Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< Metamoris 結果 | main | Metamoris <カイオ・テハ vs. ジェフ・グローバー> >>
Metamoris <ヒーロン・グレイシー vs. アンドレ・ガウバォン>
ことごとく勝敗予想を外した私ですが(笑)、一日経った今でもまだ興奮が残っているほどMetamorisはすばらしいイベントでした。柔術の大会を見て、こんなに感動したのは何年ぶりだろう?というぐらいです。




とにかく全ての試合が素晴らしかったのですが、私が一番注目していたヒーロンの試合、これは全6試合の中で、唯一「やばい場面」のない試合でした。他の試合は一本勝ちが3試合に、ほぼ極まりかけてたのが2試合ということで。

ヒーロン vs.アンドレの試合は第5試合だったのですが、なぜか第5試合を一番に書く私(笑)

私の大好きなヒーロンは、入場からずーーーーっと笑っていました。一体どうしたの?というぐらい、奥から出てきてステージに上がるまでだけでなく、上がってからもずっと笑顔。まるで初めて小学校に入学して嬉しくて仕方ない子供のよう(笑)



挙句の果てに、試合が始まっても笑っている。


二人は身長差がかなりあります。

当日アンドレは192ポンド(87kg)、ヒーロンは188ポンド(85kg)だったそうです。

試合は誰もが予想したとおり、ポジションではアンドレが優勢。



アンドレの帯には「一念岩をも徹す」と刺繍があります。

テイクダウンしてパスしてサイドを取ったり。が、ヒーロンもそこからわざとアンドレにマウントに行かせるように仕向けて、普通のマウント返し。多分柔術を始めて初日に習うようなテクニックでアンドレをひっくり返してくれます。

アンドレ・ガウバォンのセコンドはメンデス兄弟。


ヒーロンのセコンドにはクロンがついています。試合後の記者会見でクロンはヒーロンと練習していたと判明。ヘナーはストリーミングと司会で忙しいし、ハレックも主催者なのでいろいろ忙しく、クロンがセコンドとなったようです。ヒーロンのギにはクロンのパッチのついていました。

(試合の後半、アンドレが疲れてきた頃、ちょうどアンドレがおでこをぶつけたか何かでちょっとレフリーにアピール(というほどでもないですが)をしたのですが、すかさずクロンが文句言ってました。「時間稼ぎ!」とでも言ってたのでしょうか)

試合はアンドレがポジションを取り、ヒーロンが脱出というのの繰り返し。ヒーロンは「エスケープアーティスト」というニックネームがあるそうですが、なるほど、その通り。



私達プレス仲間で、いちいち試合の前に「どっちが勝つと思う?」と勝敗予想をやってたのですが、この時も「アンドレがポジションでは圧倒するだろうけど、20分スタミナが持つかどうか? ヒーロンにとっては20分は問題なしだから17,8分ぐらいになったらヒーロンが有利なんじゃないか」と。私もまったく同意見でした(メンデス兄弟のアカデミーに通ってる人は、「アンドレに決まってるじゃないか!」と言ってましたが、笑)

ポジション的にはヒーロンがどんどん取られていますが、アンドレからはまったくサブミッションなし。ヒーロンのディフェンスが上手くてサブミッションにまで繋がらないのでしょうか。危ない場面はありません。

試合開始14分ぐらいでヒーロンが足関に行き、アンドレが脱出。

その後アンドレがどんどん疲れ始め、立ちになっても自分から引き込むように。




最後あと数十秒というところでヒーロンが再度足関に。




結局サブミッションがなかったので、大会のルール通り引き分けでした。



その後ステージ上でヘナーによるインタビューがあったのですが、アンドレはこのルールがとことん気に入らないらしく、試合前でも散々文句を言ってましたが、ステージ上でも「これは彼(ヒーロン側)のルール。今度は自分側のルールでやりたい」と。つまり、ポイントやアドバンのある試合時間10分のルールでやりたい、ということですね。当然ながら客席から大ブーイング。



次はヒーロンのインタビューだったのですが、ヒーロンは「次は30分でやりたい」と(笑) さすがは言ってくれました。実際試合を見ていると、もし試合時間が30分だったらヒーロンが勝ってたかも?というぐらい、全然疲れないヒーロンと、15分を超えるとどんどん疲れてくるアンドレでした。


試合後の記者会見でも、会見の会場に入ってから始まるまで少し時間があったのですが、みんな選手達はいろいろ喋ったり仲良くしているのに、アンドレだけ姿が見えない。会見が始まる時には現われましたが、とにかくこのルールが気に入らないということで文句タラタラ。言ってたことは全て試合前に話してたようなことでした。




ヒーロンに俺と試合するチャンスをあげただの、そっち側のルールで試合してやっただの、そんなに嫌だったら最初からオファーを断ればいいのに、と言いたくもなります。それかヒーロンを極めてみてから言えばいいのに。サブミッションにすら行かなかったじゃないか、と。一体アンドレはどうしちゃったのだろう? 何年か前にインタビューした時はものすごく謙虚で、見てるだけでこっちが元気になるような人だったのに・・・ 試合前は険悪ムードで、でも試合した後はお互いをたたえ合って仲良くなる、というパターンはよくありますが、試合前から試合後までひたすら文句を言ってる、というのもめずらしいです。

険しい顔で記者会見を見つめるヘナー


ヒーロンは「柔術はサブミッションじゃなくサバイバル」と言うように、この試合もとにかく世界の頂点であるアンドレの攻撃をディンフェンスして、サバイバルして、それで次に続けていく、つまり極めを狙う、という当初の目的どおり、危ない場面は何もなく、ポジションをリカバーして、サブミッションにつなげる、という試合をしてくれました。



そして、この試合に対してヘナーが後にコメントしてるのですが、

「なんでアンドレがあんなに不満げだったのかわからない。俺だってヒーロンからタップ取れないよ。28年も狙ってるんだけど」

とありました!


(ちなみにこの記事のタイトル、今までアンドレ・ガウバォンの「モノ申す」シリーズにかけて(そんなシリーズあったのか?)、「アンドレ・ガウバォンにモノ申す!」にしようかと思いましたが、一応メタモリスの結果でもあるのでやめました、笑)




Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店
 

| maria | 柔術 & グラップリング | 15:10 | comments(6) | trackbacks(0) |
ヒーロンはルールに則って戦ってたんですから、別に文句を言われる筋合いはないと思いますが…

ガウバォンがルールを知らなかったんでしょうか?

何か後味悪いですね。

| ぽん☆ちょびぃ | 2012/10/16 8:29 PM |

ルールに文句を言うアンドレはおかしい。
ならば今度はホリオングレイシーの柔術ルールでやればよい。
12ポイントで試合が終わるし、そのルールならば今回も勝てていたのだから。
まぁ、ルールが違えばもっとポジショニングも大切にするでしょうね。

途中、ヒーロンとヘナーが文章の中で入れ替わってます。
| isi | 2012/10/16 8:45 PM |

私も家でコンピューターの画面で見てました。
(今でもプレイバックを視聴できると思います、多分$20)

試合後のアンドレは文句というか言い訳というか、たらたらでしたね。もう喋るのやめてくれ〜!と思ってましたが。ポジションでは優位を取りながらフィニッシュできなかったのが相当悔しかったんでしょう。

そしてヒーロンは、、、、笑ってましたね。頭おかしくなったのか?かと一瞬疑うほど。試合始まってもまだニヤニヤしてて。
解説席でも、
解説者1「ヒーロンはどう戦うでしょうか?」
ヘナー「keep it playful.com、ギのパッチに書いてある通りだ。。。」
とか言ってて笑ってしまいましたが(keepitplayful.comはRyronのBlog site)。
とにかくヒーロンは終止リラックス。試合中盤でも、
解説者1「しかしヒーロンはリラックスしてますね。」
ヘナー「そうだね、いやリラックスしすぎかも」
みたいなやりとりあり。
でも、観客席は結構盛り上がってて歓声が飛び交ってましたね。試合残り2分辺りからさらに盛り上がってきて「アンドレ!アンドレ!」のコールが挙り、残り1分になると「ヒーロン!ヒーロン!」の声も、大歓声のまま観客全員のカウントダウン「3、2、1、」で試合終了となってました。あと5分位見てたかった。

いやしかし、大会は見応えのある試合が多く、またそれぞれの試合に個性があって非常に楽しめました。結構フィニッシュあったし。解説者達が言ってましたけど、「試合時間10分まではどちらかが優勢だったり或いはイーブンでも、その後の10分で逆転したり局面がガラッと変わる場合がある。10分超えてからが勝負だ!」っていう事が多くて面白かったですね。

残りの試合の解説も宜しくお願いいたします、Maria先生。
| Jimbo | 2012/10/16 9:31 PM |

>ぽん☆ちょびぃさん
アンドレはルールを知ってるからこそ、それが気に入らないと試合前も後も言ってます。ヒーロンに有利なルールだからむかつく、ということなんですが、だったら試合のオファーを断ればいいだけの話ですよね。勝っても負けても自分にとって何もプラスにならない(勝って当然、負けたらヒーロンが「あの」ガウバォンに勝ったぞということで名を上げる)。なのに受けたということはきっと高額なファイトマネーだったのでしょうか。
| maria | 2012/10/17 7:56 AM |

>isiさん
あ、ほんとだ、ヘナーがエスケープアーティストってことになっちゃってますね。ご指摘ありがとうございます。直しておきます。
| maria | 2012/10/17 7:57 AM |

>Jimboさん
アンドレ、試合後のインタビューはもちろん、記者会見も更にひどかったです。何がそんなに気に入らないんだろう??

「アンドレ!アンドレ!」のコールのことですが、記事に書くの忘れてました。記者会見でヒーロンに対して「名前を呼ぶ声援は聞こえてましたか?」というのがあって、ヒーロンは「聞こえてたよ。みんながアンドレ、アンドレって言ってるから、ちょっとー、俺の名前は?って自分のチームのほうを見たら、それからみんなヒーロン!ヒーロン!って言ってくれた(笑)」と冗談めかして答えたのですが、同じ質問に対してアンドレは「聞こえてたよ。でもヒーロンに対する声援の方が大きかったかな。だってこれは彼のショーだからね」だと。険悪そのものです。

10分を超えてからが勝負っていうのは本当ですね。この試合の結果がこうなったことで、今後いろんな大会の試合時間やルールが見直されることになったらおもしろいのに。
| maria | 2012/10/17 8:02 AM |












このページの先頭へ