Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< 4月29日 「Dream」のこと | main | ガウバォンがテレスから一本! Copa De Hong Kong 2 >>
格安ケトルベル
よくQuiet Warriorsオンラインストアの方に、「ロシアンケトルベルを販売してください」というリクエストを多数いただいてるようなのですが、当店で販売予定は今のところありません。。。 その代わり今日は格安のケトルベルをご紹介します。

ケトルベル・トレーニングでネックになるのが、ケトルベル自体が高いこと、という話を聞きます。 が、この度ボディメーカーが安いケトルベルを作ったそうです。

ケトルベル 16kg ¥6,300
ケトルベル 20kg ¥7,800


【[ボディーメーカー]ケトルベル16kg】[送料無料!]


【[ボディーメーカー]ケトルベル20kg】[送料無料!]

ケトルベル購入は、とにかく重いので送料も高いのが普通です。 ボディメーカーから購入すると送料がかかるのですが、このリンク先のショップからの購入は送料無料! これはすごい。

でもびっくりなのが・・・コレ↓
http://www.bodymaker.jp/shopping/details_opwins.php?cd=KEB

このフォームはアリなんでしょうか? 

「下半身強化」と書いてあるのは、この形からするに「オーバーヘッド・スクワット」的なかんじ? 次の「腕の強化」は「ウィンドミル」らしき・・? 「肩と背中の強化」の写真は「スナッチ」?  いずれにしてもこのやり方で怪我しないんでしょうか? 1個目は「カカトは上がった状態です」と説明してますが、本来ならカカトは地面につけるのが普通。 写真見ても男の人が通常持つケトルベルのサイズとは思えない。 まあ何キロ持つかは本人の自由ですが、この写真では8kgぐらいに見えますね。

2個目は、もしあの種目がウィンドミルだとしたら、顔の向きも足の向きも下げる方向も違うし、肘もロックできてないから、全て注意されるところ。。 

どの種目も肘のロックが全く出来てないので危なく見えます。 もしかしてまったく別の種目でしょうか・・・ もしくはボディメーカーはアンチRKCなのか!? いずれにしてもこれを、例えば24kgのケトルベルで怪我をせずに何十回も出来る気はしないんですが、どうなんでしょう?
 
Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店
| maria | トレーニング & ケトルベル | 10:46 | comments(9) | trackbacks(0) |
これはひどい…。
怪我人続出で日本では「KBは危険」ということになりかねませんね。
| BackDrop | 2008/04/29 12:25 PM |

まぁ、ボディメーカーですからw
| w | 2008/04/29 5:26 PM |

そういえば巧先生(写真のモデル)の道場パラエストラ大阪には4kgか8kgのケトルベルが有ったとか無かったとか…
大の男なら16kgが通常の目安ですから4kgや8kgだとケトルベルの効果が出せそうなトレーニングは足に引っ掛けて懸垂やるくらいでしょうねえ…
ウエイトやるプロの人は多いんですけれど山田選手みたいにケトルベルを専門家から教わるほどコアな人はあんまし日本じゃ聞かないからでしょうか…
この手のトレーニングの間違いを平気でやっていそうです…
専門書からして呼吸を逆に描いてましたし…
| NダDサク | 2008/04/29 7:17 PM |

よかった〜、やっぱりあれをおかしいと思うのは私だけじゃないですよね。。 それにしてもケトルベルを販売する会社のサイトがあのエクササイズ法を載せるなんてビックリ。。。 
| maria | 2008/04/30 3:42 PM |

わぉ・・・
このウィンドミル怪我しそう〜
自分は24キロ使ってますが
24キロであんなやりかたしたら
危なすぎです・・・

NダDサクさん
呼吸はどうすれば良いんですか?
一応自分なりネットで観たのですが
持ち上げるときに吐くであってますか?
| なかたに | 2008/05/06 3:44 PM |

マーラー本の逆ですね
私のコメントなんぞよりも松下タイケイ先生のサイトを参考にすればいいと思います
しかし24kgのケトルベルですか
私はロシアンの16kg1つだけで手一杯です(汗)

上げる時に吐いて下げる時に鼻で吸います
ヨガと一緒で吸う時は口ではなく鼻を使います
柔術でも呼吸する時
鼻で吸うのを重要視しているのと一緒ですよね
http://blogs.yahoo.co.jp/renegaderow/MYBLOG/yblog.html?m=lc&sv=%B8%C6%B5%DB&sk=0
面倒なんで口は使ってませんが吐く時は口を使った方が新鮮な酸素をたくさん腹に吸いこむことが可能だとか

そういえばサンボラボの足立先生はトレーニングとかケトルベルで呼吸のこととかは解説されてはいませんでしたね

まあ
偉そうに書くほどやり込んでいるわけじゃないんですけれど…
| NダDサク | 2008/05/06 10:17 PM |

NダDサクさん
ありがとうございました
勉強になりました。
松下さんのHPは
私も観ましたがちゃんと見てませんでした
しっかり登録して覗きに行きます

呼吸は鼻で吸い
口で吐くですね
口だけでやってました(^^;;

何度かNダDサクさんの所に出稽古で
お邪魔しようとは思うのですが
場所が難しいんですよね〜、、、
王様に聞いても
「感じろ!」と言うだけですし(笑)
| なかたに | 2008/05/08 1:44 AM |

何度も駄レスで汚してしまい申し訳ありません。
鼻だけで呼吸は柔術の時だけで
ケトルベルの時にはきちんと口で吐くようにしています。
間違ったこと描いて誰かが見て誤解したトレされたら大変ですので追記
でも柔術の時も口で吐くのが理想だと思いますね。

ちょっと今日ロシア式やってみて感じたことは
足立先生が呼吸にこだわらないのは
なるべく早い動作でチューブにしろケトルベルにしろ実践しているので呼吸に意識なんぞやってる暇がないからだなと勝手に結論。
そのうえ回数も30〜50回数えんといかんわけですから…
パベルのDVDと足立先生両先生のケトルベル動画見て感じたことは足立先生の方が動作が一挙動で速いということ
どっちも誤ったやり方ではないんでしょうけれど

ロシアンケトルベルのミッシー先生から教わっているクロンの試合を生で見ました!
あの動きはヒクソン譲りの先読みもあるんでしょうが
全身を連動させるケトルベルも助けになっているんだろうと感じましたね!
| NダDサク | 2008/05/08 9:48 PM |

NダDサクさん、いつも思うのですが、どうしてそんなに詳しいんですか? すごいですね。 勉強になります!
| maria | 2008/05/10 8:55 AM |










http://cafe.quietwarriors.com/trackback/641232


このページの先頭へ