Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< 豪華DVD (BJペン他22名!) | main | ヒクソンの女性問題? >>
DVD付ムック誌 「柔術レジェンズ」発売
(株)晋遊舎より、ブラジリアン柔術の魅力がたっぷり詰まったDVD付きムック誌「柔術レジェンズ」(定価:1,995円)が、12月13日に発売になります。



誌面には、ヒクソン・グレイシー、ヘンゾ・グレイシー、マーシオ・フェイトーザ、カーロス・グレイシーJr.、ヒーガン・マチャド、ジャンジャック・マ チャド、オズヴァルド・アウベス、ホメロ・ジャカレ・カバウカンチ、ホリオン・グレイシー、フーベンス・シャーレス、マルセロ・ガッシア、レオ・サント ス、マリオ・ヘイス、植松直哉、渡辺直由、塩田歩、桑原幸一、廣瀬貴行、等が登場します。

付録DVDには、知る人ぞ知る、柔術DVD「JIUJITSU LIFESTYLE(ALTE SUAVE)」を日本語字幕付きで完全収録。ホナウド・ジャカレ、ホイラー・グレイシー、レオジーニョ、デミアン・マイア等が登場し、テクニックからイ ンタビューまで、柔術ファンにはたまらない内容が満載です。他、植松直哉選手のLA道場訪問&スパーリング、2007パンナム・ベストマッチ(3試合) も収録されています。

柔術を愛するすべての人に贈りたい完全永久保存版です!

書名:「柔術レジェンズ」定価:1.995円(税込)オールカラー100ページ DVD約170分

◎DVD内容
◆(話題の柔術ドキュメンタリーを完全翻訳)
JIUJITSU LIFESTILE(ALTE SUAVE)/ホナウド・ジャカレ、ホイラー・グレイシー、レオ・ヴィエイラ、デミアン・マイア
◆(試合映像)
2007パンナム・ベスト3マッチ/クロン・グレイシー、マリオ・ヘイス、フーベンス・シャーレス、ビビアーノ・フェルナンデス、ジェフ・グローバー
◆(海外出稽古レア映像)
植松直哉のLA道場訪問&スパーリング/ジャンジャック・マチャド、ハニ・ヤヒーラ、エディ・ブラボー

◎誌面の紹介DVD解説
柔術とは何か−− ヒクソン・グレイシー柔術=護身術 
植松直哉×渡辺直由スーパー黒帯研究会! 
フーベンス・シャーレス/マルセロ・ガッシア/レオ・サントス/マリオ・ヘイス
塩田歩/桑原幸一/廣瀬貴行
fromグレイシー・バッハ、その柔術論 
ヘンゾ・グレイシーグレイシー・バッハの真実 マーシオ・フェイトーザ
首領が語る カーロス・グレイシーJr.
グレイシー・バッハの勢力推移
History of Champions 柔術世界王者の歴史 1996-2001
グレイシーとマチャドの本当の関係 ヒーガン・マチャド
アカデミーとともに−− ジャン・ジャック・マチャド
ホーウスを鍛え、ジャカレを発掘した名伯楽 オズヴァルド・アウベス
柔術界の生き字引き ホメロ・ジャカレ・カバウカンチ
アリアンシの系譜図
ホリオン思う、故にグレイシーあり ホリオン・グレイシー

Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店
| maria | Quiet Warriors 商品情報 | 13:39 | comments(7) | trackbacks(0) |
柔術魂とは少し毛色が違うような…
サブ魂みたくタイトル変更とかじゃないですよね?値段違うし。
| らっき | 2007/12/08 9:33 PM |

個人的には柔術魂シリーズよりこっちの方が面白そうなので楽しみです。テクニックなら教則モノでいくらでも見られますし。
| ヒロッタ | 2007/12/08 11:52 PM |

ヒクソンが表紙!しかも内容が半端なく濃そう!!発売が楽しみです!!

ヒクソンといえば先日行われた「スーパーチャレンジ・グラップリング」で金髪美女とイチャついていたそうですね。
そちらのほうでもレジェンドなのでしょうか?

キム夫人に怒られる→我が身を守る
「ヒクソン・グレイシー柔術=護身術」という真意はここにあったりしないことを祈ります。
| ヒクソン信者 | 2007/12/11 12:07 PM |

私もヒクソンの大ファンなので発売が楽しみです!!それにしても恐妻家のヒクソンが公衆の面前で金髪美女とイチャつくとは…魔がさしたんですかね(笑)。ともかく私もヒクソンの無事を祈ります。
| ヒロッタ | 2007/12/11 11:05 PM |

>らっきさん&ヒロッタさん
確かに今回は毛色が違いますね。 こういうのは柔術家全員総オタク的な(笑)日本ではものすごく受けるのではないかと。。

>ヒクソン信者さん&ヒロッタさん
コレに関しては今日書かせていただきますね!
| maria | 2007/12/12 3:16 AM |

mariaさんのブログ、また雑誌でのインタヴュー記事はいつも興味深く読ませていただいてます。柔術業界の最新事情を伝えているこのブログはとても面白く、また、そういう世界の近いところにいつもいらっしゃることがうらやましくもあります。

 さて、今度ヒクソンのインタヴューをされるということですが、プライベートなことはさておき、まず聞いて欲しいことのひとつは、クロンの強さの理由についてです。一見非常に地味な戦い方をしている息子さん、いったいどういう練習を行い、またどういう指導を行っているのか、最新技術はどこまでとりいれているのか、戦略戦術なども、結局シークレットとされるでしょうが(笑)、できるだけ突っ込んで明らかにさせていただけたらと。

 もうひとつは、技術の進化についてです。ヒクソンが柔術の試合に出ていた頃と、今とでは技術進化がめざましいと言われていますが、ヒクソンからみてXガードやラバーガードなどのような技術などはどう映っているのか、また、なにが変わらずそのままであるのか。クロンの試合を見ていると、どこまで最新の技術の習得が必要なのかわからなくなってしまいます。実は結局80年代の技術だけでも十分なのか、それともやはり過去の技術で捨てざるえない技術は多いのか。また、ヒクソンはホーウスからどこまでどういう影響を受け、またどう進化させたのか、ヒクソンから見たホーウスの才能、技術はどういうものだったのか、二人の過去の関係についても明らかにして欲しいです。

 最後は、ヒクソンの言う「負けない柔術」とは、要するにエスケープ技術を習得することが第一だということなんでしょうか。過去の雑誌の記事を読むとなんとなくわかるような気もするのですがちょっと抽象的で、具体的にどういうものなのか目で見える形で教えてもらえないかと。

ながながと書いてしまいましたが、こんなかんじのことを、もしよければ参考にインタビューしていただければ。
| Daigo | 2007/12/13 1:34 AM |

>Daigoさん
いつも見てくださっているようで、ありがとうございます。 そしてこんなにもたくさん書き込んでいただいて。。。 ものすごく参考になりました。 おおまかなテーマごとに質問が細分化されていて、わかりやすい上に知りたいことの核心をついた質問で、ぜひDaigoさんにインタビューをしていただきたいです(笑) もし追加で何かあったらまたよろしくお願いします。
| maria | 2007/12/13 2:28 PM |












このページの先頭へ