Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< 柔術ワールドリーグにアシュトン・カッチャーが? | main | ヘナー・グレイシーのバックパックの中身 >>
今年の柔術を振り返ろう 2014
日本はもう12月31日大晦日ですね。

Graciemagに載っていた、柔術今年1年を振り返ろう!です。

1.マーカス・ブシェシャがムンジアル黒帯のオープンクラスで3年連続優勝

そんな偉業を成し遂げたのにもかかわらず、「自分が一番だと思うか?」と聞かれたブシェシャは、「現在はホドウフォ(ヴィエイラ)が一番だと思う。史上最高なのはホジャー(グレイシー)。僕は進歩している途中。僕の柔術は進化している。自分自身を一番だと考えるのはうぬぼれだと思う」だそうです!




2.桜庭和志とヘンゾ・グレイシーの再戦

2000年に行われたPride以来の二人の再戦。2000年の時は桜庭がキムラでヘンゾの腕を壊しましたが、今回はMetamorisでのグラップリング・マッチ。20分戦ったのちにドローとなりました。この試合のオファーを受けたヘンゾは、それまで3年間一度の腕立て伏せすらしていなかったのに、試合に合わせて27ポンド(約12圈砲慮採未棒功。

Kazushi Sakuraba vs Renzo Gracie Metamoris 5 by mma4all


3.IBJJFヨーロッパ選手権の黒帯オープンクラスで、アレキサンダー・トランスがヨーロッパ人初のチャンピオンに

2014年のヨーロッパ選手権黒帯オープンクラスの決勝で、ユリ・シモエスと対戦し、アームバーで一本勝ち。ヨーロッパ生まれの選手がオープンクラスで優勝するのは初めてという歴史的快挙でした。が、当のトランスは「自分はたくさんのブラジル人とトレーニングしてるし、ブラジルにもよく行くし、自分がヨーロッパ人ということはあまり気にしてない」とのこと。




4.IBJJFのHall of Fame(殿堂)導入



2014年のムンジアル開催前日、IBJJFは柔術の殿堂入りした選手を集めてディナーパーティを行いました。写真は歴史的柔術セルフィー(セルフィーを日本語でなんと言うのかと検索したら、「自撮り」でした!すいません、こんな当たり前の語彙もなくて、爆)


5.レアンドロ・ロとギルバート・バーンズがCopa Podioで20分以上試合し、ロがチョークで一本勝ち

11月22日にリオデジャネイロで行われたCopa Podioの試合。動画をご覧ください。

http://vimeo.com/112653688
(貼り付けできないのでリンクを)


6.ムンジアル黒帯女子オープンでビア・メスキータが優勝、最優秀女性ファイターに選ばれる




何年もずっと2位以上にはなれなかったメスキータですが、ついに今年ミシェル・ニコリーニを破って優勝しました。秘訣は「負けるのは大嫌いで、負けると自分に失望して落ち込んでしまうけど、それは長く続かない」だそうです。落ち込んでる暇があったら練習しろってことですかね。


7.ホイラー・グレイシーとエディ・ブラボーがMetamorisで2003年のADCC以来の再戦



2003年に両者が対戦した時はほぼ無名だったエディ・ブラボーが4度の世界王者であり3度のADCC王者であったホイラー・グレイシーからトライアングルでタップを奪うという、衝撃的な結末となりましたが、2014年Metamoris3でリマッチ。20分試合しドローとなりましたが、その後何ヶ月経っても人々の話題に上りました。


8.プレギーサ、キーナン、ミヤオ兄弟などがムンジアル黒帯で初出場

フェリペ・ペナ、キーナン・コーネリアス、パウロ&ジョアオ・ミヤオ、ジャンニ・グリッポ、タミー・ムスメシ、ジャンニ・ラーソンなどが今年黒帯でムンジアル初出場。にもかかわらず、プレギーサはヘビー級で優勝、ジャンニ・ラーソンは女子のミドル級で優勝、ミヤオ兄弟はルースターとライトフェザー級で2位、また腕を壊されたタミー・ムスメシのミシェル・ニコリーニとの対戦(フェザー級決勝)も話題になりました。



9.ロンダ・ラウジーが柔術の黒帯女子になんて勝てる、と発言

UFC王者であるロンダ・ラウジーが「女性柔術家なんてどの階級でも、ギでもノーギでも、黒帯であろうと何であろうと、相手の望むルールで倒せる」と発言し、それを受けて女子柔術界の大物達が反撃。

ビア・メスキータ 「何か勘違いしてるんじゃない? ロンダは現在の黒帯世界王者の誰一人倒せないわよ」

ガビ・ガルシア 「 多分自分が何を言ってるのかわかってないんだと思うわ。そんな謙虚さのかけらもないなんてありえない」

ルイザ・モンテイロ 「私たちのこと倒せると思ってるなら、なんでムンジアルに登録しないわけ? ぜひロンダと対戦したいと思ってるわ」




10.グレイシーマグが20周年

まあ、これは2014年の重大事ではないと思うんですが、グレイシーマグの記事なんでね(笑) それにしても20年ってすごいですね。94年からってことですよね。   

ちなみにアサイーカフェは来年で10周年! ちょっとびっくりです。最初から見てくださってる方は10歳も年を取ったってことですよー(笑) って、私もか!(爆)


さて、アサイーカフェ今年最後に〆るのはこの下ネタで↓

11月に行われたUFC で試合中にう○こを漏らした選手がいるってことで、大ニュースになりました。

大晦日は無礼講ってことで(ほんとか?)写真も載せちゃおう。


ハンベルト・ブラウン選手。こんなのが大ニュースになった上、チョークされて負けました。

う○こと言えば、今年はこれもすごい話題になりました。ああ、無情。



後にう○こがない写真も出回り、う○こはフォトショップで加工しただけという話もありますが、消したほうが実はフォトショップだったという話も。

おせち作ってたり年越しそばの準備したりの最中だったらすいません(爆)


ということで、今年はサボることの多いアサイーカフェでしたが、来年も懲りずによろしくお願いいたします!!



Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店








| maria | 柔術 & グラップリング | 11:55 | comments(0) | trackbacks(0) |











このページの先頭へ