Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< ワンダー・ブラガ UFC参戦決定!!! | main | 2006 パンナムのDVD >>
2006ムンジアル 黒帯
ホジャー・グレイシーはアブソルート級で決勝までは対戦相手全てにサブミッション勝利。 シャンジ・ヒベイロも自分の階級で対戦相手全てにサブミッション勝利。 その二人がアブソルートの決勝でまたもや対戦し、シャンジのアドバン勝利! マルセロ・ガウッシアもアブソルート級でホジャーと当たるまでは、対戦相手全てにサブミッション勝利してたのですが、ホジャーのチョークに敗れてしまいました。 これはあまりにも体の大きさが違うという感じですね。。。 シャンジだってホジャーと並ぶと小さく見えるぐらいだから・・・ それにしてもホジャーとシャンジの強さって他を寄せつけませんねぇ。

●問題になったのが、ダニエル・モラエス vs. マイク・フォウラー

マイクは前世界チャンピオンであるダニエル・モラエスの腕を完全に極めたところ、ダニエル・モラエスはマイクをマットにたたきつけた、と。 これは明らかに反則で、失格になるところなのですが、レフリーは試合を止めず、そのままダニエル・モラエスがポイント勝利してしまいました。 試合が終了し、マイクとコーチ陣が抗議しても結果は覆りませんでした。

・マイクのコメント
「彼の腕が3回もポップするのを聞いたんだよ。 で、観客の歓声、カメラ・・・ 最高だったんだ。 そしたらいきなりバンッ!! レフリーはまるで俺が悪いことをしたかのように見ただけだった。 
ダニエルはクールだ。 彼に対しては何もないけど、レフリーはね・・・」

●メジオ級決勝はアンドレ・ガウバォン vs. マルセロ・ガウッシアでしたが、アンドレ・ガウバォンはニーノ・シェンブリをわずか1分20秒、バックからチョークで極めていました。 

そしてマルセロ・ガウッシアは、マイク・フォウラーをマットに叩きつけて勝利したダニエル・モラエスに勝っているのですが、どうやって勝ったかというと、どうもダニエル・モラエスはストーリング(ただ相手を押さえつけて何もしないこと)で失格となったらしいです。 ダニエル・モラエス、ムンジアルでめちゃくちゃですねえ。。。

アンドレ・ガウバォンはマルセロ・ガウッシアにまたもや勝てなかったですね。 そういえば5月にも2度も負けていましたね。。。(こちら) 

●女子の茶帯/黒帯部門の優勝者は、
プルーマ級 Michele Nicoline
ペナ級    レティシア・ヒベイロ
レーヴィ級 キーラ・グレイシー

ってことでサービスショットでも(笑)



ほんと、美しいですねえ、キーラ。

その他またムンジアル小ネタなどあったら、書こうと思います。


**********ムンジアル黒帯の全結果**********
チーム優勝
1位 Braza
2位 グレイシー・バッハ
3位 グレイシー・ウマイタ

ガロ級
優勝:ダニエウ・オテロ
準優勝:Evaniel Oliveira

プルーマ級
優勝:ビビアーノ・フェルナンデス

ペナ級
優勝:フーベンス・シャーレス
準優勝:マーシオ・フェイトーザ

レーヴィ級
優勝:Celso Vinícius
準優勝:マリオ・ヘイス

メジオ級
優勝:マルセロ・ガウッシア
準優勝:アンドレ・ガウバォン

メイオペサード級
優勝:ブラウリオ・エスティマ
準優勝:Delson Pé-de-chumbo

ペサード級
優勝:シャンジ・ヒベイロ
準優勝:チアゴ・ガイア

スペルペサード級
優勝:ホジャー・グレイシー
準優勝:ロバート・ドリスデール

ペサディシモ級
優勝:ガブリエル・ナパオン
準優勝:レオ・レイチ

アブソルート級
優勝:シャンジ・ヒベイロ
準優勝:ホジャー・グレイシー

Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリングのオンラインストア ★Quiet Warriors★
| maria | 柔術 & グラップリング | 00:46 | comments(9) | trackbacks(1) |
ビル・クーパーは、どうだったんでしょう?
| びる | 2006/08/01 2:04 AM |

はじめまして。浪速のポッキーと申します。
今月エドアゥド・テレスが総合デビューするらしいのですが、最近の成績やプロフィールなんかを教えてもらえませんか。
ゴンググラップルで亀ガードを得意としてるということしか知らないので。
| 浪速のポッキー | 2006/08/02 2:07 AM |

>びるさん

びる・クーパーは一回戦負けというのをどこかで何日か前に読んだ気がするのですが、どこだったかさっぱり思い出せません。。。

>浪速のポッキーさん

テレスの試合は何度か見たことがありますが、日本で知られているようなこと以外は何も知りません。。 あと、意外にめちゃめちゃムキムキボディーということしか(笑)

TT柔術を離れたのに、TT柔術のTATTOOはどうなるのか!?
| maria | 2006/08/02 5:07 AM |

ありがとうございました。
| びる | 2006/08/02 7:59 AM |

ホジャー、ガウッシア、共に敗退とは・・・決勝で二人が極め合うのを楽しみにしていたのに、残念。次こそは見れるこてを願います。

自分の周りでは、PRIDE見るやつは多いのに、UFC見るやつは俺だけ(:_;)。よく、PRIDE VS UFCで言い合いになることがあるけど、一人で対抗するんが辛いです(それでも、こっちが勝つけど(笑))。
ここ最近で1番感動したのは、クートゥアーVSリデルのタイトルマッチ。クートゥアーが引退するとは思わんかったんで、すごいショックでした。
| EXTREME | 2006/08/02 9:52 PM |

すんません。上記の内容訂正です。ホジャーとガウッシア、二人の闘いを決勝でしてほしかったです。
| EXTREME | 2006/08/02 9:55 PM |

UFCはワンダー・ブラガに注目しておいてくださいね! 

クートゥアーの引退はほんと残念でしたね。 多くの選手に慕われている彼のことだから、これからもどんどん素晴らしい選手を輩出していってくれることでしょう。。。
日本で放送されてたのかどうかはわかりませんが、この間クートゥアーは、オクタゴンで試合直後のインタビューをやってたんですが、一部ではその服装が、前任者ジョー・ローガンと同じく「ゲイ・ルック」と言われております(笑)
| maria | 2006/08/05 1:44 AM |

ゲイといえば・・・昔、ティトがガイ・メッツァーをゲイ・メッツァーと挑発してシャムロックを怒らせ、ティトにボコられたシャムロックが「膝を怪我してた」言うたらティトがキレて、この間のUFCでティトが肘の連打、連打でシャムロックをボコったら「ストップが早い」とシャムロックがキレた。あれはどう見てもティトの勝ちやと思います。シャムロックはパンクラスと揉めてから以後はダメになっていったように思える。でも、それ以上にフランク・ミアが落ちぶれたのが悲しい。シルビアの腕をヘシ折った勢いは二度と戻って来ないのか(:_;)。
| EXTREME | 2006/08/06 12:10 AM |

ゲイ・メッツァー、そんなこともありましたね! ティトとシャムロック、3度目の正直があるんでしょうか? またやってもティトが普通に勝つと思うんですが。。。 
フランク・ミア、あの体型はどうしちゃったのでしょう? う〜ん、でも元々そんなに好きではないし(笑) ○○の元彼とは。。。 
シルビア、折られて気づかないっていうのも怖いですね。 リプレイで何度も何度も腕の折れる瞬間のどアップが怖かったです。
| maria | 2006/08/08 5:32 AM |










http://cafe.quietwarriors.com/trackback/402442
ムンジアル(MUNDIAL 2006)〜ブラジリアン柔術世界選手権の結果速報
日本の格闘技ヲタが注目していたホジャー・グレイシーの無差別級の結果が気になりますね?!?!?!? まず本題に入るまえに、ソースがポルトガル語のTATAME誌HPなので、以下の内容に間違いがあったら、、、そっと指摘してくださいね(笑)。ポルトガル語がわかる方
| ROCK'N'ROLL、格闘技、時事、E.R.Oその他 | 2006/08/01 4:10 AM |


このページの先頭へ