Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< ジェフ・モンソン 今月2試合も! | main | ヒクソンの黒帯誕生 >>
ブドーチャレンジDVD 遂に発売!!
2005年10月に行なわれた今となっては幻(?)の大会、ヒクソン・グレイシー主催の「Budo Challenge」を覚えているでしょうか? 

テレビ放送されるだの、DVDになるだの、いろいろと話はありましたが、その権利問題でいろいろあったらしく、なかなかその日見に行った人以外は試合を目にすることが出来なかったようです。

それが遂にDVD発売!!!



アサイーカフェではその当時観戦記のようなものを書いてますが、いやあ、びっくり。 アメリカに来てすぐということもあり、柔術のことも選手のことも何もわかってませんねえ、ワタシ(笑)

ブドーチャレンジ観戦記(というほどでもないけど・・)

選手をわかっていない私は、ある選手のことを「ロバート・なんとか」とか書いてます。 が、DVDを見てびっくり! 今をときめくロバート・ドライズデールのことじゃないかーーーー! それを「ロバート・なんとか」にしてしまうとは(笑)
ブドーチャレンジ観戦記 追加情報では一応ドライズデールと書いてました、ホッ)

全然わかっていない私は試合内容もDVDで見るのと書いてるのがなんだか違うし、みたいなのもあり(笑) まあ遠くからで見えなかったというのもあるんですが、それにしても・・・


日本からは今ではDreamの大スター青木信也選手、PRIDEのベテラン高瀬大樹選手、コムロックの小室宏二選手、“リアルタイガーマスク”勝村周一朗選手、今は亡き柔道の小斉武志選手などすごい選手が。

ブラジル勢もレオジーニョビビアーノ・フェルナンデスマルセロ・ガウッシアジャカレイシャンジ・ヒベイロホーレス・グレイシーなどそうそうたるメンバー。

そしてアメリカ勢は「ロバート・なんとか」呼ばわりされた(笑)ロバート・ドライズデールバレット・ヨシダ、マルセリーニョを何度か破ったことがある、警察に追われているという噂のままいつの間にか消えてしまった(?)キャメロン・アール、アメリカ人黒帯でムンジアル優勝したのはBJペン以来というラファエル・ロバトJr.などなど。


ちなみにこの大会は3分3ラウンド。 「極め」にこだわった大会なので、極めに行くとパスガードやマウントやスイープなんかよりはるかにポイントが高いのです。 でも私は「submission attempt」のことを「絞めや関節技で極まりそうになること」と観戦記に書いてますが、これは「極まりそうになる」というより、英語の通り、「極めを狙った」というだけでポイントが入るようです。


DVDにはヒクソンのインタビュー各選手のインタビュー、そして副音声でシェーン・ライス&ショーン・ウィリアムスによる試合の解説が入っています。

この魅力満載のDVDは、明日よりQueit Warriorsオンラインストアで発売開始となります。 定価3900円のところ、3月中のみ3200円にて!

ぜひご覧くださいね!


Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店
| maria | Quiet Warriors 商品情報 | 10:38 | comments(2) | trackbacks(0) |
テレビか何かでやったんでは?
映像ありますよね?
| ikedama | 2009/03/20 12:04 PM |

テレビで? それは日本でですか?? 権利問題がうまくいったということでしょうか?
| maria | 2009/03/21 2:38 AM |










http://cafe.quietwarriors.com/trackback/709618


このページの先頭へ