Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< 格安ケトルベル | main | 「サブミッション魂2」発売!!  >>
ガウバォンがテレスから一本! Copa De Hong Kong 2
4月27日、28日に香港でギとノーギの大会、Copa De Hong Kong 2が行なわれました。 

ギの黒帯アブソルート級は賞金2000ドルのかかった部門。(今ふと思いましたが、これってUSドル? 香港ドル?)

で、その黒帯アブソルートですが、参加者は以下の7名。

Andre Galvao (Brasa)
Eduardo Telles (Nine Nine JJ)
Tony Lima (Ralph Gracie - Shanghai BJJ)
Pedro Schmall (Beijing BJJ)
Makoto "Cyake" Aramaki (KLN BJJ)
Makoto Ikuta (Trust BJJ)
Xandinho Izidro (BTT HK JAB)

1回戦
×Tony Eduardo Lima  ○Eduardo Telles (チョーク)


○Xandinho Izidro  ×Makoto Aramaki (ポイント)


○Andre Galvao  ×Makoto Ikuta (チョーク)


準決勝
○Eduardo Telles  ×Xandinho Izidro (アームバー)


×Pedro Schmall  ○Andre Galvao (ポイント)


決勝
×Eduardo Telles  ○Andre Galvao (エゼキエル)



ということでアンドレ・ガウバォンが元チームメートのエドゥアウド・テレスから一本勝ち。 それにしても今回香港の方でテレスの亀ガードを初めて見た方は、とてもびっくりしたんじゃないでしょうか? なんでそんなポジションに自ら行くのだーーー、と思ってたらいつの間にか上になってるんですよね(笑)  

テレスの亀ガードDVD (蛸ガードもあるぞっ)

それからアンドレ・ガウバォンのオーラにも驚かれたことでしょう。。 オーラだけじゃなくて、いい人なんです。 この間のパンナムで、アダルト黒帯決勝戦の時に、私は知らない人からずっと話しかけられてて、試合を見逃したくない私は結構ムカッときてたんですが(だって話しかけてくる内容が、「今誰と誰の試合?」「白いの着てる方は何て名前?」とか延々と・・・黒帯決勝戦なのに!) で、最初は話してたんですが、あまりにもずっとそんなことばかりなので途中から適当に返事してると、その人は私の後ろにいた人に話しかけ始めました。 その話しかけられた相手はポルトガル語訛りの英語で丁寧に相手してあげた上、その人が喜ぶようなことまで言ってる! さすが社交性のあるブラジル人は私なんかと違うわ〜と思ってたら、その人、「で、君は何帯なの?」と。 「ブラックベルト」と答えてたので、振り返って見ると、

アンドレ・ガウバォンじゃないかーーっっ!! 

う〜ん、アダルト黒帯決勝戦が行なわれてる最中、パンナムという会場なのに、アンドレ・ガウバォンを知らない人からのありえない質問に丁寧に答えるアンドレ。 人格も黒帯だわ。。。

う、全く関係ない話を書いてしまいました(笑) 

最後に・・・
あれー、なんでアンディ・ウォンがこんなところに?? と思ったら台湾の柔術家達もこの大会に参加したんですね。。


Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店
| maria | 柔術 & グラップリング | 13:11 | comments(4) | trackbacks(0) |
いつもお世話になってます。香港のタキです。COPA HK2を取り上げてもらいありがとうございました。はい、テレスとガバオの人懐っこさというか、可愛さにはやられました。ガバオにはコマネチを教えておきました。ヒクソンカップで優勝したらやるようです。楽しみです。いつも応援しております。
| taki | 2008/05/04 5:53 PM |

アンドレは優勝したんですよね。 コマネチやったんでしょうか(笑) っていうか、コマネチって日本の新世代柔術家達にわかるのでしょうか・・・??
| maria | 2008/05/10 8:32 AM |

バック転はやってましたが、コマネチはやってないですよ(笑)。
| ヒロッタ | 2008/05/11 1:24 PM |

なるほど。 ご報告ありがとうございます(笑) 

コマネチといえば、ブドーチャレンジの青木選手ですね(笑)
| maria | 2008/05/13 12:48 PM |












このページの先頭へ