Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< ジャン・ジャック・マチャド 赤黒帯に! | main | グレイシーバッハ・モスクワの変なルール >>
ロシアの柔術
昨日はヒデさんからの情報、本日はのぶ焼きさんからのミニレポートということで、記事二つたて続けに在米日本人柔術家情報に頼っているアサイーカフェです(笑)

アサイーカフェを昔から(2005年?)読んでて、いろいろとナイスな突っ込みをして下さるのぶ焼きさん、この間の黒帯昇格記事『マチャド柔術 日本人黒帯誕生!』でご紹介したので、ご存知の方も多いと思います(ちなみにのぶ焼きさん、この間のムンジアルで日本人柔術家の方から「カウボーイ道場破り」のこと聞かれたって。そういえばそんなことも昔書きましたね→『道場破りが現れた!』

で、そののぶ焼きさん、ムンジアル終了3日後にロシアに行かれました。

ロシアでは、サンドイッチのSUBWAYがそこらじゅうにあったり、普通のフィットネスジムは24HRフィットネスみたいな感じで(って、日本在住の方にわかるでしょうか?)欧米化が進んでる部分を感じた、とのことです。 

せっかくのロシアということで、グレイシーバッハ・モスクワにも行かれたそうです。

が、現在ロシアでは、茶帯1人、紫帯2人しかいないらしく、黒帯ののぶ焼きさんが現われたものだから、セミナーみたいなことになってしまったらしい(笑)



ロシアのBJJ事情は、今すごいスピードで伸びてる感じだそうですが、柔術道場自体ロシアにはほとんどないので、1クラスあたり30人くらいは練習しているらしい。

グレイシーバッハ・モスクワのあるジムは、日本の学校の体育館ぐらいのサイズで、隣でキックボクシングをやっってる人も合わせると 結構の数、広さになるそうです。ジム内は綺麗で、受付嬢もいる、まさにフィットネスジムみたいな感じのところだそうです。
(ちなみにキックには、極真出身の人が多いみたいで、オス!とか言わたって、笑)

指導員は、茶帯と紫帯で今年のヨーロピアンオープンで入賞したらしい。

そして最近はアリアンシで少し修行した青帯が道場を出したとか。

テクニックは、サンボぽいのかなと思ったら柔術の勉強をちゃんとやってるなという印象だそう。現在は白帯の方が多い。最近ホジャーグレイシーがセミナーで来たらしい。

そして気になるロシア人の身体能力は?
 
「やはり遺伝子的に骨格がしっかりしてますね。ゆえ、力は平均的に強いと思います。」

だそうです。

そしてロシアといえばケトルベル。本場ではどうなんでしょう?

「ケトルベルは、もちろんやってる人はいるみたいですが、一般的には衰退していってるみたいで現代西洋ジムが主流」

だそうで、アメリカとは正反対。
アメリカはマシン重視の、いわゆる西洋的なものが大流行だった時代は終わり、数年前から「自重」が盛ん。でもロシアも西洋化の波が終わったら、また自分達の伝統を見直す時代が来るのでしょうね。まあそれが何年先かはわかりませんが。

西洋ジムや西洋食のせいで、せっかくの「伝統的なトレーニング方法」そして、パワーの源?「芋食べまくり食生活」(笑)がなくならないといいけど。。。

が、のぶ焼きさん、ケトルベルインストラクターからロシアンケトルベルを指導してもらったそうです。



今後のロシア人柔術家の活躍に期待ですね。






Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店
  
| maria | 柔術 & グラップリング | 00:55 | comments(5) | trackbacks(0) |
グレイシーバッハモスクワ…何か怖いです(笑)

空手にしても柔道にしても化け物みたいな選手がゴロゴロいる国ですから柔術でも強いのがすぐに出てくるでしょうね…ああ恐ロシア!

まあ、私はサンボも好きなのでヤキモフさんのDVDの再入荷お願いします。

| ぽん☆ちょびぃ | 2011/06/30 9:55 PM |

確か
ケトルベルだけでなくサンボにも欧米化の波が激しいようですね
ロシア
http://gold.ap.teacup.com/sombolabo/272.html
古い先生(例えば足立先生の師ニコライクーリック先生など)が旧ソ連式の科学理論を基礎にしているのに対し
新しい若い先生は欧米 西側式のやり方を導入して対立しているのだとか

ロシアの柔術と言えば
昔ヒクソンにサンボの試合で敗れたロシア人のサンビスト(かなりの実績の人だとの事)がシーザー・グレイシー門下になった事と関係有るのでしょうかね?
確かそのロシア人のサンビストですがジョンマシャードにサンボの試合で勝ったのだとか
裏覚えですので正確ではないのかもしれませんが確かそういった事があったと記憶しております
手元に資料が有れば良いのでしょうが…
| NダDサク | 2011/07/01 12:08 AM |

そのマシャードに勝ったロシアのサンビストですが
ヒクソンには一本負けだったと記憶しています
それが原因でシーザーグレイシ―門下で柔術を学んだとも記憶しております
確か昔のゴング格闘技でも描いてあったとも思うんですが…
| NダDサク | 2011/07/01 7:58 AM |

>ぽん☆ちょびぃ さん
ロシア人、未知な感じですごい人がどんどん出てきそうですね。のぶ焼きさんもおっしゃってましたが、「元KGBの柔術家」とかありそうですね(笑)
| maria | 2011/07/06 3:29 AM |

>NダDサク さん
ケトルベルだけでなく、サンボも西洋化ですか。。 外国人はその国の独特のやり方にものすごく憧れがあるのに、その国の人達は一旦は西洋のやり方にあこがれるのですね。残念な気がしますが、しょうがないですね。 それが過ぎるとまた自分達のやり方を見直すようになると思いますが、今はやっぱりちょっと残念。。
| maria | 2011/07/06 3:31 AM |










http://cafe.quietwarriors.com/trackback/870081


このページの先頭へ