Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< ベルナルド・ファリア出題のパスガード・クイズをやってみました | main | 今日はホリオン・グレイシーの誕生日 >>
メリル・ストリープのスピーチに格闘技ファン激怒!
昨晩の第74回ゴールデングローブ賞授賞式でのメリル・ストリープのスピーチが感動を呼んでいますね。

トランプが障害のある記者の真似をしたことに触れ、「軽蔑は軽蔑を生み、暴力は暴力を生む」とトランプを批判。

それはいいんです。彼女のスピーチは確かに感動。

・・・ある部分を除いては。



格闘技ファンはこのメリル・ストリープのスピーチに「ふざけんな!」と激怒。

私は授賞式をテレビで見ていなかったのですが、寝る前にニュース記事で彼女のスピーチ全文を読んでいたら、私も「え???」と。

そして今朝起きて格闘技関係のニュースをチェックすると、もうこの話題ばかり。

それもそのはずで、メリル・ストリープはスピーチの中で、

“So Hollywood is crawling with outsiders and foreigners. And if we kick them all out you’ll have nothing to watch but football and mixed martial arts, which are not the arts.
(ハリウッドはアウトサイダーや外国人がいっぱいです。もし彼らを追い出そうすれば、フットボールとMMAぐらいしか見るものがなくなってしまいます。それらは芸術ではありません。”

と言ったのです。

もちろん格闘技ファンは激怒。

MMAがアートじゃないっていうけど、そもそも名前からして「mixed martial arts」じゃないかー。ダメ?(笑)


そしてなんと、Bellatorの総裁スコット・コーカーがメリル・ストリープに公開状!



「私は長年あなたの映画のファンで、長年格闘技をしており、世界中でMMAをプロモートしている者です。

世界的なスポーツであるMMAは、世界中のアスリートの男女を称賛しています。彼らは何年も休むことなく、技術と、そう、アートに磨きをかけています。アスリートたちはあらゆる国や職業の出身です。私達Bellatorは彼らをサポートし、彼らのスキルを高く評価しています。

1月21日、LA Forumにぜひお越しください。そうすればMMAが本当に芸術的だとわかるでしょう。・・・それが世界レベルで試合する、世界中からのファイターを主役とするものであると」

ということで、1月21日のBellator170にメリル・ストリープを招待(笑)


関係ないけど、「メリル・ストリープ スピーチ」で検索したら、トップに出てきたのがELLEの記事

「メリル・ストリープ 感動スピーチ全文公開」ということで全文日本語訳が載ってるんですが、

「ハリウッドにはアウトサイダーたちと外国人たちがそこらじゅうにいます。もし彼らを追い出そうとしたならば、フットボールと統合格闘技の試合ぐらいしか見るものがなくなってしまうでしょう。」

だって〜! ちょっと違う(笑)


Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店
| maria | 総合格闘技 | 03:05 | comments(1) | trackbacks(0) |
MMAなんてUFCが勝手に作った造語だしNHBかヴァーリトゥードだろ
オクタゴン内で殴り合い殺し合いだしアート性なんて微塵もないわ
| ロンドン橋 | 2017/01/10 10:50 AM |












このページの先頭へ