Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< 「マーシャルアーティスト」と「ファイター」の違い | main | エリオ・グレイシーの娘の家に行ってきました >>
「マーシャルアーティスト」と「ファイター」の違い その2
ずっとブログの更新をしてなかったと思ったら、もう次の投稿です。そんなこと、一体いつぶりでしょうか?(笑)

コメント欄にも書いていただいたのですが、やはり「ファイター」は「格闘家」、「マーシャルアーティスト」は「武道家」が一番近いですね。私も同感です。
(ただおっしゃるように、"Mixed Martial Artist"になると"Martial Artist"と違って、"Fighter"寄りのイメージ、と。ホントにその通り!)


ではファイターまたは格闘家と、マーシャルアーティストまたは武道家の違いって何なのでしょう? 

選手を思い浮かべてみてマーシャルアーティストの方に分類される人は(もちろん独断と偏見で、ですが)、空手とか柔道とか、「道」がつくものをやっているのかなって思いました。

昨日「他の格闘技をやっているかどうかかな?とも思いましたが、MMAやるぐらいだからみんないろいろやってるだろうし、それは違うかな、と。」と書いたのですが、確かにボクシングやキックボクシング、レスリングなどをやってても「マーシャルアーティスト」というイメージはないですよね。でも空手や柔道だったら一気にマーシャルアーティスト!的な(笑)

だからリョート・マチダやサウロ&シャンジなんかがマーシャルアーティストなイメージになるのでしょうか。(でもチャック・リデルは空手家でも「ファイター」だなあ。。。)

要はそこに「discipline」というか、規律というか、自分を律するものがあるかどうか、なのでしょうか? いや、それが外に現われているか、というか。闘いや技術的なこと自体よりも、もっと精神的なこと、というのか・・・ それが「空手道」や「柔道」「合気道」の「道」の部分につながるのではないでしょうか。

というのが私が一昨日投稿した後で考えたことです。

(ちなみにdisciplineといえばエリオ・グレイシーが好きだった言葉で、このTシャツにもなってます)


「アート」という言葉がむずかしいですね。「柔術はアートだ」「ジェントルアートだ」というアート。「マーシャルアーティスト」の「アート」。

それと「ファイター」の「ファイト」についても考えたのですが、普通「試合」のことを「ファイト」という時、それは「MMAの試合」のことですね。柔術の試合はファイトとは言いません。こちらはコンペティション。どちらもルールにのっとってやるのに、片方はファイト、片方はコンペティション。

ストリートでの喧嘩も「ストリートファイト」だから、こちらも「ファイト」ですね。

ということは「殴るか殴らないか」ってことか??


などと話が関係ない方向に行ったついでに・・・

うちに柔術をしに来ている人のなかに、合気道をずっとやっている人がいます。どうせなら合気道を教えてもらおう、ということでいろいろ教えてもらったりしました。が、合気道って柔術と違っていわゆる「テクニック」みたいなのがなくて(つまりパスガードはこうやって、そこからサイドに行ってマウントに行ってサブミッション、みたいなそれぞれのテクニック)、まったく何も身につかない私です。

その人の合気道を見ていて思ったのですが、「Jiu-Jitsu & Surf」というのはあっても、「Aikido & Surf」なんてのはありえないな、と(散々教えてもらった結果これだけが私に残ったもの。爆)

そう考えると「Judo & Surf」とか「Karate & Surf」なんてのも合わないですね。要はそこに「道」があるかどうか? 「道」」がつくと、サーフィンとは合わない(笑)

ということで全然違う話から、なぜかまた「道」に戻ったのでした(笑)


Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店
 
| maria | 柔術 & グラップリング | 04:45 | comments(6) | trackbacks(0) |
更新をずーっと楽しみにしていたので、すごくうれしいです!しかも合気道ネタもあったりして。

道がつくとSURFとか確か似合わないですね〜。合気道やっている人の一部は酒道(ただの酒飲み)と勝手に組み合わせていますが・・・。青空とかも似合わないかも。

しかし聞いた話ではLAに合気道の青空道場(屋外)があるらしいから、海を渡れば多少雰囲気が変わるかもしれません。ちなみにバルセロナにあるネット友達の道場は日本より日本らしいです。

合気道の中でも相手を崩す「捌き」という技術体系があります。それが柔術やるときに役に立つのではないでしょうか。いつか柔術した時に試そうと狙っています。(笑)

ちなみに日本には 合気柔術 なる武道もありますよ。
| 自武創初号機 | 2010/10/19 12:59 PM |

「道」と言えばアントニオ猪木氏かもしれませんが、彼は何ですかね。。。  政治家ですか。

ところで、Frank Shamrock氏の昨日の発言では

"I'm a martial artist. To me, the art is the most important thing. I don't get the same thing from Dana, that's all."

There's a certain lifestyle and character of a martial artist and Shamrock says he wouldn't categorize White as such.

"I don't believe that Dana White is a martial artist,"

http://www.mmafighting.com/2010/10/18/frank-shamrock-blames-for-negative-perception-of-mma-in-new-york/

彼のルーツは何でしたか。キャッチレスリング道でしたか?ステロイ道でしたか?

ダナ・ホワイトがMartial Artistかどうかは上記リンクの議論にあまり関係ない&全くどうでもいいんですが、少なくともFrankはMMArtistにArtを求めてる様ですね。Ricksonの本にも最近のMMAは肉体を競い合う究極のスポーツになってしまって、Artの部分が無くてあまり魅力を感じないといった様な事が書かれてました。

とりあえず、弱小柔術家の私もArtistを目指そうと、青い帯を締めなおすのでした。。。先は長い様ですが。
| Jimbo | 2010/10/20 12:22 AM |

>自武創初号機 さん
合気道をやってらっしゃるんですか。すごい! 確かにSurfとは合わないですが、「酒道」とは合いそうですね(笑)

そうそう、LAには合気道の青空道場あります、あります。時々犬の散歩に行く公園であの合気道の道着を着てやってるのを見たことがあります。

合気道をやってる人に聞いたのですが、MMAの選手なんかもよく練習に来るそうです。が、合気道はすぐに身について試合で使えるものではないので、すぐにみんなやめてしまうそうですよ。わかる気がします(笑)
| maria | 2010/10/21 6:57 AM |

>Jimboさん
フランク・シャムロックがマーシャルアーティスト? それは驚きです。そんな風に見えませんよねえ(笑)

それよりもこの「a certain lifestyle and character of a martial artist 」がどういうものなのか、詳しく語ってくれたら、このアサイーカフェの記事は解決するのに! いや、語ってくれなくてもダナ・ホワイトはマーシャルアーティストでは絶対にないと思いますが、笑。

| maria | 2010/10/21 7:04 AM |

GSP氏もMartial Artistに関して発言!

"Randy Couture, Lyoto Machida, Roger Gracie, these guys are great martial artists. All those guys that dedicate their lives to one martial art in particular and improving it &#8211; they’re true martial artists."

だそうな。やはりDanaは範疇に当てはまらないのか!?

彼自身に関しては極真魂からMartial Artistの精神を学んだとか書いてありますが、「試合があろうがなかろうが、常日頃から鍛錬を怠らずライフスタイルがMartial Artsな人」をMartial Artistと定義している様です。
http://www.mensfitness.co.uk/ufc/interviews/5827/georges_stpierre_on_dinosaurs_and_why_karate_is_the_answer.html
| Jimbo | 2010/11/11 4:40 AM |

Martial Artistがどういうものかを定義するのが実はちょっと流行ってたりして?(笑)

「Martial Artist」は確実に尊敬されるけど、「Fighter」はされない(というか人によってされたり、されなかったり)というかんじみたいですね〜。
| maria | 2010/11/18 7:21 AM |












このページの先頭へ