Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< ヒクソン・グレイシーの新連盟JJGF | main | ちょっと変わったケトルベル >>
柔術家が稼げるようになるには?
こちらより。

2012年12月8日は初めて柔術がプロスポーツへの第一歩を踏み出した日でした。

IBJJFがIBJJ Pro Leagueをつくり、1位には5000ドル、2位には1000ドルという賞金を出しました。

柔術はブラジル以外では90年代半ばから始まったという比較的新しいスポーツであり、世界的なレベルの柔術家にある程度の金額が支払われるトーナメントには以下のようなものがあります。

●アブダビ・ワールドプロ
年1回。黒帯無差別級は1位30,000ドル、2位3,000ドル、3位1,500ドル。黒帯階級別は1位8,000ドル、2位3,000ドル、3位1,500ドル。色帯はそれより少ない賞金&旅費提供

●Metamoris
100,000ドルを14選手で分割

●Copa Podio
賞金の額は公表していないが、勝者はだいたい10,000ドルだと言われている

●Grapplers Quest
1位3,000ドル、2位1,000ドル

●ADCC
2年に1回。階級別1位10,000ドル、2位5,000ドル、3位3,000ドル、4位1,000ドル。無差別級1位40,000ドル、2位10,000ドル、3位5,000ドル、4位1,000ドル、スーパーファイト勝者40,000ドル、敗者10,000ドル

(その他の大会は金額がこれより少ないものばかり)


これは金額的には決して大きくありません。現在エリート層の選手は、飢えはしないけれど金持ちでもないという状態です。

彼らはセミナーをしたり、動画やオンラインコースをしたり、ジムを運営したりして、一生懸命働いています。

トップ100人ぐらいの選手達にはスポンサーがついていますが、それで大成功というわけではありません(多くの柔術家はそう信じていますが)。柔術はまだ主流ではないのです。

平均的なスポンサー(ギやファイトウェア、教則DVDメーカー、サプリのメーカーなど)は、選手に無料で商品提供するだけです。または試合の出場費用を出してくれたりします。スポンサーは選手がまともな暮らしができるほどのものは提供してはいません。が、スポンサー側も高額な贅沢品を大量に販売しているわけではないので仕方がありません。NikeやAdidasとは違うのです。

アメリカの多くのアカデミーではオーナーが複数います。すべてのインストラクターがいい給料をもらっているわけではありません。アカデミーを経営するのはフルタイムの仕事になるので、試合にたくさん出て、同時にアカデミーも経営するというのはほぼ不可能です。ヨーロッパではほとんどのアカデミーオーナーは他の職についています。


2度のムンジアル王者ジョーダン・シュルツは最初アトランタにあるアリアンシに所属していて、クラスの指導やアリアンシの系列スクールの管理もしていました。それでも生活していくのは厳しかったと言います。

その後ロイド・アーヴィンのアカデミーに移籍。そこでマーケティングを学んで、lawofguard.comというオンラインの教則サイトを作り、それによって稼げるようになりました(現在はサンディエゴのAtos所属)

柔術の世界王者が強力なスポンサーを見つけてアカデミーに出資させ、その王者がメインインストラクターを務めることもあります。

メンデス兄弟がまさにそうで、カリフォルニアにArt of Jiu-Jitsuを開きましたが、これはメインの出資者であるスポーツブランドのRVCAから、かなりの出資をされていることは疑いようがありません。

メンデス兄弟はアカデミーを運営しクラスの指導もしているので、アカデミーを開く前よりは試合出場が減りましたが、それでもメジャーな大会には出場しています。



柔術というスポーツが大きくなれば、大きな会社がスポンサーとして参入し、柔術家達も柔術で稼いでいけるようになるでしょう。

柔術は今後10年以内にスケートボードに追いつくでしょう。そして20年以内にサーフィンに追いついていくでしょう。一流のスケーターはコンテストと、Nike SBやMonster Energy Drinkなどの巨大ブランドとの契約で、少なくとも年に20万ドル〜30万ドル(2000万円〜3000万円)稼いでいます。

トップランクのプロサーファーに関して言えば、稼ぐ金額は100万ドル(1億円)に近いかそれを超えており、トップ20〜30人のプロは25万ドル〜40万ドル(2500万円〜4000万円)稼いでいます。

******************************************************

ということで、柔術家も10年以内には、セミナーやクラス指導をせず、試合に出たりするだけで数千万円という額を稼ぐことができるようになるでしょうか? うーん、今の現状から考えるとちょっと想像つかないなぁ・・・ セミナーと指導とDVDを合わせて数千万円なら今でもいますけどね。


Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店


| maria | 柔術 & グラップリング | 13:19 | comments(2) | trackbacks(0) |
サ、サーフィンに追いつくんですかね・・・
| mojo | 2014/07/18 10:02 PM |

>mojoさん
試合に出るのとスポンサー契約だけで柔術のトップ選手が収入1億円! やっぱりちょっと想像できないですよね(笑)
| maria | 2014/07/22 1:59 PM |












このページの先頭へ