Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< 本日の入荷情報 5/6 | main | 『和術慧舟會的裸絞・中村K太郎 』 発売! >>
ロバート・ドライズデールのすごさ
かなり前となってしまいましたが、パンナムの時の話・・・

私は大会中、たいてい試合をしている選手とセコンドしているコーチの間にいるのでセコンドの指示がいろいろ聞こえてくるのですが、そのセコンドぶりでその人がどれだけいい先生かがわかったりします。

今までこのコーチはいい!と思ったのが、ロイド・アーヴィン。今大会ではロバート・ドライズデールのセコンドとしての指示がものすごく的確でわかりやすく、この人に習いたいと思ってしまいました。「今何をすべきか」を「短い言葉」で「確実」に伝えられるというのは、先生としての大切な能力ですね。


自分の彼女のセコンドをするロバート・ドライズデール

ちなみに黒帯の世界王者ミシェル・ニコリーニとは離婚しており(結婚生活かなり短かった?)、現在の彼女はこの人です↓

茶帯のSophia McDermott(「ソフィア・マクダーモット」と書いていいのか?)です。

以前よりケトルベルのミッシー・ビーバーに似てるなということでずっと知っており、「柔術界のミッシー」と勝手に呼んでおりました(笑)

以前はヒクソン所属だったということもあって、女でヒクソン所属はめずらしいので知ってたということもあります。

が、今回調べてみると彼女もRKCのインストラクターからずっとケトルベルを習ってたんですね! 

ちなみにこのソフィア、今初めて知ったけど、ADCCのアジア予選で塩田さやか選手と対戦してるのだとか・・・

今回のパンナムではドライズデールBJJ所属で出場。この階級で優勝した、アブダビ王者でもあるルアナ・アズギエルに負けてしまいました。


ドライズデールと彼女は去年のノーギ・ワールズのときからすでに付き合ってたとかそうでないとか?

「いずれにしてもあいつは趣味がいいな」by 黒帯友人
「だよねー。でも私は前の奥さん(ミシェル・ニコリーニ)の方がぜんぜんタイプだけどね」by 私
「どっちもかわいい」 by 友人
「趣味がいいといえばマーシオ・フェイトーザも負けてないよね」by 私
「はっはっは、そりゃそうだ!」 by 友人

という会話も行われました(笑)

ということでカイロン・グレイシーのセコンドをしていたマーシオです。



さてさて、ドライズデールのセコンドぶりがよく、これを聞けば私自身の勉強にもなると思ったので、次にドライズデールがセコンドするとき、試合内容よりもドライズデールの声に集中しようと思いました。

次のドライズデールのセコンドする選手は、今大会の私が勝手に選んだMVPでもあるアブマー・バルボーザ

それも対するはクロン・グレイシー

わくわく、わくわく♪









って、ポルトガル語やんけーーーーーーーーーーーっ!




アメリカ人には英語で(彼女はオーストラリア人)、ブラジル人にはポルトガル語でセコンドするドライズデールでした。彼の英語がネイティブなだけに、ポルトガル語ができるということすら忘れてたわ・・・ いくらいいセコンドぶりでもポルトガル語だとさっぱりわからないのよね・・・


ということで、選手としても、コーチとしても、男としても、けっこうすごいドライズデールなのでした。




サブミッション最短勝利の法則/ロバー ト・ドライズデール


Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店
 
| maria | 柔術 & グラップリング | 02:41 | comments(6) | trackbacks(0) |
ほんと、海外ではバイリンガルどころか、トライリンガル(三ヶ国語)の人もたくさんいて日本人である自分は日本語ってすごーい損した気分になります。イギリス人の友人の弁護士も世界で一番使えない言葉は日本語だ!と力説してました。どうしてか聞くと日本でしか使えないからとのこと。彼が言うには世界中で使える、また子供に教えたい言語は、英語、スペイン語、中国語だそうです。彼によるとこの3ヶ国語がネイティブにできれば世界中ほとんどどこに行っても対応できるといっていてなるほどなーと思いました。
| 東海岸在住 | 2010/05/07 11:24 AM |

わかります、わかります! 日本語で損した気分になりますね(笑) スペイン語が母国語なら多くの国でそのまま使える上に、似た言語構造の言葉がほかにもいくつもあるし、外国語習得も楽そうですよね。英語なら文句なしにどこでもOKだろうし。
昔シリアに住んでいた頃、「どうして英語しかできないんだ?」と言われていました(その英語もかなりやばいレベルではあるけれど、笑) 一ヶ国語だけでも外国語がわかればいいじゃないかーと言いたかったのですが、あちらでは大学を出るような人は数ヶ国語できるのが当たり前だったので、結構恥ずかしい思いをしたことがあります。
| maria | 2010/05/08 6:17 AM |

約1年半ほど前、ラスベガスに観光に行った時にロバートの道場に見学に行きました。

生徒がスパーをやってる時にわざわざ自分が座っていた隣のイスに座って、将来自分の生徒になるわけでもないヨソ者の自分に気さくに話しかけてくれました。

そしてなぜかラスベガス観光に持っていったサブミッション魂のロバートのインタビューのページにサインまでくれたし。。。

性格がすごくいい人ですし、自分と同じでカベソン(デカ頭)なのにも親近感がわきました(笑)

あ、ちなみにダラスからOCへ車での引越しの最中で、今アリゾナにいます。ラスベガスに寄り道してロバートの道場見学に行こうかとも思いましたが、翌日が日曜で道場は閉まっているので、まっすくLA方面に向かいます。

| ヒデ | 2010/05/09 7:10 PM |

>ヒデさん
大物って必ずいい人ですよね。そしてサインまで・・・(笑) 私もそういえば頼んでもいないのにジャカレイがたくさんサインしてくれたことを思い出しました(笑)

引越し、気をつけて&頑張ってくださいね♪
| maria | 2010/05/10 2:59 AM |

mariaさん、もしかしてアブマーとクロンの試合のとき、KEIKOの看板?の横で写真撮ってましたか?
| スペルマ | 2010/05/14 3:38 PM |

Keikoの看板? うーん、自分ではよくわかりませんが、会場ではなくインターネットで試合を見てた人から、映ってたよとよく言われるので、そこらへんにいたのかもしれません。。。
| maria | 2010/05/21 3:10 AM |












このページの先頭へ