Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< 失われたハーフガードの技術 | main | 本日の入荷情報 1/29 >>
Affliction 結果&ファイトマネー
Quiet Warriorsオンラインストアより
日曜日に入荷した「The Lost Techniques of the Half Guard」DVDですが、初回入荷分、1日で全部売切れてしまいました。 早速再入荷の手続きを行ないますので、今しばらくお待ちください。 ご迷惑をおかけしております。

***********************************

さてさて1月24日土曜日、Affliction "DAY OF RECKONING" が行なわれました。

AFFLICTION "DAY OF RECKONING"

<メインカード>
○ジェイ・ヒーロン ×ジェイソン・ハイ (KO 1ラウンド 1:04)
○エメリヤーエンコ・ヒョードル ×アンドレイ・アルロフスキー (KO 1ラウンド 3:14)
○ジョシュ・バーネット ×ギルバート・アイブル (パンチによるタップアウト 3ラウンド 3:05)
○ヴィトー・ベウフォード ×マット・リンドランド (KO 1ラウンド 0:37)
○ヘナート・“ババル”・ソブラル ×ソクジュ (ダースチョーク 2ラウンド 2:36)
○Paul Buentello ×Kiril Sidelnikov(TKO 3ラウンド 4:18)
○ダン・ルーゾン ×ボビー・グリーン (裸絞め 1ラウンド 4:55)

<その他の試合>
○アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ ×ウラジミール・マツシェンコ (TKO 2ラウンド 4:26)
○L.C. デイビス ×バオ・クワーチ (判定3−0)
○Albert Rios ×Antonio Duarte(判定3−0)
○Brett Cooper ×Patrick Speight (KO 2ラウンド 4:10)



(写真:MMAWEEKLY)

ひゃー、豪華な選手達ですねぇ。 当然と言えば当然かもしれませんが、ヒョードル様、アルロフスキーを1ラウンドでKOとはさすがです。 ヴィトー・ベウフォードもマット・リンドランドを1ラウンドで。 ヴィトーまだ健在ですねえ。 ジョシュも勝利! キャッチレスラーが勝つのはうれしいです。 ババルもダースチョークとはさすが柔術家! 柔術家がMMAに出てサブミッションで勝ってくれないと、柔術の人気が上がらないのよ〜。 今って打撃ばかりですよね、柔術家にとっては悲しいことですが。。。

でもってファイトマネーなのですが、さすがにお金持ちAffliction、すごいです。

○エメリヤーエンコ・ヒョードル $300,000 (勝利ボーナスなし)
×アンドレイ・アルロフスキー $1,500,000 (勝利していればボーナスは$250,000だった)

○ジョシュ・バーネット $500,000 (勝利ボーナスなし)
×ギルバート・アイブル $30,000 (勝利ボーナスは$9,300だった)

○ヴィトー・ベウフォード $200,000 (勝利ボーナス$80,000を含む)
×マット・リンドランド $225,000 (勝利ボーナスは $75,000だった)

○ヘナート・“ババル”・ソブラル $90,000 (勝利ボーナス$30,000を含む)
×ソクジュ $50,000 (勝利ボーナスは$50,000だった)

○Paul Buentello $90,000 (勝利ボーナス$20,000を含む)
×Kiril Sidelnikov $10,000 (勝利ボーナスは$25,000だった)

○ダン・ルーゾン $12,000 (勝利ボーナスなし)
×ボビー・グリーン $4,000 (勝利ボーナスは$4,000だった)

○ジェイ・ヒーロン $45,000 (勝利ボーナス$25,000を含む)
×ジェイソン・ハイ $10,000 (勝利ボーナスは$5,000だった)

○アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ $150,000 (勝利ボーナス$30,000を含む)
×ウラジミール・マツシェンコ ($50,000 (勝利ボーナスは$30,000だった)

○L.C. デイビス $14,000 (勝利ボーナス$7,000を含む)
×バオ・クワーチ $7,000 (勝利ボーナスは$6,000だった)

○Albert Rios $6,000 (勝利ボーナス$3,000を含む)
×Antonio Duarte $3,000 (勝利ボーナスは$2,000だった)

○Brett Cooper $10,000 (勝利ボーナス$5,000を含む)
×Patrick Speight $2,000 (勝利ボーナスは$3,000だった)

ってことでなんと、アンドレイ・アルロフスキーは$1,500,000ですよーーーっ、日本円にして約1億5千万円ですよーーーーっ!! おまけに勝ってたら2千5百万円のボーナスが追加だったとは! そのアルロフスキーをさっさとKOしたヒョードルはたったの3千万円だったというのに。 それも勝利ボーナスなし。 まあ一試合のファイトマネーが3千万円で「たったの」という言葉をつけてしまうなんて、アウロフスキーの額で麻痺してしまったようです。 MMAなんて私は絶対やりたいとは思わなかったけど、1億5千万もらえるなら3分14秒だけ試合してKOされてもいいかな、なんて。 いやいや、そんなファイターをリスペクトしないような言葉は慎みます(笑)

それにしてもみんな、もらいすぎでしょっ、これは!?

Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店
| maria | 総合格闘技 | 13:41 | comments(4) | trackbacks(0) |
おおーー、ファイトマネー、1.5Mとはボクシングと同じくらいではないですか!!!。 土曜日私も数人から「今日のMMA
ファイトは観なきゃだめだ」と誘われましたが、ボクシングの方でも大きな(というか大事な)試合が行われ、こちらもボクシング史に残る物凄い内容でした。

しかしながらこの数年のMMAの成長は大変なものですね。ファイトマネーの大きさが物語っていますね。
それに比べてボクシング界はここ10年位カリスマ性のあるファイターが少なく、悲しいです。
| Nazo | 2009/01/27 7:21 AM |

確かに、ボクシングのファイトマネーを考えるとこの金額でも納得できますね。 でも日本のMMAのファイトマネーってどうなんでしょう? アメリカは全て明らかにされますが、日本のMMAのファイトマネーって聞いたことがないような。。。 

日本の団体からオファーがあった選手に直接聞いたところ、なんと数万円だったということがありましたが、その選手の場合無名だったからでしょうね。 それにしても数万円とは!!(笑)
| maria | 2009/01/29 6:31 AM |

想像ですがヒョードルの場合、ファイトマネーとは別にペイパービューの売り上げの何%かが支払われる方式なんだと思いますよ。
| キサキ | 2009/01/30 4:36 PM |

その後他のサイトを見てみたら、ヒョードルの場合、契約した金額は約3千万円だそうですが、その後もろもろが支払われるそうで、その合計が多分3億円ぐらいになるんじゃないか、ということです。 ひえ〜〜〜。
| maria | 2009/01/31 2:56 AM |












このページの先頭へ