Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< 格闘マガジン 「FIGHTER」発売 | main | ビビアーノ・フェルナンデスDVD  >>
柔術とマリファナ
ネバダ州アスレチックコミッションは、ニック・ディアスvs.五味の試合はノーコンテスト、という前例のない決定を下し波紋を呼んでいます。

Dr. Tony Alamoは「ニック・ディアスが勝利したのは、マリファナの効用で感覚が麻痺していたため、五味のパンチを食らってもタップしなかった」と。 

ディアスはマリファナを吸ったことは認めてますが、試合当日はキマッてなかった、と断固主張。(日本語で何て言うんでしょうか? 麻薬だったら「ハイになる」と言いますが、マリファナはハイじゃないし、リラックスして眠くなるような感じをなんと言うのか言葉が出てきません・・・)

ディアスは「俺の試合はメインイベントのひとつで、アリーナには試合の4時間前からいたんだ。 部屋には多くの人や関係者たちがいたのに、どうして俺がマリファナでキマッてたって思われてるんだ?」と。

過去に勝者が禁止されてるステロイドやanabolic masking agentsやマリファナで陽性が出ても、NSACは勝利の判定を覆したことがありませんでした。 今回が初めて。

ってことでニック・ディアスの師匠兼マネージャーのシーザー・グレイシーは怒り爆発です。テストで陽性が出た時点で、罰金や出場停止などは覚悟してたようですが、まさかノーコンテストになるとは。
「彼らがニックの勝利を覆す理由を探していたのは明らかだ」と。 



それにしても以前のニュースでニック・ディアスがマリファナ陽性と出た時、周りの皆は「だからどうした?」というようなものでした。 確かにマリファナが身近にあるアメリカ人やブラジル人にとったらそうでしょうねえ。 そして「ステロイドとかだったら明らかに身体能力が変わるから駄目だけど、マリファナなんてスローモード&超リラックスになってしまうから、相手の五味は逆に有利だったはずだ」というのが周りの意見。

今回マリファナが駄目なのは格闘技イベント等で禁止されてるからではなく、一般的にマリファナが違法だから(医療用は除く)らしいですね。

でもアメリカでは確かに格闘家にとってマリファナは日常的で(少なくとも知り合いを見ていると)、私も友達の家で練習する時なんか、煙の中でスパーリングしてます(笑) 私は吸いません、念のため(笑) それよりも日本のタバコ喫煙率の高さにびっくりしました。 私は今までカナダ&アメリカでタバコを吸う柔術家に会ったことがありません。 日本の某サークルで練習させていただいた時、驚いたのが喫煙率100%だったこと!! スタミナは大丈夫なのでしょうか・・・???

っていうか私まだそのニック・ディアス vs. 五味の試合、見てない〜〜〜〜!!

ニック・ディアス応援サイト→GRAPPLERS HIGH(応援サイトってのは嘘です、笑。 でもニック・ディアスに関してはこのサイトでしょう〜)

Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店
| maria | 総合格闘技 | 04:50 | comments(4) | trackbacks(1) |
自分で言うのもあれですが、応援というよりは兄貴信者による狂信的サイトといっていいかと思います。

今回の一件もこうして先例をつくってしまう辺りが、兄貴の先鋭性を物語っていますね。まあ寛大な兄貴のことですからノーコンテストになったことなんて屁とも思っていませんし、むしろ勝ち星を五味にプレゼントしてもいいくらいに思ってるはずです。

いつかインタビューの機会がありましたら日本でも兄貴は大人気で、中でも自分のような熱狂的信者がいることをお伝えしてくれたら幸いです。

それと以下のリンクから兄貴×五味の試合を見ることができますよ。
http://www.dailymotion.com/relevance/search/nick%2Bdiaz/video/x1atrf_nickdiazvstakanorigomicadi
| ウィルコ | 2007/04/14 6:54 AM |

>ウィルコさん

これからも兄貴狂信的サイトとして頑張ってください、笑。 

今TUFで兄貴の弟が出てますが、一昨日放送の時間に遅れて帰り、テレビをつけるといきなりネイトがキレててビックリしました。 さすが兄弟。 喋ってる時の手の動かし方もラップの歌手のようです。 そして喋っても一般放送なのでピーーーばっかり入ります、笑。

リンクありがとうございます。 今から堪能させていただきます。 (やっと見れる!)
| maria | 2007/04/15 1:04 AM |

私も一昨日の放送を動画で見ました。英語だから何を言ってるのかさっぱりですが個性派揃いのメンバーの中で、きっちりと存在感を示すあたりは、さすが兄貴の弟です。

あと個人的に気になるのがジェンズ・パルヴァーにも勝ってるジョー・ローザン君。家でこっそり爆弾でも作ってそうな危ない雰囲気を感じるのは自分だけじゃないはず。
| ウィルコ | 2007/04/15 3:21 AM |

最年少?の彼でしょうか。職場から休暇をもらって参加してるとかいう・・・ 確かに危なそうな感じですね。 でも応援したいタイプ(笑) それに比べてパリジャンの従兄弟は・・・(苦笑)
| maria | 2007/04/17 9:02 AM |












このページの先頭へ