Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< 本日の入荷情報 9/16 | main | American Nationals: アダルト黒帯ぺナ級◆.魯法Ε筌辧璽 >>
American Nationals: アダルト黒帯ぺナ級 .献腑┘襦Ε船紂璽澄
タイロン・グローバーに続き、私が注目していたのはアダルト黒帯ぺナ級。 コブリーニャやハファエル・メンデスなどはいませんが、それよりもハニ・ヤヒーラがエントリーしてる!

この階級は8人ですが、当日一人減ったため7人。 なんとその7人の中に、ハニ・ヤヒーラ、メガトン、そしてっ!! ロングボード世界チャンピオンの柔術黒帯、ジョエル・チューダーが出るのです!! ハァハァ(鼻息荒い)
(ジョエル・チューダーに関してはこちら

ってことでまずはメガトンの1試合目。


アームバーで勝利。さすがです。

そして第2試合がジョエル・チューダーと。


しばらくはこの状態で微妙に上になったり下になったりの繰り返し。
(ちなみにジョエル側のセコンドは、「下になるときは必ず足を取れ」と言ってました)

そしてメガトンが下という状態がしばらく定着。

それにしてもメガトンのグリップは見ててすごいです。 そして力もすごいのか、メガトンが強力グリップでジョエルを引くと、ジョエルはすぐにふらふらしてます。

が、今考えるともしかしてジョエルは耐えなかっただけなんだろうか? 波に抵抗してはいけないように、メガトンがガンガン引くのにもあえて耐えずにそのまま乗ってた(体をあずけてた)んだろうか?? 

で、ついに1回メガトンのスイープが成功?



残念ながらスイープとはなりませんでした。 

メガトン、今回は相手のギを破りはしませんでしたが、脱がせました(笑)

最後はなんとジョエルが足関で、メガトンからタップを奪いました!!




これにはびっくり! 後日うちの先生も「メガトンが一本負けしたんだって!? 相手は一体どこの誰だよ?」と聞いてきました。 が、ブラジル人なのでジョエルを知らなかったようです。


まだ決勝が残っているのに、メガトンからタップを奪ったことでお祭り騒ぎ(笑)


ハニ・ヤヒーラ編に続く・・・


Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店
| maria | 柔術 & グラップリング | 08:57 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://cafe.quietwarriors.com/trackback/789655


このページの先頭へ