Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< 大人気 「卵白」 | main | 本日の入荷情報 2/26 >>
ホイラー・グレイシーのセミナーに行ってきました
先週の土曜日、ワンダー・ブラガのアカデミーで行なわれたホイラー・グレイシーのセミナーに行ってきました。

というか、本当はセミナー後の取材に行ったのですが、セミナーも見ていいよとのことだったので、大喜びで見学。 だってホイラーですから! 参加するには150ドル(そのアカデミー所属の人は$100)ですが、参加しなくても見学だけで十分うれしい!


左から、アカデミーオーナーのマーク・バーンズ、ホイラー・グレイシーワンダー・ブラガ、友達でワンダーの黒帯ピーター・ハン(ちなみにピーターは一昨年のパンナム2週間前に黒帯をもらい、茶帯で出るはずだったパンナムに黒帯で出場。 黒帯デビュー戦がコブリーニャという大変な経験者です、笑。 →こちら

家からフリーウェイ飛ばして1時間ぐらいのところにあるアカデミーなのですが、黒帯の友達(ピーターとは別)に乗せて行ってもらった道中、「グレイシー柔術」について延々聞かされまくり(笑) 彼は「グレイシー」というあだ名がついているほど、グレイシー柔術(ブラジリアン柔術というよりグレイシー柔術)を愛しており、ヒクソン信者であります。

でも私が柔術を広い意味で捉えられるようになって来たのは、柔術界の大物達に直接話を聞く機会があったことと、この友人の影響が大きいのです。 

「柔術」というのは、普段私達がチョークやスイープやテイクダウンなどを練習している「あれ」ではなく、「ライフスタイル」なのだ、という考え方なんですね。 つまり友達と会ったり、仕事したり、ご飯食べたり、というのも全て「柔術」。 「生き方そのもの」なんだと。 だから大物達に「あなたにとって柔術とは?」と聞くと、必ず「ライフだ」とか「ライフスタイルだ」という答えが返ってきます。 それは彼らが柔術家であり、柔術を教えることが仕事だからではなく、たとえ教えていなくても「ライフ」なんですね。。。

で、ホイラーのセミナーですが、テイクダウンのドリルから始まり、相手の出方によって次から次へと対処を変えていく、といったドリルで、ものすごくわかりやすかったです。 パスを例に取ると、

基本のパスガードはこうやってする
,鬚笋蹐Δ箸靴燭藾蠎蠅手首を掴んできたので、別のパス
△鬚笋蹐Δ箸靴燭藝E戮倭蠎蠅膝を押してきたので、別のパス
までやったのに膝もブロックされたので、別の方法で、今度はバックにまわる

みたいな感じで、ひとつひとつを何度も何度もやり、その間ホイラーは見回りながら個別指導を繰り返していました。

セミナーは3時間でしたが、他の人のセミナーと比べると、テクニックの数としてはとても少なかったです。 でも「テクニック自体」じゃなく、「どのテクニックにも通じる共通の理論」というか、そういうのを学べました。 3個以上のテクニックを見ると、まったく脳がシャットダウンしてしまう私にはとてもよかったです。 (←だから普通のセミナーは嫌い。 私のような人間にはただのお金の無駄遣いなので、行かなくなりました)

最初の2個ぐらいは普通に見てたのですが(仕事の打ち合わせ電話などもあり、集中して見れなかったということもありますが)、3個目ぐらいから全部ノートに書き留めていくことにしました(笑) 結局勉強になるので最後まで全部メモった! 時々分からないところは、まさか見学してる分際でホイラーに聞けないので、同じくメモってる例の友人に質問。 黒帯の友達っていいわ〜(笑)

セミナーで何度も言ってたのは、
・一緒に練習する相手はフレンドなんだから、ナイスにして、怪我をさせてはいけない。 
・相手が馬鹿力で向かってきたら、相手にちゃんと伝えよう。 (←これってみんなできないですよね。 特に男は相手に向かって「力を抜いてくれ」とは自分の弱さを認めるようで、なかなか言えないようです・・・)
・ただ、知らない人と練習して、自分が相手にナイスにしても、相手もナイスにしてくれるとは限らない。 そういうこともきちんと想定して、自分が怪我しないように、自分をきちんと守れること。(セルフをディフェンスできなければ柔術じゃないということですね)

だそうです。 ちなみにこれ、スパーについてじゃなくて、ドリルについて話してたのですが、確かにアメリカではドリルやるだけで怪我させられそうになることが多々(笑)


セミナーの後はホイラーの取材、ワンダーの取材をして長い一日が終わりました〜。 でも柔術、じゃない、充実した一日でした。 いや、柔術した一日でもありました(笑) あまりに疲れて次の日のミッシーのケトルベルクラスはサボってしまい・・・ え、見たり聞いたりしてただけで実際何もやってないじゃん、というツッコミはなし! (笑)



ホイラー、4ヶ月前にアメリカに引っ越してきて、サンディエゴ在住だそうです。 びっくり!


Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店
| maria | 柔術 & グラップリング | 05:38 | comments(4) | trackbacks(0) |
ただひたすら「見る」というセミナーの受け方もアリなんですね。

わたしは二つでシャットダウンします。というか、自分で使える!と思ったのがあると、それを覚えておくだけで必死で、あとは何も聞けていません。。。。
| いけだま | 2009/02/24 7:58 AM |

柔術=ライフって言い切れるのはステキですね

どうしても、仕事=ライフになりがちだけど・・

一番好きなことを日々の生活に結びつけながら暮らして

いけたらいいな

| atoki | 2009/02/24 6:20 PM |

なんでまた石丸電気?ホイラーのスポンサーなんですかね?
| ねわざワールドしまね | 2009/02/25 10:13 AM |

>いけだまさん
セミナーに参加すると覚えておこうとすることで精一杯で結局ほとんど忘れてしまうんですよね(笑) 逆に「見学のみ」というのはものすごくよかったです。

>atokiさん
心があたたかくなるようなコメント、ありがとうございます♪ 好きなことをライフだと言えるような(←それでお金を稼がなくても)生活がしたいですね!

>ねわざワールドしまねさん
私も目が吸い寄せられました・・・が聞きませんでした。 でもグレイシーがパッチつけるなんて、スポンサーとしか考えられませんよね。 いや、もしかして「漢字がクール」ってだけだったりして(笑)

| maria | 2009/02/26 1:27 PM |












このページの先頭へ