Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< まだ間に合う! ロバート・ドライズデール セミナー | main | 「サブミッション魂vol.3」 発売! >>
驚異の肉体の作り方 インド編
つい最近購入したこのDVD、すごいです。 もうブラジル人に勝つのはインド人しかいない!? と言ってしまってもいいほど、ものすごいです。 こんな人が柔術を始めたらすぐに現役世界王者を倒してしまうんじゃないか、というかんじ。 カール・ゴッチも研究していたインドのトレーニング。 「ヒンズープッシュアップ」「ヒンズースクワット」がメジャーになってるぐらい、やっぱりインドはすごいのだっ。 

これがそのDVD。

The Physical Body: Indian Wrestling And Physical Culture

The Physical Body 2: Competition training and the Dangal

「力」的にすごいのもあれば、「曲芸」的にすごいのもあり、上海雑技団のよう(笑) 

っていうか今まで考えたこともなかったけど、「上海雑技団の練習をメインとした密着取材DVD」なるものがあれば買ってみたい。 ものすごい肉体的コントロール能力と柔軟性が身につきそうだ。 ついでに何を食べてるかも見てみたい。 このDVDは食事風景(食事の準備から)も見れて満足。 

ああ、ほんと、こんな人をどうやってスイープすればいいのだというバランス感覚に、あの重いものを振り回す力強さ体の使い方。 すごいとしか言えないボキャブラリーの無さが悲しい今日この頃・・・

ってことでQuiet Warriorsオンラインストアにて近々入荷予定ですので、実際に見て確かめてみてください。 トレーニング・マニアにはたまらない、ヨダレものかと(笑) というよりこのDVDを作った人がオタクすぎる!


この“The Physical Body”は、インド固有のレスリングであり、かつては国技でもあったKushti(クシュティ)に関するDVD。

その前に、クシュティとはコシティのことで、インドのレスリングを指すのですが、なぜか「コシティ=トレーニング器具の名前」として日本には伝わったようです。
(そういえばこんなこともやりました→●コシティを手作りしてみました

さてこのDVDですが、インドでレスラー達に密着取材し、日課である彼らの激しいトレーニングにおける肉体的発達のメカニクスやプログラムを徹底調査。

グルの監視下で行なわれる1日2回のワークアウト・セッションは何千年もの昔から行なわれていた伝統的なレスリングとフィジカル・カルチャーを基にして行なわれています。

レスラー達はエクササイズ、食生活、自己コントロール、禁欲を通して自分の「力」を単なる肉体レベルを超えたところまで引き上げます。

トレーニング・マニアにはたまらない、
・Gadas (メイスベル)
・Joris (ヘビークラブ、インディアン・クラブ)
・Nals (石のウェイト)
・Gar Nal (石のウェイト、タイヤ型)
・Sumtola (インディアン・バーベル)

などなど、こんな物を使用したトレーニングが紹介されており、それに加えてMallakhamb(マラカム)の調査もあります。 これはほんとにスゴイ。 目が点になります(笑)

*Mallakhambについて詳しく書いている日本語のサイト
http://heartland.geocities.jp/india_martial_arts/catalog/mark.htm

もちろん「ヒンズープッシュアップス」や「ヒンズースクワット」もあります。

このDVDの製作者は、昔ながらのやり方を続ける伝統的なAKHARA(いわゆる道場のような感じ)と、新しいトレーニング法を実践する現代的なAKHARAの両方をいくつかずつ訪ねて取材・対比し、それぞれのトレーニング法を紹介しています。






まずは肉体・体力ありき!と思わせられます。 オススメです!

Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店
| maria | トレーニング & ケトルベル | 11:58 | comments(10) | trackbacks(0) |
上海雑技団の食べているものは、中華料理だとおもいます。
| ^^ | 2008/12/10 5:42 PM |

ゴッチはインドだけではなくイランのズールハーネも研究していたらしく
Conditioning for Combat Sportsでもイランの弓状の器具を似せて作ったものでパンクラスの選手を指導していますね。

イラン式トレのズールハーネの本(英語です)
Zoor Khane: History and Techniques of the Ancient Martial Art of Iran
| NダDサク | 2008/12/10 10:05 PM |

と動画です(ケトルベルではなくコシティ【イランではミール】を放り投げて捕るシーンまで有り)
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm4985134
ttp://www.amazon.com/Zoor-Khane-History-Techniques-Ancient/dp/1581605145/ref=tag_tdp_sv_edpp_i
ttp://functionalhandstrength.com/ancient_training.html
| NダDサク | 2008/12/10 10:06 PM |

クシュティと同じくインドのレスリングGARADI (ガラディ)
ttp://www.justmystage.com/home/bodycontrol/garadi.html

マラカーンブ(Mallakhaamb)インドのレスラーのトレです
ttp://www.justmystage.com/home/bodycontrol/mallakhamb1.html
http://www.justmystage.com/home/bodycontrol/poleml.html
ttp://www.justmystage.com/home/bodycontrol/ropeml.html
ttp://www.justmystage.com/home/bodycontrol/hanging.html
ttp://www.justmystage.com/home/bodycontrol/deodhar.html

インドのレスラーのトレ動画(2番目に流れるやつです)
ttp://jp.youtube.com/watch?v=cU76QqT76sQ
日本人の方もやってます
http://jp.youtube.com/watch?v=jNTtT-XQgD0
インド式トレに関する古い書籍を見てもゴッチが如何に影響を受けていたかがわかります。
ttp://www.sandowplus.co.uk/India/IndianClubs/clubs01.htm
ttp://www.sandowplus.co.uk/India/IndianClubs/clubs02.htm

ttp://www.sandowplus.co.uk/India/Chandrashekhar/chan.htm
旧ソ連のケトルベルトレとか足立先生のロシア式トレが国家の近代科学の粋を集めてプログラムされたものだとすれば
インドやイランの伝統トレは何千年という長い時間を試行錯誤を重ねて無駄なものを省き効果のあるものだけを残したもの。
いずれも実践の価値は有るかと思います。

蛇足ですがインドの相撲部屋クシュティーなどのレスリング道場ではインドの東洋医学アーユルヴェーダーの専門知識も豊富で
練習後に足で踏んで行うオイルマッサージなんかもやってくれるとか(練習前は自前でオイルマッサージ)
伊藤武さんの
「身体にやさしいインド」
ttp://www.amazon.co.jp/%E8%BA%AB%E4%BD%93%E3%81%AB%E3%82%84%E3%81%95%E3%81%97%E3%81%84%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E2%80%95%E7%A5%9E%E7%A7%98%E3%81%A8%E7%A7%91%E5%AD%A6%E3%81%AE%E5%9B%BD%E3%81%AE%E3%80%8C%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%82%8B%E7%9F%A5%E6%81%B5%E3%80%8D-%E4%BC%8A%E8%97%A4-%E6%AD%A6/dp/4062072351
なんかでも詳しく描かれていますね。
| NダDサク | 2008/12/10 10:15 PM |

インドの写真、イランのズールハーネによく似てますねー。

ズールハーネもいまではすっかり少なくなり、いまではほとんど見かけません。

ズールハーネもやや近代化した形で普及させようという動きがあります。

http://www.zurkhaneh.com/eng/

カラリパヤットの道場ではアーユルヴェーダによる治療もするみたいですね。インド人の友達が通ってました。

なんでも膝を壊して普通の医者にいったらギブスで固定といわれて、仕事の都合もあり困ったと思ってカラリパヤットの道場にいったら固定しないで治してくれたそうです。
| ねわざワールドしまね(元テヘラン) | 2008/12/11 7:23 PM |

>^^ さん
ははは、そりゃ確かに中華料理ですね(笑) でも粗食なんだろうか、とか、肉体労働だからスタミナつけるために何か中国ならではのすごいもの食べたり飲んだりしてるんだろうか、とか疑問。。。

>NダDサクさん
さすが! 毎度のことながら博識ですね。 私はアメリカ的マシントレーニング&サプリ漬けがあまり好きではないので、こういう「昔ながらの」というのがとても興味あります。 といっても実践するわけではなく、見るだけですが(笑)

このDVDはマッサージのシーンもありますよ〜。 書くの忘れてました。

>ねわざワールドしまね(元テヘラン)さん
日本に戻られたのですね。

「カラリパヤットの道場にいったら固定しないで治してくれた」
↑こういうの、いいですねー。 「奥義」「秘儀」的でスバラシイ。

ところでチベット体操も教えているのですか? チベット体操ってくるくる回るやつですか?(違ったりして・・)

| maria | 2008/12/12 6:33 AM |

どうもです。島根に戻り常設道場をオープンしました。

そうそう、チベット体操はぐるぐると時計まわりにまわるやつからはじまるやつです。

http://jp.youtube.com/watch?v=2viBNcr5qjA

英語ではtibetan ritesです。

ポーズが少ないのもいいところですね。
| ねわざワールドしまね | 2008/12/12 11:27 AM |

私も以前クラブベルを習った事があり、興味がインドまで飛びました。カールゴッチの事もその頃知りましたが、「凄い世界があるもんだ」と驚きました。ご紹介のDVDの上の方のカバー写真は見た事があり、インパクトあるので「何なんだろう」とずっと気になっていました。これだったんですね!! という訳で早速2本ともオーダーしました。 凄い楽しみです。
貴重なインフォをありがとうございます。
| Nazo | 2008/12/14 1:38 AM |

The Physical Bodyのサンプル映像が有りますのでこちらを参考にどうぞ。
ttps://www.createspace.com/Store/Trailer.jsp?id=207195
ttps://www.createspace.com/Store/Trailer.jsp?id=232939

横レスですが失礼致します。
ねわざワールドしまねさん
インドのカラリパヤットですが現役時代に身体を壊したキックボクサーがカラリパヤットを修業して治したという話を聞きます。
日本や中国では経絡に針治療が進歩していますが
インドでは針医療が無い代わりにマルマ(日本で言う経絡)に対してオイルと整体治療が進歩し(もちろんそれだけではにですが)日本の金剛禅少林寺拳法とも交流して少林寺拳法の活法医療に深く関与しているそうです。
明治になるまでは日本でもかつては古流柔術の先生が昔ながらの活法で怪我人を治していたようですが昔と違って
戦後の柔道整復は西洋医学の整形外科とさほど変わらなくなってしまい
日本の活法
人体を五輪やら八卦の思考で捉えるのは時代遅れと取られてしまい現在は消滅してしまったみたいですね…
パリッシュ先生とか島津先生 少林寺拳法以外は…
インドでは今でも無くなることなく残っているのが凄いです。
| NダDサク | 2008/12/15 8:19 AM |

>ねわざワールドしまねさん
チベット体操は知り合いがやってますが、ぐるぐる回るだけじゃなくて、呼吸なんかも大切みたいですね。 回るイメージしかなく・・・(笑)

>Nazoさん
早速オーダーなさったんですね! マニアにはたまらないと思います(笑) ここに出てくるヒンズースクワットはものすごい高速で、今にも飛びそうでした(笑)

>NダDサク さん
ありがとうございます。 私も購入前に動画チェックしました♪
| maria | 2008/12/15 12:46 PM |












このページの先頭へ