Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< ガビ・ガルシア ドラッグテスト結果陽性 | main | ホイスがエディ・ブラボーに・・・ & Metamoris III 動画 >>
Metamoris III 結果
今日はMetamoris IIIでした。

1か月ほど前から新しい仕事を始めた私はすごく忙しくて(パートタイムですが、他にも仕事2つしてるので)、今回のメタモリス、友達が「集まって見るよー」と声かけてくれるまですっかり忘れていました。ということで今回は友人の家でPPV鑑賞しました。

今回はヘナー・グレイシーとショーン(←友達)というコメンテーターではなく、ケニー・フローリアンとジェフ・グローバー。ということで聞きたかったのですが、みんな誰も聞いてなくて喋り倒し、うるさくて何も聞こえない(笑)

ということで結果です。

●第一試合(ギ)
ザック・マックスウェル vs. ショーン・ロバーツ (ドロー)

ドローではありましたが、途中からザックが優勢。ちなみにショーン・ロバーツのセコンドにはまだハウフがいました。チェックマットに移籍ですが、ハウフとの詳しいことは書いていいかわからないので一応やめておきます。

●第二試合(ギ)
ギィ・メンデス vs. サミール・シャントリ (ギィの一本勝ち)

この間のパンナムでサミールの試合を見ていたので、これではギィにはまったく敵わないだろうと思っていたら、案の定7分程で極められてしまいました。ちょっとレベルが違いすぎるかんじ。サミールだって世界のトップらへんのレベルなのに、ギィって一体どれだけすごいのか?

●第三試合(ノーギ)
ディーン・リスター vs. ヘナート・ババル (ドロー)

この間のパンナムでも活躍していたババルですが、ディーン・リスター相手じゃ無理でしょとみんなが思っていたマッチアップ。ババルはディーン・リスターのサブミッションを防げるのか防げないのか、というだけに焦点があてられていたのに、実際試合してみると、ババル、ディーン・リスターにアームトライアングル! リスターは出ましたが、予想外のババルの活躍に感動。

●第四試合(ギ)
ハファエル・メンデス vs. クラーク・グレイシー (ドロー)

体重差がある組み合わせでしたが、これはハファが極めるだろうと思っていたら、結果はドロー。ハファのベリンボロの速さに一緒に見ていた皆で仰天。

ついでにここでみんなに「クラーク・グレイシーはそんなにグッドルッキングなのか? 私には80年代アメリカ映画なイメージなんだけど」と聞いてみました(笑)すると、誰もクラークがグッドルッキングとは思っていなくて「普通のところにいたら平均よりちょっと上なだけ。でもそのレベルでも柔術界にいるとグッドルッキングに見える」だと!

●第五試合(ギ)
キーナン・コーネリアス vs. ケビン・ケーシー(キーナンの一本勝ち)

ヴィニー・マガリャエスがMRSAで、なんと試合30分前に出場が決まったケビン・ケーシー。もしかしてPPVで最初に説明していたのかもしれませんが、なんせ何も聞こえなかったので、突然黒人選手が出てきて、みんなして一瞬「誰、これ??」と。一人が「ロイド・アーヴィン」と言ったのがウケました(笑) キーナン対ロイド・アーヴィンなんて、そんなマッチアップ見てみたいわ。

ちなみにヴィニー・マガリャエスはツイッターで自分のMRSAの写真を出していたのを友人がその場で探し出してみんなに見せてましたが、ピザ食べてた私は見れませんでした(笑) 家に帰ってから見ましたが、ぎぇ〜〜!

●第六試合(ノーギ)
ホイラー・グレイシー vs. エディ・ブラボー (ドロー)

アメリカ人もブラジル人もほとんどみんなホイラーが勝つ!と言っていたこの試合。そもそもエディがホイラーに勝ったのはまぐれ、または100回試合したらホイラーが1回ぐらい負けることはある、この間のはたまたまその1回だったのだ、と多くの人が言っていたぐらい、ホイラーの評判が高く、エディは×。ホイラーはその後も試合したりしてるけど、エディは何もやってないじゃないか、だからエディはホイラーに敵うわけがないという前評判でしたが、ふたを開けてみればエディ、まさにブラボー!(←あ、さらっと流してください、笑) エレクトリックチェアーとか、とにかく自分のシステムを使いまくり、最後は私はホイラーの膝が怖くて画面が見れませんでした。エディ・ブラボーすごいーー! それにしてもホイラー48歳、エディ43歳だって。


ってことで、Metamoris IIは完全に失敗で、そのせいでスポンサーも降りてしまったぐらいですが、今回のMetamoris IIIはルールをIと同じに戻しただけあって、おもしろい試合ばかりでした。

まだ見てない方、ぜひ見るべし!

https://metamoris.com/




Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店




| maria | - | 15:44 | comments(2) | trackbacks(0) |
 エディの試合で涙でそうになりましたね。四年前の横浜セミナーをうけさせてもらったことを誇りに思います。
 ゴン格でホイラーが「前回は誰も彼の技を知らなかったけど今回は対策できてるから問題ないよ。それとも2015年版のテクニックでもあるのかい?」ってコメントしてたのを嘲笑うかのようにエディファンならみんな知っている10thプラネットの基本技をバンバン成功させて、、、
 アンチエディの決まり文句だった「エディの技は相手が知っていたら効果が低い」を見事に黙らせました。
 というか腕十字や三角絞めを同じような理由で否定するひとはいないじゃないですか。個人の練度によるじゃないですか。

 でもラバーやロックダウン、ツイスターシステムは否定される。
 声を大にしていいたいですよ。「バックチョークや腕十字と同じ回数のラバーやツイスターをしてるのか。十分の一も練習していないのに否定してるんじゃない!」と。
 とにもかくにもエディ!本当にありがとう!

 
| ムジナ | 2014/03/30 9:03 PM |

>ムジナさん
今回の試合はエディ・ブラボー・ファンにはたまらない結末となりましたね(笑)
今回私が一緒に見た人達は比較的新しい柔術家達だったので、エディに対する考えも、もとからそんなに悪くないかんじだったので、気分よく見れました。
それでも私が「これでエディのシステムが使えるって証明されたよね」と言ったら、「エディが使う場合はね」とみんなに言い返されちゃいました。普通の人にとってあれが使える技術だとは誰も思ってないらしいです。エディ・ブラボーが使った場合のみ有効なんだそう(笑)


| maria | 2014/03/31 11:36 AM |












このページの先頭へ