Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< シャオリンのセミナーに行ってきました! | main | 2007パンナムのスケジュールetc. >>
フィットネスの祭典 *有名格闘家セミナー*
フィットネスといえばカリフォルニア(ホントか?) そのフィットネスのエキスポFit Expo”が大分前ですが2月16〜18日に行われました。


2006年ミスターオリンピアのジェイ・カトラー(Jay Cutler) 
サイン会にはファンの行列が・・・ でかい背中!

ボディビルとかには実はあまり興味がない私が3日とも行ってしまったのは仕事半分と、あとはMMA、柔術、レスリングなどの無料セミナーがあったからなんです。 それも、

1日目:リコ・チャッパレリ
2日目:クイントン・ジャクソン ジェフ・モンソン フランク・トリッグ ハビエル・バスケス
3日目:サウロ・ヒベイロ 

という豪華さ! (もっとあったのかもしれない・・)

1日目のリコ・チャッパレリのレスリングセミナーに行くつもりが渋滞にかかり、到着が遅れました。 着いてもどの建物の何階なのかわからずうろうろしてたら、向こうから見たことのある人が手を挙げて近づいてきます・・・ バスケスでした。 ここでしばらく話したせいでまた遅れ(笑)急いで会場に。 でもまた途中でキモノメーカー「Howard」のハワードに会い、また遅れ(笑) そんなこんなで途中から見ましたが、ほんと天才ですねえ、リコ・チャッパレリ。

リコについての説明はGONG grapple Vol.2に詳しく載っているので引用。

「名門アイオワ大学在学中に全米大学選手権を制し、五輪を目指す最中にファッション・モデルに転向。 その後、ワールド・クラスのレスラーのマネージメント&コーチ業に転じた。 出稽古に来たランディ・クートゥアーを倒し、ウラジミール・マティシェンコが技術で押さえ込まれるという天才。」

そして彼はLA SUB XX-MISSIONの団体Professional Submission Leagueの代表でもあります。

この日は初心者向けのセミナーだから丁寧に教えてるのですが、この人自身が天才なだけに、「レスリングの指導」という点に関しては、バスケスの教え方の方がわかりやすいかな? 「観察力」のある、または「デキる」生徒なら、リコに習ったら最高&最強でしょう。 私は「見て習得する」とか「1を聞いて10を知る」というタイプとは程遠いので・・・

ちなみにリコと後で話して名刺交換したら(私はQuiet Warriorsの名刺を渡した)「このアドレス、なんか知ってるぞ」と。 「cafe、cafe・・・ このアドレスにcafeがついたサイトやってないか?」といわれました。 それはアサイーカフェのアドレスのことです。 「やってる」というと、「そうか〜〜〜君だったのか! うちのサイト(Professional Submission League)のアクセス解析をすると、このアドレスからのリンクがめちゃくちゃ多くて、覚えてたんだよ〜」と。 「そういえばアサイーカフェがPSLのサイトにリンクされてたんですが(コチラ)?」と聞くと「そう、俺がリンク貼ったんだ。 日本語だからわからなかったんだけど、アクセスが多いからね」とのことでした。 お互いやっと謎が解けました(笑)

ということでLA SUB XX-MissionのDVDも出来次第、Quiet Warriorsオンラインストアで入荷することとなりました。 第3弾のイベントのことを質問してみると、アブダビの後ぐらいに計画しているようですが、かなりあやふやなようでした(笑) 「あなた自身の教則DVDは作らないの?」と聞いたら「そんなん嫌だよっ」とのことでした。 残念。

さて、二日目は時間の関係でハビエル・バスケスのセルフ・ディフェンス・セミナーのみ。 それも見るだけのつもりだったのですが、バスケスが説明を始めた瞬間引き込まれまして、ジーンズのまま参加(笑) でも多くの人が私服のままだったので大丈夫でした。

初心者相手のセルフ・ディフェンス・セミナーだったので、知ってることばかりといえばそうだったのですが、ディテールに関してびっくりしたことがいくつかあり(マウントを返す時の足の角度とか)、かなり私には有意義なセミナーでした。


右から、バスケス、ジェフ・モンソン、ハーブ・ディーン(レフリー)、ローズ

この日は奥さんのローズと仕事上の約束があり、その時に紹介されたのは、ただいま妊娠中のエリオ・グレイシーの末娘(といってもめちゃくちゃ若いですが)。 バスケスの新しいTシャツを着ていて、「かわいいデザインだね〜」と言ってたら「そうなの。妊婦にだってこの通りフィット!」といって大きなお腹を見せてくれました(笑) 

この末娘と,以前アサイーカフェで「ヒクソンの妹」として書いたことのあるヘリカの二人は、実は「The Gracie Way」という本の一番最後のページに写真が出ています。

バスケスの6ヶ月になる赤ちゃんも抱っこさせてもらいました。 かわいすぎます。 でも目が青くて、ローズは「なんでなのか全くわからない」と言ってました。 こちらはいろんな人種が何世代にもわたって混じってたりするのでおかしくないですが、日本だったら黒目の両親から青い目の赤ちゃんが生まれたらけっこう大問題では(笑)

そして3日目のサウロ・ヒベイロのセミナーですが、この人はほとんど1時間ぶっ続けでしゃべりまくってました(笑) それも「人生」について(いや、その印象が強かっただけか?) この日はやる気満々で着替えていったのに、動くことはなく・・・ でもその話が最高で、今まで実は別に好きってこともなかったサウロですが(失礼・・)、大好きになりました。 人間的魅力にあふれてます。 私は「柔術」を「ライフスタイル」としてとらえている人が好きなのかもしれません。 「競技としての柔術」というのは、この人たちにとって、ほんの一部というか、1パーセントぐらいでしかない気がします。 

ちょうどサウロはセミナーで、私が大好きな「Ginastica Natural」の話をしていて、私はGinastica Naturalのアウバロと知り合いなので、後から話しに行きました。 この人、喋ったらワンダーみたいです。。。 サウロとシャンジのDVDも入荷することになりましたよ〜。


サウロとリコ。 つい最近、会ったことのある格闘家で一番ハンサムはデビット・ロワゾー、と書いたばかりですが、リコを忘れてました。 こんなに端正な顔立ちなのに、前歯が2本ない。 本来ならちょっとお間抜けになるところが、この人だとそういうマウスピースしてるように見えてしまう(笑) 

ちなみにこのイベントの3日間、IFLの「東京SOBRES」の選手たちもいろいろやっていて、浜中選手もずっといましたが、声をかける勇気がなかった私です。

Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店
| maria | 柔術 & グラップリング | 01:25 | comments(2) | trackbacks(1) |
サウロと話たことがあるのですが、熱い漢(おとこ)って感じで 自分も人生哲学の話を聞いて、尊敬できるなぁと思いました。
元 裁判官〔ブラジル)だけあって 柔術だけじゃなく 頭の切れ方も 違う。。
| のぶ焼き | 2007/03/21 1:58 AM |

>のぶ焼きさん
サウロ、素敵ですよね。 柔術も頭のキレもユーモアのセンスも人生哲学も、そして何より普段かけてるイケイケな眼鏡も素敵(笑)
| maria | 2007/03/23 10:33 AM |










http://cafe.quietwarriors.com/trackback/504696
フィットネス器具で、魅せるカラダ作り
ヨガや、ピラティスに必要なフィットネス器具や、フィットネスクラブ情報など、フィットネス器具を使って、魅せるカラダ作りのお手伝いになるブログを目指しています。
| フィットネス器具で、魅せるカラダ作り | 2007/03/22 4:58 PM |


このページの先頭へ