Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< 今度はブラウリオ・エスティマからシーザー・グレイシーへ | main | キーラ・グレイシーがATOSに! >>
柔術エキスポ 2012
なんだかすっかり時間が経ってしまいましたが(笑)、エキスポのことを一切書いてなかったので今更ながら・・・

ロングビーチのコンベンションセンターで行われたのですが、まず行ってみて、スケールの小ささにちょっとびっくり。というか、エキスポというとFIT EXPOみたいなものを想像して行ったので、思わず「これだけ?」と。他の人に聞いてみても、結構みんな同じようなことを最初思ったみたいですが、でも柔術がここまでできるようになったんだからすごいことだよ、というのが共通の意見。よその州(カリフォルニアみたいに柔術が盛んではない、どちらかというと田舎の州)から来た人の中には感激してる人もいたそうですが。

昼からの黒帯の試合に間に合うように行ったのですが、ちょっと遅れてしまい、エキスポ会場に入ってから、IBJJFの大会の場所がわからなかったらどうしよう・・・なんて心配してたのですが、全く迷うことないサイズの会場でした(笑)

IBJJFの試合用マット。試合が全て終わったら、夜のスーパーファイト用のマットになります。

全部で9面。真ん中のマットは黒帯決勝用みたいでした。

結局遅れて行ったのに、黒帯の試合は全く始まらず。同じIBJJFの試合でもムンジアルやパンナムみたいにオーガナイズされてない感じでした。が、大きな会場じゃないので観客席とマットの階が分かれておらず、昔みたいでその点はよかったです。とても見にくいですが(笑)

ブドービデオのジェイクが、この日のスーパーファイトに出るカイオ・テハにインタビュー中(が、IBJJFの試合はブドービデオ、スーパーファイトはブドーではなくMobileblackbeltの管轄です)


エキスポ会場では有名選手によるセミナーが行われていました。


参加するほどでもないけど、外からどんなテクニックを教えるのか見たいなと思ったら、選手がテクニックを教える時は参加者全員その選手の周りを取り囲むので、何一つ見えず(笑)

ちなみにこの日はホジャー・グレイシーも教える予定だったのですが、怪我(?)で来てませんでした。

会場内は写真がたくさん。


ホイス、94年のUFCでは64000ドルもらったんですね。

この世で最も頭がきれる人の一人ではないかと思うヘナー様。

このTシャツはもちろん、ベルトもこのドレスベルトをしていました(写真に写ってないですね・・・)

いろいろな店が出店していましたが、出店料が高かったのか(?)、結構がらーんとした感じで、無理やり写真で埋めたみたいに見えなくもなかったです。


何もないところもありました。


ということで、とにかく出店してる店が少なすぎる感じで、エキスポと呼ぶにはちょっと規模が小さすぎましたが、柔術がこういうことをついにできるようになった、ということにまずは喜ぶべし。来年はもっとビッグになってることでしょう。



Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店
 

| maria | 柔術 & グラップリング | 12:46 | comments(0) | trackbacks(0) |











このページの先頭へ