Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< グラップリングでいこう!! | main | エディ・ブラボーは花くまゆうさくがお好き >>
UFC64とケン・シャムロックの引退
10月14日のUFC64を今更・・・ですが、

●まさかリッチ・フランクリンがあそこまでムエタイ・クリンチに対処できないとは、衝撃でした。 この間基本的にグラップラーであるクリス・リーベンがアンデウソン・シウバに秒殺されてしまったのはまあしょうがないし、ある程度予想の範囲でしたが、まさか現王者であるリッチ・フランクリンが・・・ クリンチの練習をしたことがないのか!?というぐらい、まったく対処できず、クリンチされたまま。 最後はKOで、あっけないぐらいアンデウソン・シウバの一方的な攻撃でした。

弘中選手もショッキングでした。 その前に対戦相手のジョン・フィッチ、でかいぞ! 試合の時の体重は?と思わず聞きたくなるぐらい、弘中選手とは階級が違うように見えます。。。 弘中選手は柔道・柔術のブラックベルト、ジョン・フィッチ選手はパープルベルトとアナウンスしてて、否が応でも期待が・・・ それが1ラウンドのトライアングル以外は、攻められまくった弘中選手。 バックまで取られてしまい・・・ ジョン・フィッチってそんなにすごかったのか? 

関係ないけど、弘中選手は見た目的にけっこう舞台栄えしますねぇ。

ショーン・シャーク vs. ケニー・フロリアンは私の勝手な応援も空しくショーン・シャークの圧倒的勝利。 この人のタックルに入るスピードはほんとすごいですね。 でもどうしても応援する気が起きないのは、あの体型のせいかな、笑。

岡見選手は相変わらず放送なし。 UFC二勝らしいけど、まったく見たことがない・・・ 次こそは映ってください。

●カート・ペリグリーノと対戦するはずだったワンダー・ブラガは試合の2週間前に参戦できないことが決定。 いろいろあるんで詳しくは書けませんが、UFCとの契約がなくなったわけではありません。。


●そんでもって、UFC64ではありませんが、10月10日に行われたUFNでのティト・オーティズ vs. ケン・シャムロック 3度目の正直戦。 簡単に言うとまあほぼ2戦目と同じ展開。 ティトがシャムロックをテイクダウンし、そこからパウンド・・・ で完全TKOでした。 

その後ケン・シャムロックが引退声明。 引退はまあ年齢的にもわかりますが、なんで殿堂入りのシャムロックがテレビ放送のUFNで引退してしまうの〜〜〜? 世界中にファンがいるのだから、ちゃんとUFC本戦で世界に向けてメッセージを発した方がよかったのでは?

それに加えて、ティトとはお互いの手を挙げ合って、抱き合っちゃって、しっかり仲直り。 めでたくハッピーエンド。 アメリカ的というか、男達が好きな世界?というか、私は納得できませ〜ん。 


なぜかこんな写真を載せてみた(笑) かっこいいわ〜この二人。

それにしてもUFNって、メインの試合以外はほんと、TUF見てないとさっぱり面白くない気がします。 ティトはこの日自分が試合なのに、TUF3の自分のチームにいた聾唖のファイターマット・ハミルのセコンドをし、彼は勝利。 もう1人同じくTUF3でティトのチームにいて勝ち上がったケンドル・グローブも試合。 さすがに時間的にティト、セコンドは無理でしたが、ケンドルは勝利後ティトの「墓掘り」パフォーマンスをしており、チーム・パニッシュメントの団結の強さが見えました。 ティトは今ノリノリですねえ。

ところで柔術でぎっくり腰になってしまった私。 腰だけじゃなく、首もそこまでひどくないけど怪我してしまい、腰をかばう体勢になると首が痛い、首をかばうと腰が痛い、という、どうしたらいいのかわからない状態。 パソコンの前に座るのさえつらいっす。。。 

Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店
| maria | 総合格闘技 | 08:45 | comments(2) | trackbacks(0) |
WOWOWでは岡見選手の試合はバッチリ放映(前回も)。客の入りがガラガラだったので第1試合とかでしょうか。
今回は危なげない展開(3R/KO)で、次戦も期待できそうっすよ。
印象的だったのは試合直後のインタビューで聞き手がランディー・クートゥア。「オカミサーン」と呼びかけていましたw まさか「女将さん」とカケたわけじゃないでしょうけど。

柔術でもギックリ腰になるんですか、、、。クセにならないよう大事をとってくださいね。
| ヒロシ | 2006/10/22 11:30 PM |

>ヒロシさん
そうそうランディ、ジョー・ローガンの仕事取っちゃったんですよね。 とはいえ同じゲイルックで仕事してますが(笑) 

ぎっくり腰、心配してくださってありがとうございます。
「柔術のせい」であって「歳のせい」ではないと思いたい今日この頃・・・
| maria | 2006/10/24 8:05 AM |










http://cafe.quietwarriors.com/trackback/448328


このページの先頭へ