Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< X-MISSIONは明日!  直前情報! | main | X−MISSION こぼれ話 >>
X-MISSION 観戦しました
行って来ました、X-MISSION。 と、その前に友人から教えてもらってびっくりしたことなんですが、なんと!

アサイーカフェがX-MISSIONのオフィシャルウェブサイトで紹介されてます!
http://www.prosubleague.com/
(ここのLatest Newsのところ)

これは何で? 一体どうして? いや、X-MISSIONのことを書いたからなんだろうけど、誰が日本語わかるのだ? っていうか誰が見てるのだ? ものすごく不思議です。。。

で、試合なんですが、7時スタートのはずが、実際始まったのは9時15分前。 2時間近くも遅れてスタートです。 その間なんの説明もなく、試合の前にもうヘトヘトです。 日本のイベントは時間通りに事が進むそうですが、もちろんこちらではそんなことはありえません。 だからといって、アマチュアトーナメントではなくプロのイベントなんだから、せめて遅れるのは1時間ぐらいにしてほしいです。 2時間近くも遅れると、もうどうでもよくなってしまいます。。。



●第一試合
○マック・ダンジッグ  ×アラン・スボロフスキー (チョーク)
1Rにダンジッグがキムラを極めかけ、キャッチで3ポイント。 スボロフスキーはなんとか必死で逃げ切ったのですが、その直後上四方からのチョークが待っていて、落ちました。 で、レフリーが試合を止めた、と。 でも試合終了後ステージの下で「落ちてない」と怒ってました。 KOTC王者、マック・ダンジッグいいわ〜。 セコンドには我らがワンダー・ブラガ!

●第二試合
○ジェフ・グローバー  ×シェーン・ライス (ポイント3−0)
ひげを生やして大人びたジェフ。 といってもやっと年相応に見えるというか(笑) シェーン・ライスは以前手足短め系と書きましたが、訂正します。 ずんぐりむっくり系(フォローになってない、笑) 
1ラウンドで、ジェフはシェーンのシングルレッグをケンケンで耐え、そこから蟹ばさみ→膝十字で、3ポイントゲット。 ポイント自体はそのまま変わらず2ラウンド終了して、10月末のADCC北米予選に引き続き、またまたジェフの勝ち。 ですが、これが柔術ルールならジェフ、もっと点が入ってますね。 スイープ何回かしてたし。

●第三試合
○ラファエル・ロバトJr  ×ホベウト・カマルゴ (ポイント7−0)
ブラジレイロ王者?のカマルゴは今まで知らなかった選手、ロバトJrはよく見るけど、どちらかというとあまり興味がない選手なんで、まあ普通に見てました。 でもロバトJr、すごい体ですねえ。 いつものギではわからなかった。。。
1ラウンドでロバトがシングルレッグ・テイクダウンで1ポイントゲット。 1R終了間際にチョークのキャッチで3ポイント追加。 2ラウンドではアームバーのキャッチで3ポイントを重ね、結局7−0で圧勝。

●第四試合
○クロン・グレイシー  ×アンディ・ウォン (ポイント4−0)
クロンすごい。 すごい。 すごすぎる。 何がすごいって肉体がすごい。 あの小さい頭、すごい肩幅に乳、違った、胸筋で、それを覆う白のラッシュ。 まるでサイボーグのようです。 ちなみに上下ともQuicksilverを着てましたが、ヒクソンの息子だから柔術のメーカーは着れないのか?

クロン、テイクダウンで1ポイント。 アキレスのキャッチで3ポイント。 ここではアンディが、レフリーが覗き込む前から効いてないとアピール。 でも3ポイントが入ってしまいました。 思うんですが、この試合のルールってとりあえず足関に行けばいいような気が・・・ 足関ってレフリーに見えないポジションの時が多いし、とりあえず3点、みたいな。。。 でもクロンのはヒクソン直伝の必殺アキレスだったのか? いや、必殺アキレスはヒクソンと仲のよくないホリオン系の必殺だった。 あれ?
2ラウンドはアンディがパスしてサイドにつくも、もちろんこのルールではポイントなし。 結局4−0でクロンの勝利。

●第五試合
×ジョー・カマチョ  ○アルバート・クレーン (アームバー)
本来なら「ハビエル・バスケス対ハニ・ヤヒーラ」になってた試合が、ハビ欠場で「アルバート・クレーン対ハニ・ヤヒーラ」となり、ハニ・ヤヒーラも直前欠場で結局このカード。 ヤヒーラの代わりにジョー・カマチョって・・・ 実力的にはあまりに格下ではないかと・・・
案の定アルバート・クレーンがマウントで1ポイントゲット。 アナコンダ・チョークのキャッチで3ポイント追加。 もしヤヒーラと対戦してたら、逆にこれをやられて試合終了だったはず。 
2ラウンドはまたマウントで1ポイント追加。 で、その後アームバーでカマチョはタップでした。 
それにしてもアルバート・クレーン、ラッシュが体にあってません。 ワンサイズ小さいのをお勧めします(笑) ところで彼は日本で大人気ですよね? そんなの昔知らなくて、私の行ってるジムに格安でセミナーに来たんですが、行きませんでした、ハハハ。

●第六試合
○ウラジミール・マティシェンコ  ×ヴィニシウス・マガリャエス (ポイント1−0)
これは何の大会? 肉体美対決? というほど両者もうありえない体。 特にマガリャエスの方は、ラッシュを着ててもすごすぎ。 試合後、上半身裸で歩き回ってましたが、言葉に出来ません。 ロバトJrやクロン君も相手になりません。 ヴィニシウス・マガリャエスが肉体美大賞です。 (ちなみにさっきから体のことばかり書いてるようですが、別に変な趣味はありません、笑。 ほんとにありえない体で、純粋に驚いてマス) 
で、試合の方はマガリャエス、テイクダウンされるのを最も恐れているようで、超低い体勢で、まるで陸上のスタートのよう。 そして引き込みばかり。 最初の2分で5回は引き込んだ。 というか実際は引き込めてないので、引き込もうとした、が正しいです。 で、両者ともにマイナスポイントか警告か、レフリーが何か手を上げてました。 
2ラウンドはマティシェンコがマガリャエスの片足を掴んだと思ったら、ステージぎりぎりで、そのままテイクダウンには行かず。 レフが同じポジションのまま中央に戻し、そこからテイクダウン成功。 1ポイント。 マガリャエスが足関に行くも、すぐに出られる。 結局1−0でマティシェンコ勝利。 試合としては全然面白くないけど、肉体の迫力に楽しめた試合でした。

ここからメインの試合。 UFCのリングアナ、ブルース・バッファー登場。 いきなり雰囲気が変わります。 やっぱプロですね。

●第七試合
○マルセロ・ガウッシア  ×ジェイク・シールズ (ギロチンチョーク)
1ラウンド、マルセロがテイクダウンで1−0。 その後ギロチンチョークでシールズはタップです。 が、私のところからは見えませんでした。 ショック。 でもマルセロ、どこまで強いんだ? 結局今大会で一番すごかった印象のマルセリーニョ。 近々マルセロに関して大ニュースがあるかも、です。

●第八試合
△ランディ・クートゥアー  △ジャカレイ (延長2回ドロー)
ホントのメイン試合。 レフリーにUFCのビッグジョン登場です。 ジャカレイのセコンドにはヴァリッジ・イズマイウやらビビアーノ・フェルナンデスやら、マナウスチームが。 
試合はジャカレイがトライアングルやらアームバーやらニーバーやらアンクルやらいろいろ仕掛け、攻めてた印象。 ランディがちょっと優位だったのは2ラウンド終了間際にジャカレイのバックに回ったときだけ?のような。。。 
結局両者ポイントゼロで、延長。 延長でもポイント入らず再延長。 ここでもポイントがはいらなかったので、結局ドローとなりました。 観客も異常に盛り上がってたし、ランディとジャカレイだったらもうどんな試合でもいいんです。 

それにしても今回で思ったのは、私が応援する選手はいつも試合欠場になるか、キャンセルになるか、または負けるような。。。 う〜ん・・・

★マルセロ・ガウッシアのノーギ試合を見るならこちらから!

ちなみにこのイベント、写真撮り放題どころか、ビデオも撮り放題でした。 まさかそんなことはないだろうと、ビデオカメラ持って行かなかった・・・ カメラは持ってたけど、1枚も撮りませんでした、ははは。

Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店
| maria | 柔術 & グラップリング | 03:58 | comments(4) | trackbacks(2) |
観戦お疲れさまです。

>近々マルセロに関して大ニュースがあるかも、です。

これは、ま、まさか・・・・!?


| ウィルコ | 2006/11/19 7:16 AM |

私は「LIVE PPV WEBCAST」というインターネット動画生中継で、日本時間で土曜昼過ぎからPCの前で観戦しました。$9.99だからお手頃かな、と。
ネットの宿命でしょうか、クロンvsライス戦の第2ラウンド、第6試合まるごと、そしてメイン第8試合の第2ラウンド以降すべて が接続遮断で見られませんでした。こりゃヒドい。
で、格闘技系サイトを覗いたら米国でもまったく同じ箇所が見られなかったようで、みんなブーブー文句言ってます。
放送ではジョシュの解説がなかなかで、日本のPRIDEにおける高阪剛並みに技術的な話もしていたように聴こえました。
試合全般、ジェフとマルセリーニョの動きの良さが際立っていた印象です。
| ヒロシ | 2006/11/19 10:30 AM |

マティシェンコといいクートゥアといい
レスリング系マッチョオヤジががんばってますよね。
みんな毛が・・・
| 鳶 | 2006/11/19 8:16 PM |

>ウィルコさん
多分ウィルコさんが想像してることプラス、他にもあるんです。 そっちの方がびっくりかもしれません。 とかいって全然お互い違う話をしてたりして(笑)

>ヒロシさん
接続遮断ってひどいですね。 やっぱりネット観戦は大変ですね。 といいつつ私も前の人が立ってビデオを撮っていて、かなり見にくく、一触即発ムードでしたよ(笑) 座れと言っても座ってくれず、米美人グラップラーのガジー・パーマンが助けてくれました。

>鳶さん
毛がなくなったら、潔く坊主にすべし! 
| maria | 2006/11/22 2:30 PM |










http://cafe.quietwarriors.com/trackback/462847
X-Mission〜ネットTV観戦記まとめ
まず開始時間がだいぶ遅れたようでした。 オープニングは、Foo Fightersのギタリストが、グレッチでしょうか、アンプにつないだギターでUSA国歌をアコースティック・ヴァージョンで演奏。てっきりジミヘンばりの爆音Versionを期待していたので肩すかし。 続いて、実演し
| ヒロシです(涙)。 | 2006/11/19 10:21 AM |
[動画] PSL (Professional Submission League) "X-MISSION"からメイン含む4試合
▼ (11/12 up) PSLが開催するグラップリング大会「X-MISSION」の全カードが発表された。ビル・クーパーは、ヒクソン・グレイシーの次男・クロンと対戦。ハニ・ヤヒーラの相手はハビエル・バスケスからアルバート・クレーンに変更となった。なお、ネット中継の解説はジョ
| 総合格闘技(MMA)の動画と速報.com | 2006/11/19 11:38 PM |


このページの先頭へ