Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< ADCC2009 スーパーファイト決定 | main | 本日の入荷情報 9/16 >>
American Nationals: タイロン・グローバー復帰!!
先週末はIBJJF主催のAmerican Nationalsが開催されました。 

対戦表を見てもムンジアルやパンナムに比べてものすごく参加者が少ないなあと思っていたのですが、なんと! タイロン・グローバーの名前を発見! うっそ〜〜〜、これは絶対に見に行かなくてはっ! と気合が入ります。

タイロン・グローバーはジェフ・グローバービル・クーパーよりも前からギ、ノーギ、MMAと大活躍したパラゴン柔術の選手。 法律のお勉強、ロースクールに行くため、一旦は引退してたのですが、復帰!? とにかく彼の試合を生で見たことのない私はぜひともこの機会に見ておかないと!

黒帯マスターに出場したタイロン・グローバー。 エントリーが少ないので2回勝てば優勝です。


いよいよ始まりました。 
客席から「おい、あれタイロン・グローバーじゃないのか!?」という声が聞こえました。 ご存じない方のために一応・・・ 黒人のほうです(笑)
(そういえば昔友達と、エミネム本人が主演してる「8 Mile」を見に行ったのに、その子に映画が終わってから「ところでどれがエミネムだったの? あの黒人だよね」と言われたことがありました)


バネのある動きに恐れをなしたのか、相手はすぐに引き込み。 それにしてもタイロン・グローバー相手にオープンガードとはありえない!


ここからの足関はタイロンが最も得意とするスタイル。 危ない!と思った瞬間相手はタップしてました。 

速すぎてその写真なし(笑) 次の写真はこれでした↓




タイロンはあそこから足を取って回転し、トーホールドを極めるのが得意なのですが、一瞬足に触ったと思ったらもう相手はタップでした。 回転もなし。 その場で極めました。

あまりの速さに横にいた大会関係者も私に「今の何?」と。「トーホールドじゃないですか?」と言うも、一応その場でマット上にいる本人に確認(笑) やはりトーホールドでした。

第2試合は




投げて上を取り、




これで相手はタップでした。
(ちなみに寝技になってから、タイロンはセコンドについていたフランジーニャの言うことと全く違う動きをしておりました(笑) フランジーニャの指示どおりだったら今頃はバックについていたでしょう)

いとも簡単に優勝

跳ねてます

とにかくタイロンが見れてこの日は思い残すことなし!と思ったら、この後にハニ・ヤヒーラサウロ・ヒベイロの試合があるんだった・・・ 意外な(?)結末はまた明日!





Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店
| maria | 柔術 & グラップリング | 05:48 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://cafe.quietwarriors.com/trackback/789652


このページの先頭へ