Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< 修斗ロサンゼルス大会 Part.1 | main | 修斗ロサンゼルス大会 Part.3 >>
修斗ロサンゼルス大会 Part.2
●冨樫健一郎 vs. ブライアン・コブ
とにかく体の柔らかい冨樫選手。 ハイガードラバーガードを何度も使っていました。 テイクダウンを何度も取られても、下からがうまいので、腕十字がいい感じに入ったり、見せ場はいろいろあったのですが、結局3ラウンド、パウンドでTKOでした。 顔、ボコボコに腫れてました(涙) 冨樫選手のグラップリングマッチが見たいなあ。







●不死身夜天慶 vs. バオ・クァーチ
バオ・クァーチにとっては完全なるホームとなる会場。 会場中バオ・クァーチTシャツを着た人がいっぱいです。 
1ラウンドは誰が見てもバオ・クァーチがラウンド取ったと思うぐらいノリノリで攻撃しまくったのに、そのラウンドの後半では不死身夜選手どんどん前に出て、手数を出しながらも下がっているクァーチ。 2ラウンドになると、あんなに1ラウンドノリノリだったバオ・クァーチの足が完全に止まってて、全く前に出ません。 それに対してとにかくプレッシャーをかけ続けた不死身夜選手。 そしてボディの連発。 とにかくボディ、ボディ。 MMAの試合であそこまでボディを打つ選手ってめずらしいような? バオ・クァーチがテイクダウンに行っても倒れず、いや、1回ぐらいは倒れたけどすぐに起き上がったので、3ラウンド全部スタンドの攻防。 普通私は寝技が見たい人なので、スタンドだけだとおもしろくないのですが、これはグランドなしなのに楽しめた初めての試合かも? 


テイクダウンにこられても倒れない不死身夜





ボディでしょっ!

だからボディでしょっ!

3ラウンドでは、ノーガードで相手を挑発したり、「あっち向いてホイ!」パンチ?したり(放送を見るべし!)、会場を沸かせていました。

不死身夜選手、1ラウンドで右手を骨折してたようです。



判定は納得がいきませんが、2−1でバオ・クァーチの勝利。 絶対に不死身夜選手が勝ったと思ったのに。 ダウンタウンLA No.1のキックボクシングジムオーナーも「あれは日本人の勝ちだよ」と試合後に言ってました。 やっぱり判定じゃなくKOが見たかった。 それもあのボディで。 
不死身夜選手、次回夜露死苦(やっぱり暴走族風で、笑)

修斗オフィシャルウェブサイト→http://www.x-shooto.jp/

修斗ロサンゼルス大会 Part.1
修斗ロサンゼルス大会 Part.3

(写真:Kris Shaw)

Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店
| maria | 総合格闘技 | 16:53 | comments(2) | trackbacks(0) |
放送観ましたよ〜
噂の「あっち向いてホイ!」パンチ
「あっち向いてホイ!」パンチと言うより

顔とボディを交互に指さしながらの「どっちにしようかな」パンチでしたね〜。
確かにあれは不死身夜選手の勝ちに見えましたよ〜
| へっぽこ青帯 | 2007/09/06 3:59 AM |

不死身夜選手、絶対次回期待です。 次もまたおもしろいことやってほしいなあ・・・ 

1ラウンドで拳が複雑骨折したらしいですが、それはバオ・クァーチ選手が石頭だったからという噂(笑)
| maria | 2007/09/08 8:11 AM |










http://cafe.quietwarriors.com/trackback/570344


このページの先頭へ