Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< ホイスがエディ・ブラボーに・・・ & Metamoris III 動画 | main | 本日の入荷情報 4/4 >>
グレイシー・ウマイタが10th Planet傘下に!
Bullshidoより)

Matamoris3ののち、ホイラー・グレイシーはグレイシー・ウマイタを解散することを発表した。
「今後すべてのグレイシー・ウマイタは10th Planetの傘下に入る。10th Planetこそが次に来る本物の柔術の進化だと今回の対戦中に実感した」とホイラーのプレスエージェント、Rouette Zhedogsoutteによってホイラーのコメントが発表された。



ホイラー陣営は「UFCでホイス・グレイシーがハロルド・ハワードに勝利して以来、グレイシーファミリーが試合に勝つためのテクニックを今回ホイラーは使った。つまりニースライスパスと誇大宣伝だ。なのに10th Planetのロックダウンはホイラーのニースライスを防いだ。そしてビデオのリプレイはそのロックダウンがまぐれだというファンの声を黙らせた。Youtubeがこの世にある限り、ホイラーは10thPlanetのシステムでトレーニングを始める以外に選択の余地はない」とBulldhidoに応じた。

このコメントに対してエディ・ブラボーは「俺がホイラーにヴァポライザーを仕掛けている間、彼と心の通った長い会話をした。ファミリーだとか今後の計画とかそういったものについてな。そうしているうちにホイラーはグレイシーウマイタを10thPlanetに組み込むことに決め、ホイラー自身は10thPlanetの茶帯になることになった。ラバーガードのシステムを知らない奴に俺様は黒帯は渡せないからな。しかしホイラーなら1年か2年で黒帯になれるさ」



グレイシーウマイタは今後もギで練習するのかと聞かれたホイラーは、「ギというのは日本のユニフォームだ。ブラジルのじゃない。ブラジリアン柔術というスポーツにおいて、伝統的なブラジルの服装を反映したようなより良い何かを考えている」と答えた。

ホイラーはまた、ホイラーの兄弟でありUFC1〜4の王者でもあるホイス・グレイシーとエディ・ブラボーとの間の、Metamorisのバックステージで起こった論争についてもコメントした。「ホイスは今が90年代じゃなく、誰も Toad the Wet Sprocketなんて聞かないということに対して腹を立てているんだ」

エディ・ブラボー、またはホイラーがMetamoris 4でホイスと対戦する可能性を聞かれたホイラーは、「それはないだろうね。ホイスはセミナーで人々に青帯をあげるのに忙しいから試合はしないだろう」と答えた。


**************************************

ってことで、まさかこれを読んで信じた人はいないと思いますが(え、いる?笑)、この記事を書いたBullshidoというのは「Bushido」と「Bull Shit」がかかった名前で、それからしてもインチキくさい?(笑)

ま、今日は(アメリカは)4月1日ということで!



Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店




| maria | 柔術 & グラップリング | 13:51 | comments(5) | trackbacks(0) |
あ、これはエイプリルフールのネタ記事なんですね(笑)

途中まで信じてて最後で気づきました(大笑)

まあエディの強さがネタでなかったのは事実みたいですね。

| ぽん☆ちょびぃ | 2014/04/02 2:20 PM |

 正直エディを馬鹿にすること=ホイラーを愚弄することに気づいていないのでしょうか?ホイスやアンチエディの人達は。

 ホイスがノーギメタモリスルールでエディに勝てるとは思えません。
 実戦から離れているし、優秀な弟子と練習している話も聞かないし、ノーギの実績はホイラーが赤帯ならホイスは青帯がいいところでしょう。
 ホイスはギ有りでイズマイウとリマッチすればいいと思いますw
 イズマイウも延々ホイスを落としたことを自慢してたしw
| ムジナ | 2014/04/02 5:24 PM |

ガチで信じましたw
| ヒールフック | 2014/04/02 7:12 PM |

ビックリしました!
確かに画像が明らかにコラですね。
| いさこな | 2014/04/03 2:51 PM |

この記事を信じてくれた方々がいらっしゃると知って、書いた甲斐がありました!(笑)

>ムジナさん
ホイスはVale Tudeでエディとやろうと言ってたみたいです。なんでエディがそんなのに付き合わなきゃいけないかな、と。。。
| maria | 2014/04/04 11:24 AM |












このページの先頭へ