Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< Quiet Warriors 特別プレゼント企画 | main | RKC オフィシャルTシャツ限定入荷 >>
ノーギ・ワールズ 結果&感想 .▲瀬襯塙帯編
8月9日、10日にカリフォルニアで第2回ノーギ・ワールズが行なわれました。

まずはチーム優勝から・・・

1位 チェック・マットBJJ
2位 グレイシーウマイタ
3位 アリアンシ


ということで、パンナムやムンジアル、ノーギ・ムンジアルはグレイシーバッハの大会なのにバッハの名前がありません! それに比べて大活躍なのはブラザからレオジーニョ達が離脱して作ったチェックマットBJJでした。 まあブラザといいチェックマットといい「柔術=コンペティション」というかんじなので優勝は当然? 当然にしてもすごいですね。

黒帯アダルト
ルースター級 
優勝 Pablo Teixeira (Brazilian Fight)

これは一人しかいなかったので自動的に優勝。

スーパーフェザー級
優勝 カイオ・テーハ (Cesar Gracie)
準優勝 Rafael Freitas (Gracie Barra)


もうバリバリ強いです、カイオ・テーハ。 レフリーもこなしながら余裕の優勝。 まじで誰かこの人を止めることができるのか? ちなみにこの階級は塩田歩選手に一本勝ちした”永遠の中学生”シンプソン・ゴーもカイオ・テーハと対戦しましたが、やられたい放題でした。


先にトーホールドを取られたのに


取り返して


相手がタップ

 
楽勝! 今年はレフリーをこなしながら、ギのムンジアルもノーギのムンジアルも優勝のカイオ・テーハ。

フェザー級
優勝 ブルーノ・フラザト (Check Mat Bjj)
準優勝 Denilson Pimenta (UGF)


なかなか面白い試合。 ポイント4−4でアドバン差でブルーノ・フラザトの優勝。
(写真が取り込めません!)

ライト級
優勝 フーベンス・シャーレス (Alliance)
準優勝 ジェフ・グローバー (Alliance)


世界王者コブリーニャと対戦する前の試合で膝を負傷してしまったジェフ。 それでもこの二人の対戦ならどれだけおもしろいだろうと思ったら期待外れ。 あまり動きはありませんでした。

ちなみにコブリーニャはアメリカでは「ルーベンス・チャールズ」(笑)



(これも試合の写真がどうしても取り込めません!)

ミドル級
優勝 ダニエル・モラエス (Relson Gracie)
準優勝 ルーカス・レプリ (Alliance)



ミディアム・ヘビー級
優勝 サウロ・ヒベイロ (Gracie Humaita)
準優勝 グレゴー・グレイシー (Gracie Barra)


この決勝戦でサウロが勝った時が一番会場が沸いた時です。 やっぱりサウロの人気は半端じゃないですね。 (ちなみに2番目に沸いたのは黒帯マスターのワンダー・ブラガの試合。 どこのスーパースターが試合してるのか?というぐらいの声援でワンダーの人気を思い知らされました)





グレゴー応援のイゴー・グレイシー。 水色のコーンフレークTシャツ。・・・そんな大きくコーンフレークって(笑) グレイシー・ダイエット?

ヘビー級
優勝 Roberto Alencar (Gracie Barra)
準優勝 ブルーノ・バストス (Nova União)


スーパーヘビー級
優勝 アントニオ・ブラガ・ネト (Ralph Gracie)
準優勝 Roberto Abreu Filho (BJJ Revolution Team)


ウルトラ・ヘビー級
優勝 ガブリエル・ベラ (Alliance)
準優勝 ホドリゴ・カバカ (Check Mat Bjj)


オープン
優勝 アントニオ・ブラガ・ネト (Ralph Gracie)
準優勝 ガブリエル・ベラ (Alliance)


これは最後の方でガブリエル・ベラがテイクダウンしたのに点が入らず2位に(多分アドバンも入らなかった。 なんで!?) セコンド陣であるフランジーニャやターシス・フンフェリー達もずっと抗議。 

ガブリエル・ベラってかなり太っていると思うんですが、試合はかなりおもしろい。 というかテイクダウンが上手い! ムンジアルでは毎試合お尻の割れ目丸出しでしたが(笑)、今回のノーギ・ムンジアルでは胸の下ぐらいまでショーツを上げてました。 お願いだからその中間にして〜っ。
(↓この写真は試合後なのでかなり下がってます、笑)



これだけでなく今回はレフリーのおかしさがすごく目立った気がします。 後日うちの先生(ブラジル人黒帯)にも「レフリーがよくなかったと思う」と言ったら、「よくないなんてもんじゃない、最悪だった」と言ってました。 

ビル・クーパーも足をかける位置で失格。 抗議も通らず・・ですが、後から審判部長とずっと喋ってました。 私の横にビルがいたので会話はかなり丸聞こえ。 レフリーによって判断が違いますよね、とビルがその人に言うと、その人は「そうだ、違う」とあっさりそれを認めてた(笑) いいのか〜そんなん認めて。 で、ビルが自分はどうやって失格になったかを説明してて、そういうのを避けるためにレフリーを二人にするとか、今後なにか公正な判断のために方法は・・・とか言ってるとジェフ対コブリーニャの決勝が始まったので、慌てて去っていきました。

ところで期待してた、“俺様の体を見ろ!”パブロ・ポポビッチや、“5秒でゆでだこ”ジェフ・モンソンが出てませんでした。 というかその他かなり対戦表にあるはずの名前がなかったぞ。

とりあえず今回はアダルト黒帯男子でした〜。

Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店
| maria | 柔術 & グラップリング | 16:14 | comments(2) | trackbacks(0) |
ジェフグローバーって今もコブラカイで教えてるんですか?
| ロヒタ | 2008/08/20 12:31 PM |

はっきり知りませんが、コブラカイで教えるのは1年間限定とかいう話だったと思います。 だとするともうとっくに終わってるはずなんですが。 
| maria | 2008/08/23 3:34 AM |










http://cafe.quietwarriors.com/trackback/666059


このページの先頭へ