Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< 2009 Pan Jiu-Jitsu Championship | main | ウィルソン・ヘイスのパスガード >>
柔術指導者 実は性犯罪者だった!
ワシントン州タコマにある「Team Psycho MMA/Jiu-Jitsu」というスクールの指導者であるShon K "Hawiian Hitman" Baker という人が、実は子供に対する性犯罪者だったことが判明しました。

家族である4歳の男の子と5歳の女の子に対する性的いたずら78ヶ月間刑務所にいたそうです。

彼はレベル3の性犯罪者。 

レベル3とは・・・
「地域にとって危険な存在になる可能性があり、再犯の可能性がある犯罪者。 その多くは性犯罪とその他の犯罪で有罪判決を受けている。 ピアース郡(Shon Bakerが登録されているところ)では登録されている全ての性犯罪者のうち、3%未満の人がレベル3のカテゴリーに入る。」

だそうで、めちゃくちゃ恐ろしいじゃないですか! 「その他の犯罪で有罪判決」と書いてあるように、Bakerは以前第一級強盗未遂でも有罪となっています。

彼は受刑中でも性犯罪者のプログラムに参加しなかったそうです。

そして怖いことに、この人はなんと、キッズクラスも指導しているんだそうです!

なんでこんな過去を持つ人が格闘技のスクールをオープンしたり、ましてや子供に接することができるのでしょうか? 普通こういう性犯罪者は刑期が終わっても、二度と子供に近づいてはいけない、というような法令が適応されませんか?

しかしこのBakerは刑期を務め上げたので、もう監視されていないんだそうです。 ワシントン州ではこういう人が子供を教えるのはOKだそう。 ベビーシッターしたりするのは禁止されていますが、教えるのはOK。 なんだそれ?

・スクールのホームページ(Team Psycho MMA and Jiu-Jitsu)
http://teampsychomma.com/home
・Bakerの犯罪ページ
http://pso.co.pierce.wa.us/3/bakersk.htm



そして他にもおかしいことに、ホームページによるとBakerは柔術黒帯だそうですが、彼の先生であるJason Huntは自分のサイトで自分のことを青帯と書いてるそうで、ホントに黒帯かどうかはとってもとっても疑わしい。 どうやって青帯が黒帯を出せるのか!?

それにしても怖いですね。 スクールの名前も「チーム・サイコ」ですからね(笑) Psychoとは精神病者。 「あいつ頭おかしいよな」と言う時も「サイコ」と使ったりします。 このチーム名は自分自身のこと!? おまけにホームページのFighter Profiles(チーム精神病者のファイター達の写真)を見たら、とっても怖いんですけど・・・


Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店
| maria | 柔術 & グラップリング | 16:10 | comments(3) | trackbacks(0) |
レザボアドッグスでの

「あのサイコ野郎!」

っていうセリフは忘れられない!
| atoki | 2009/03/09 1:16 PM |

これはいけませんねえ。

紫帯が偵察にいけば、黒か青かはっきりするのでは?

…まあ、青でも黒でも危険なオッサンに変わりはないが。
| リー・チョン | 2009/03/17 12:25 AM |

その後この件はどうなったのかわかりませんが、恐ろしいです〜。
でも師匠が青なら生徒は白のはずですよね?
白帯なのに黒帯と言ってるとしたら、
それはまたえらく大それた嘘ですよね(笑)
せめて紫ぐらいにしとけばいいのに!
| maria | 2009/03/18 9:49 AM |










http://cafe.quietwarriors.com/trackback/707651


このページの先頭へ