Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< コパ・ド・ムンド World Black Belt 2006 優勝者 | main | “チンギーヤDVD” 30日に販売スタート >>
超豪華選手集合のWFA・・・ バス・ルッテン復帰!
WFA "King of the Streets" というイベントが7月22日にロサンゼルスで(正確にはイングルウッドなんだけど)で行われました。 豪華選手がぞくぞく出場するので、PPVを申し込みました。 でもLA SUB X に続き、またもやファイトショップでは「いくら以上購入したらWFAのチケット、無料でプレゼント!」をやっていたので、あんまりお客さんいないのかな・・・と。 その店で購入する物がありましたが、暑くて動きたくない気分だったので家でPPV。 肝心の客入りは、案の定、カメラは人のいるところだけを映してはいましたが、それでもちょっとした時に、空いてるのがわかる・・・ 後でインターネットを見たら、3500人だけだったそうな。

まず驚いたのが、オクタゴン?と思いきや、円形のケージ。 なぜなんだ? まあいいんですが。。

PPVの順番で書いてみます。 PPVで映ってないのは省略。

■第一試合
○Rob McCullough  ×Harris Sarmiento
 (判定3−0)

Rob McCullough にはセコンド、ティト・オーティズ。 会場も彼が映ると盛り上がります。 ちなみにレフリーのハーブ・ディーンが映るとブーイング。 やはりこの間のUFC61「ケン・シャムロック vs. ティト・オーティズ」の試合を早く止めすぎ〜〜〜ってことでしょうか。 
この二人の試合は、ほぼ完全に立ちのみで、寝技が見たい私としてはイマイチ興味が持てなかったのですが、このRob McCulloughという選手、ムエタイ出身で、一緒に見ていた元プロキックボクサーに言わせると「アメリカ人でこれだけムエタイが出来る人はそういない」そうな。 「今後注目してよし」だそうですが、私にはよくわかりません(笑)


■第二試合
○リコ・ロドリゲス  ×ロン・ウォーターマン (TKO)


リコ・ロドリゲスのセコンドにまたティト。 そして、肥満度ますます加速、リコ・ロドリゲス。 すんごい腹で、前から見ても横から見ても同じです(笑) 対するウォーターマンは、違う意味ですごい体。 鍛え上げてます。 二人ともバックボーンは「レスリング&柔術」となっていましたが、レスラーはレスラーでも「スモウ・レスラー vs. 典型的アメリカ人プロレスラー」という感じ。 リコ・ロドリゲスの黒のショーツが、腰の部分だけ白に切り替えがしてあり、その部分が妙に太く、マワシの腰の部分に見えます(笑) アナウンサーからも、体重を減らした方がいいと言われていました。



試合はまったく立ちのみだったのですが、1ラウンド終了後にTKOでリコの勝ち。 まだ1ラウンドなのに、試合はスローモーションの映像を見てるようでした。 でもなんと、リコの跳びヒザが見れたんですよ! 3cmぐらい跳んでました(笑)

この試合の最中、客席のブルース・ウィルスが映り、その隣に座ってたのはケン・シャムロック

■第三試合
○Ivan Salaverry  ×Art Santore (TKO)


Ivan Salaverryはシアトルの人なのに、セコンドはまたもやティト! 

試合は2ラウンドの後半、Salaverryのハイキック→マウントからパウンドとなりレフリーが試合を止めたのですが、負けたSantoreは「血みどろの顔+汗でびしょびしょのロン毛」でニッコリ笑い、舌で血をレロレロ舐めてて、かなり怖いです。

ティトがセコンドした選手、全員勝利でした。

■第四試合
○ジェイソン・ミラー  ×Loudine Sincaid (裸締め)


ジェイソン・ミラーといえばAcai Cafe では変な登場の仕方をしてます(こちらこちら)  対するLoudine Sincaid はこの日会場にいたあの伝説のジーン・ラーベルともトレーニングしていたこともあるという、柔道&ムエタイがバックボーンの選手。

やっと4試合目にしてグランドの試合が見れました。 その割にはそんなにおもしろくないんですが・・・

■第五試合
○LYOTO Machida  ×バーノン・“タイガー”・ホワイト (判定3−0)


LYOTOはこれがMMAのアメリカデビューだそうです。 バーノン・ホワイトは昔から有名なファイターですが、MMA試合は53戦! 所属はライオンズ・デンなのに、ケン・シャムロックは客席に。 やっぱりTUF3のティト対シャムロックのコーチング対決は正しかったのか?

LYOTOの寝技を楽しみにしていたのにもかかわらず、試合はスタンドばかり。 スタンドで距離を保ったままという状態を繰り返し、ブーイング。 やっと3ラウンド残り3分でLYOTOがテイクダウンを見せてくれましたが、それを最初からやってくれれば!  LYOTOマウントを取る→バーノン・ホワイトは亀になり→LYOTOはバックを取る・・・ですが、バーノンは回転してLYOTOのガードの中に。 せっかくのグランドですが、LYOTOはチャンスをモノにできず・・・

■第六試合
○バス・ルッテン  ×Ruben Villareal  (KO)


バス・ルッテン41歳、Ruben Villareal 36歳というちょっとMMAにしては年齢層の高い試合。 バス・ルッテンはキモと対戦するはずだったのですが、それがなくなり、二日前に決まったのがこのRuben Villareal。 ドン・フライと試合してドローだったという選手です。 アメリカ・インディアンというのは格闘家ではめずらしいですよね。
そしてバス・ルッテン。 なんと7年ぶりの復帰です。 21試合連続負けなしというパンクラス&UFCの王者。 昔のバス・ルッテンを知ってる人には、彼の試合を見れるなんて、涙もんだろうな〜と。 そんな人には冷水をかけるようですが、私こんなもの書いてました(笑)



この試合はルッテン214ポンド、Villareal 260ポンドと約20kgの体重差があるため、ルッテンは試合前のVで「サイズの違いっていうのは大きいから、モハメド・アリのように『蝶のように舞い、蜂のように刺す』だね」と言ってました。

それにしてもルッテンの入場、最高! この為だけに暑い中、無料チケットで会場に足を運んでも良かった(笑) あの音楽はなんでしょう? どっかのノリノリ民族音楽のような・・・ 

1ラウンド、Villarealのパンチはまるで熊が手を振り下ろすよう・・・と思ったら肩に熊の手のTATOOが(笑) ルッテンはまったく蹴らず、パンチばかりだったのですが、2分を経過した頃に初ロー。 すごい音。 2発目でもう相手は足を引きずる感じで、5発目のローでKOです。 すごいローでした。

ルッテンの試合後のインタビューでわかったのですが、手術を控えているそうです。 現在悪いところは膝の靭帯、足の付け根の筋肉、肋骨ということで(←聞き取り、もし間違ってたらすみません、笑)、ここ6週間は全く蹴りをしておらず、パンチのトレーニングだけだったそうです。 だから試合もパンチで勝負にいってたのですが、どれだけパンチを当てても、相手のあごがストロングだったから、キックすることにした、と。

この試合の時ティト・オーティズが超美人とツーショットで映ったのですが、なんとその人は有名ポルノ女優だそうで。 

ちなみにルッテン・ジャンプはありませんでした(笑)

■第七試合 メイン・イベント
○クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン ×マット・リンドランド 
(判定2−1)



メインなのに、これまでにいっぱい書いたらもう疲れました(笑) とりあえずこの試合が一番おもしろかったです。 相手を持ち上げて豪快にリングに叩きつけるのが得意なランペイジと、ダン・ヘンダーソンをセコンドに従えた、レスリングのオリンピック銀メダリストのリンドランドの対決。 倒し合い。 寝技もステキ。 そしてリンドランドのチョークががっちり決まったかと思えたのに(結構長い間)、ランペイジは脱出。 これはほんといい試合でした。 この試合がほとんど唯一MMAの試合という感じでしたが。。。

「マット・リンドランドが臭い」というのは本当なんでしょうか? ランペイジが試合後リング上で、面と向かって「スカンクみたいだ。シャワーを浴びろ」とか何とか言ってたし、そういえば以前フィル・バローニもリンドランドのことをそんな感じで言ってたような。。。

なにはともあれ、カリフォルニアはMMAが認可されて以来、イベントありすぎ!

限定販売! MMA Tシャツ 今ならなんと 1600円

Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリングのオンラインストア ★Quiet Warriors★
| maria | 総合格闘技 | 17:00 | comments(7) | trackbacks(0) |
マット リンドランドと一緒に練習したことあるけど、めちゃくさくなかったかなー。。ファイターの中には、試合まえにシャワーなどせず 臭攻め目当てで精神的なものを折るという選手もいるみたいだけど。。
| のぶ焼き | 2006/07/26 3:31 AM |

マット リンドランドと一緒に練習したことあるけど、めちゃくさくなかったかなー。。ファイターの中には、試合まえにシャワーなどせず 臭攻め目当てで精神的なものを折るという選手もいるみたいだけど。。
| のぶ焼き | 2006/07/26 3:31 AM |

のぶ焼きさん、いろんな強豪と練習してますね〜。 やっぱり臭攻めされると精神的なものが折れるもんなんですか? 
マット・リンドランド、「めちゃくさくなかった」ということは、「めちゃ」ではない、と(笑)
| maria | 2006/07/27 1:47 AM |

はい、「めちゃ」ではないと。
| のぶ焼き | 2006/07/27 3:36 AM |

爆笑です。
| maria | 2006/07/30 1:53 AM |

遠く離れた香川のクソ田舎から毎回楽しく見させていただいてます。普段はUFCをメインに総合格闘技を楽しんでます(元々はリングスファンで、リングス解散後、UFC浸りに)。これからも海外の格闘技情報を楽しみにしていますので、よろしくお願いします(^O^)
| EXTREME | 2006/07/31 10:00 PM |

>EXTREMEさん
ありがとうございます!
UFCがお好きということですが、日本でUFCはどの程度人気があるもんなんでしょうか???
| maria | 2006/08/02 5:02 AM |












このページの先頭へ