:30ぐらいからご覧くださいませ。


Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店
| maria | 総合格闘技 | 02:12 | comments(0) | trackbacks(0) |











このページの先頭へ