Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< ヒーロン&へナーのテクニック動画 | main | ADCCカップル結婚  マルコス・アヴェラン >>
第5回ユナイテッド・グレイシー・トーナメント
5月6日にサンフランシスコで第5回 United Gracie Tournament が行われました。



●紫帯の部
自分の階級とチャンピオン・オブ・チャンピオンズの部門で優勝したのがヒクソンの息子、クロン・グレイシー。  彼の第一試合の動画はこちらに。

●茶帯の部
Marcos Torregrossa が自分の階級(181ポンド以下)で優勝。 決勝戦の相手 Kelly Paul をチョークで破りました。 Marcos はチャンピオン・オブ・チャンピオンズの部門でも優勝。 彼の動画映像はこちら

●黒帯の部(OTMより)
○Solomon Mitchell  ×Val Cubales (2-0)
○Chris Smith  ×Gustavo Morriera (ポイント)
○Vitor Estima  ×Chris Liscandrio (三角締め)
○Carlos "Sapao" Alexander  ×Sergio Lorences (3分2ラウンドの延長戦の後レフリー判定)
○シャンジ・ヒベイロ  ×Tony Eduardo (チョーク)
○Luke Stewart  ×Walter Vitale (チョーク)
○ビニシウス・マガリャエス  ×Ricardo Barros (延長で2-0)
○シャンジ・ヒベイロ  ×Luke Stewart (チョーク)
黒帯試合デビューのルークはシャンジ相手にチョークで極められる前まではリバーサルなどで5-2だったようです。
○ビニシウス・マガリャエス ×Jerry (GB) (6-4)

OTMにはこれだけ書いてましたが、ビニシウス・マガリャエス自身が決勝はまたシャンジとだった、と他のところに書いてましたがどうなんでしょう。  ビニシウス・マガリャエスは一週間前に指を骨折したまま出場した模様。

Vitor Estima は 世界チャンピオンである Braulio "Carcará" Estima の弟で、黒帯ではなく茶帯らしいです。 それも去年もムンジアルの後に茶帯を取得したばっかりなんだとか。

Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリングのオンラインストア ★Quiet Warriors★
| maria | 柔術 & グラップリング | 11:44 | comments(0) | trackbacks(0) |











このページの先頭へ