Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< Expoのニック・ディアスに関して、シーザ・グレイシーの声明 | main | 柔術エキスポ 2012 >>
今度はブラウリオ・エスティマからシーザー・グレイシーへ
昨日のシーザー・グレイシーの声明発表のあと、すぐにブラウリオ・エスティマがTwitterにて反論した模様。(Jimboさん、情報ありがとうございました)

シーザーの1/5ぐらいの長さではありますが、訳すのは面倒臭い(笑) ですが、シーザーだけ訳してブラウリオを訳さないのはフェアじゃないので・・・


*********************************

ハイ、シーザー。あなたの声明を読みました。いくつか興味深い点があります。

1)最初にJuniorが私に試合のオファーをしてきた時、私はすでにBlackzilliansでトレーニングをしていました。つまりMMAのトレーニングです。JuniorはニックがMMAの選手とは試合したくないと言っていましたが、私は今まで一度もMMAの試合をしていなかったため、Juniorは問題ないだろうと言い、もしそれが問題になるようだったら試合をキャンセルすればいいと言いました。

2)私の為に規則を曲げられたことはありません。そもそも最初から規則など決められていませんでした。これはUFCの試合ではなく、柔術Expoのスーパーファイトです。大事なのは観客に試合を見せることです。ニックは計量の日時、体重が記載された契約書にサインしたのですか? 私はしていません。ここで大事なことはフレンドリーイベントをすることなので、たとえばもしニックが決められた体重より10ポンド重かったとしても、私にはそれが大きな問題だとは思えません。しかし私は規定に合うように体重を落としました。はっきり言わせてもらうと、金曜の夜10時頃、その日計量があるのかどうかJuniorに確認の電話をしたのは私なのです。Juniorはあなたに何度も連絡し、私にも電話をかけてきて、私がその時点で180ポンドじゃないといけないと言いました。もちろんそれはできないと言いました。なぜなら私はその時アーバインにいて、すでに夜も遅かったからです。しかし私は、大丈夫だ、必要なら明日の朝1番にそうするよ、と言いました。たとえそれが私にとって不利であろうとも気にしませんでした。私は試合をしに来たのです。Juniorはその後深夜12時前に電話してきて、シーザーと話した、明日の朝10時に計量することになったと言いました。
そもそもニックは実際に計量したのですか? 規則に厳しくプロフェッショナルだと言うなら、誰がその軽量を目撃しているのですか?

3)あなたはニックが土曜の朝10時までには去っていたと言っていますが、それならなぜそのことを言わなかったのですか? 私はニックに会って、彼の体重を確認したいとあなたに言いましたよね。そしたらあなたは、ニックはもう食べてしまったから計量は無理だ、だからもう行かない、と言いました。その後でラナがニックの部屋に電話をかけましたが、彼は今寝ていると私に言いました。どの時点でも誰もニックがもういないとは言ってくれませんでした。最後の最後まで私は試合があるものだと思っていました。あなたはスーパーファイト主催団体のプロ意識のなさについて言っていますが、これがプロがやる行為ですか?

他にもたくさん納得できない部分はありますが、もうこのことにはうんざりです。私達は試合するためにそこにいたし、試合は行われるべきだったのです。私達は両方共プロの選手で、お互いを尊重しないといけないはずです。

*******************************

とのことでした。

それに対してシーザーは「返事をありがとう。我々がどちらもJuniorから連絡を受けてたということが問題だったんだね。一緒にRadio Showで話そう」とのこと。

シーザーやニック側は普段MMA団体とのやり取りをしているので、試合は試合!というスタンスで、計量の日程が勝手に変わるなんて考えられないのでしょう。ブラウリオとして、これはエキスポのスーパーファイトなのだから、計量の日時や、実際の体重がちょっとぐらい重くてもそんなに重要じゃない、と思っていたということか?(ってことはこの試合のファイトマネーというのは勝っても負けても同額ってことでしょうね)

そもそも最初からきちんと契約書交わして、体重、計量の日時をはっきりさせておけば済んだって話??




Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店
 
| maria | 柔術 & グラップリング | 02:29 | comments(5) | trackbacks(0) |
前回は失礼しました
私自身エスティマ視点で見ていたせいか正直冷静な視点で描いておらず
柔術家のエスティマの責任だっていうのか!
自分に恥じ入るところが無ければ残ってその事言えばいいじゃん!
と思って描いたせいかかなり支離滅裂な内容になってしまいました…

なんというか
二人の言い分を聞いてみると要は主催者が信用の出来ない人物だったのが最大の原因だったと見ていいんでしょうか??

どっちにしろもうMMAの有名選手を柔術 グラップリングのイベントに出場させるのなんてもう止めた方がいい気がしますね…
アブダビの時でもヒョードルだのGSPだの出る出る言ってて結局誰も出ていません…
出る出る詐欺の連続です…
唯一の例外はジョシュバーネットくらいですよ

落ち着いてシーザーの声明を読み直しました
確かにニックが放棄したのも肯けました
ただニック当人の声明が無いのが気になりますね

では
| NダDサク | 2012/05/17 7:47 AM |

そして今度はRenzoがコメント。面倒臭いので訳しませんが。
「悪いのは俺なんだぁー。」的論調。

さらにその後、BraulioとCesarは本当にラジオトークになった様で。(面倒臭いので聞いてません)
http://www.insidebjj.com/2012/05/16/21-cesar-braulio/

う〜ん。。。
もうどうでも良くなってきた。
| Jimbo | 2012/05/17 11:09 PM |

>NダDサクさん
今後はスーパーファイトであろうと何であろうと、お互い事前に内容に合意してきちんと契約書を交わすべし、ということを彼らは学んだんじゃないでしょうか(笑)間に立つ人が信用ならない、または仕事ができない人でもきちんと遂行できるおうに、やっぱり契約書ですね。
友人と話していると、「これってアメリカ人とブラジル人の違いなんじゃないの。どっちも時間は守らないけど、契約書があるかどうかの差」だと。いいとこ突いてます(笑)
| maria | 2012/05/18 12:24 AM |

>Jimboさん
またまたありがとうございます。が、もう私は解決したと(勝手に)思っているので、ラジオ聞いて訳するのはもう面倒なので止めます(笑) が、一応興味はあるので時間のある時に聞いてみますね。ありがとうございました〜〜。
| maria | 2012/05/18 12:26 AM |

あれ、私、Renzoコメントのリンク忘れてましたか?
http://www.onthemat.com/blogs-posts/renzo-gracie-explains-diaz-estima-situation-and-joins-otm-radio
| Jimbo | 2012/05/18 12:31 AM |












このページの先頭へ