Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< ランディ・クートゥアーのトレーニング方法 | main | ホジャー・グレイシー 総合デビュー! >>
サブミッション・グラップリング “NEVERTAP”
アメリカでノーギの大会といえば、Grapplers Quest、NAGA、そして NEVERTAP など数多くあるのですが、そのネバータップの大会が8月12日に行われました。 アサイーカフェでもお馴染みスティーブ・マグダレノがプロの部門で出場するということで、おまけに8月21日から1年ぐらい日本に行ってしまうので、とりあえずはこれがアメリカで彼の最後の試合ということもあり、見に行ってきました。

場所はGOLDEN GLOVES というジムで、リング1つ、マット1つの2面でやっただけという、場所的には小さなところですが、そこにはアマチュアの部門の時間から錚々たるメンバーが・・・ ノーギの大会になぜ?と思いましたが、クイントン・”ランペイジ”・ジャクソンも来ていました。 サイン会のようなこともやっていて、写真をとってもらう人もちらほら・・・ でも全然大騒ぎになることもなく、暇なランペイジ(笑) 私は昔写真を撮ってもらったこともあるし・・・でやめときました。。。 他にはナム・ファン、マイク・フォウラー、そしてプロ部門に出る面々・・・ アメリカのグラップリング界を率いる選手達です。


暇で寝てしまったランペイジ。

プロの部門では
シェーン・ライス vs. シンプソン・ゴー
二人ともアメリカでは有名なグラップラーです。 それにしてもシンプソン・ゴーはどう見ても中一ぐらい。 アジア人若く見えると言っても、若過ぎだろ〜〜〜〜。 でも動きはすごいのよね。 柔術は紫帯(この間見た試合ではそうでした)
(追加:茶帯になったと、のぶ焼きさんより教えていただきました)
対するシェーン・ライスはヒクソンの茶帯であり、MMAファイターでもある選手。 総合でマーク・ホミニックに勝っています。 
試合はとにかく動きまくりで、2ラウンドの終わりにシェーン・ライスがシンプソン・ゴーをアームバーに仕留め、ラウンド終了の合図と同時にタップしたような? ですが、タップではないということで、3ラウンドに入り、結局テイクダウンを取っていたシェーン・ライスがやっぱり勝ちました。 でもこの大会ルールを知らないで見てたので、ポイントの方法が全然わからない。 レフリーは何も言わないし、何の合図もしないし。 3分3ラウンドというのしかわかりません。。 ま、おもしろいからいっか。

shane rice simpson go
この顔がシンプソン・ゴー。 若い。。。

それからユリシーズ・ゴメス vs.???
試合はもちろんノンストップでおもしろいのですが、超びっくりなことはコブラカイのユリシーズ・ゴメス、ラウンドの合間にビール飲んでます!! セコンドのマーク・レイモンが運んできてました。 すごいな〜。 そして本日のコスチュームは黒とピンクがテーマ?でした(笑) この人のセンス、好きです。

次はビル・クーパー vs. ホムロ君
このホムロ君はブラジル人。 あと2ヶ月でブラジルに帰るということですが、アメリカではカイケ柔術でトレーニングしてます。 この日もカイケのラッシュを着て出場。 このビル対ホムロは前回もネバータップの大会で対戦しており、2度目の対戦。
いや、とにかくすごいです。 ホムロ君を知らなかったので、なんなんだ、このビルをここまで手こずらせるムキムキイケ面男は!? でした(笑) 後から話を聞くとリオ・デジャネイロの人で、グレイシーウマイタ所属だそうです。 
試合は判定でビルの勝ちでしたが、私はホムロ君の勝ちと思ってました。 でもポイントがわからないので、というかポジションポイントはないのか? だからみんなひたすら動き続けるのか? 後からホムロ君に「あなたが勝ったと思った」というと「僕もそう思った」と言ってました。

romulo

そして本日のメインスティーブ・マグダレノ vs. スコット・ビエリ。 
スコット・ビエリはコブラカイ所属で、柔術は茶帯ですが、グラップラーズ・クエストやネバータップで何度も優勝している強豪。 
1ラウンドでいきなりスコット・ビエリがスティーブの背中に飛びつき、裸締めを極めそうになってましたが、とりあえず3分をしのいだスティーブ。 試合が決まった時点で、「スコット・ビエリはタフだから、試合中に俺がやばくなったらイスを持ってリングに乱入してよ、あはは〜〜」と言われてたので、今がまさにその時かと(笑) 
2ラウンド目ではスティーブが2回ぐらいビエリをテイクダウンし、もう息つく暇もないぐらい。  
3ラウンドではスティーブがパスを2回きめ、終了間際でビエリにキムラを極めかけてたのですが、終了の合図。 タップしたようにも見えましたが、判定でスティーブの勝利!! もう私の方がめちゃくちゃ緊張しました。 グラップリングでこんなんだったら総合の試合、見れません。。。 

イベント終了後、ユリシーズ・ゴメスが来て「マイク(フォウラー)と一緒に写真撮って」と来たので撮ってあげて、その後「私のカメラでも撮っていい? ウェブに載せるから」と言うと、「ゲイのグラップリングサイトじゃないだろ〜な〜、わっはっは」(←自分のキャラをよくわかってる)というので、つい「その通り。 ゲイグラップリング・ドットコム、チェックしてみてね!」とか言ってみたり(笑) とにかくこの人最高におもしろいです。 絵がめちゃくちゃうまい。 コブラカイのジムの壁に絵を描いてるのもこの人じゃないかと・・・ マーク・レイモン率いるコブラカイは大人はもちろん、少年部がすごいのですが、そこでその子供たちを指導しているのがユリシーズ・ゴメスらしいです。 こんな先生だったら最高に楽しいだろうな、と。 この人自体子供みたいだし。 昔DVDで見ましたが、下にいる子供にジャンプしてトライアングルしてました、子供相手に(笑)


左からマイク・フォウラーユリシーズ・ゴメス、スティーブのセコンドとして来たアンディ・ウォン


本日メインで勝利したスティーブ・マグダレノ。 このTシャツを見よ!! "I'M HUGE IN JAPAN" そんなことはないでしょ〜と思いますが。。。
でもこの写真を撮ってたら、横から例のスティーブ姉ちゃんが「あんた、そんな格好でおかしいわよ。 もっとファイトポーズとか、なんかしなさいよ」ってことで

こういうのになりました(笑)
日本に1年は行くということで、日本の皆さん、スティーブと試合したり、練習したりってことがあるかもしれませんね! 注目です!

とにかくおもしろいプロの試合でした。 みんな「休む」とか「止まる」という単語を知らないみたいです。 この日はスティーブが超カッコよかったのと、ユリシーズ・ゴメスが好きになりました。 それにしてもコブラカイってすごいなあ。。。 マーク・レイモンはいつ見ても剥きたてのゆで卵のようだけど(笑)

Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリングのオンラインストア ★Quiet Warriors★
| maria | 柔術 & グラップリング | 15:34 | comments(2) | trackbacks(0) |
シンプソンゴーとやったことあって個人的にしってるんですけど(試合を。。)茶帯になったらしいです。
| のぶ焼き | 2006/08/16 4:08 AM |

ありがとうございます。 直しておきました。 シンプソン・ゴー、どうみても子供ですが、動きとかいいですよね〜。
| maria | 2006/08/17 11:47 PM |










http://cafe.quietwarriors.com/trackback/410390


このページの先頭へ