Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< クロン・グレイシーのキスの訳 | main | 「Xガード」と「バタフライガード」の全て! >>
UFN13 & The Ultimate Fighter シーズン7
先週水曜日に行われたUltimate Fight Night13をやっと昨日の再放送を見ました。 再放送というのに放送第一試合であり、自分の中でのメインでもあるネイト・ディアスの試合を見逃してしまった・・・ 

そのネイトはカート・ぺりグリーノと対戦し、三角絞めで勝利。 そのシーンだけ後でリプレイを見ましたが、ネイトはペリグリーノをトライアングルに入れてから、両手の中指を突き立てて観客にアピール、その後キュッと絞ってタップを奪いました。 やっぱりこの中指パフォーマンスはアニキに教わったのか?

ネイトはこの日の「タップアウト・オブ・ザ・ナイト」にも選ばれ、$20,000のボーナス。

メインは柔術黒帯ケニー・フローリアン vs. かわいいかわいいジョー・ローゾン(笑) でもこれはさすがに実力差ありすぎでしょ〜と思っていたら、案の定ケンフロが圧倒して2ラウンドTKOでした。 ケンフロは間違ってもかわいくないけど(笑)、うますぎ。 柔術黒帯なのでグランド技術がうまいのはもちろん、テイクダウン直後(だったっけ?)のパンチとか、もううますぎ。 そこでそれが打てるか〜というタイミングでのパンチ。 うまい。。。

他にもすごいカードといえば、カロ・パリジャン vs. チアゴ・アウベス。 カロ・パリジャンは柔道をここまでMMAで使える人はいないという、観客を沸かせるファイター。 対するチアゴ・アウベスはイケイケで、動きもエクスプロージョン!!的な、日本だと山本キッド徳郁を大きくした感じ。 この日もカロはきれいなテイクダウンを見せてくれましたが、2ラウンドでクリンチからチアゴの膝がきれいに入り、カロが崩れ落ち、そこからパウンドで、TKO。 でもカロはレフリーが止めたことに激怒。 確かにディフェンスしてるようにも見えたし、パンチが当たってるようにも見えた。(どっちやねん!) でもレフリーが止めた瞬間立ち上がって、一切ふらついてるようにも見えなかったんですが・・・

あと打撃がめちゃくちゃうまい人がいた! アンソニー・ジョンソンという選手。 この日はTUFの卒業生ティム・スピアーと対戦し、秒殺KO。 今までもUFCに出てたようですが、見逃してたのか、放送されてなかったのか・・・? 私の記憶に全くありませんが、この人すごいです。 K-1でも通用するのでは・・・?

全結果は・・・
○Kenny Florian ×Joe Lauzon 2ラウンド TKO
○Thiago Alves ×Karo Parisyan 2ラウンド TKO
○Matt Hamill ×Tim Boetsch 2ラウンド TKO
○Nate Diaz ×Kurt Pellegrino 2ランド トライアングル
○James Irvin ×Houston Alexander 1ラウンド TKO  
○Gray Maynard ×Frank Edgar 判定3-0
○Josh Neer ×Din Thomas 判定3-0
○Marcus Aurelio ×Ryan Roberts 1ラウンド アームバー
○Manny Gamburyan ×Jeff Cox 1ラウンド ギロチン
○Clay Guida ×Samy Schiavo 1ラウンド TKO
○George Sotiropoulos ×Roman Mitichyan 2ラウンド TKO
○Anthony Johnson ×Tommy Speer 1ラウンド KO



そしてTUFことThe Ultimate Fighterシーズン7が始まりました。 いつもは16人の選手が集まって6週間豪邸に住みながら2チームに分かれてトレーニングし、最後に勝ち残った選手がUFCとの契約、というドラマなのですが、今回はなんと32人。 そしてトレーニングもせずいきなり試合で、選手は本来の16人に。。。 

今回のコーチはクイントン・ジャクソンフォレスト・グリフィンです!

Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店
| maria | 総合格闘技 | 14:24 | comments(0) | trackbacks(1) |











このページの先頭へ