Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< パンナムの写真 | main | ジェフ・グローバー コブラカイに! >>
スパイダーガードの名手 チンギーヤ
この間コメントを下さったB長さんのブログに「日本入国ビザが取れるようになったら呼びたい柔術家」と書いてチンギーニャを紹介していてふと思い出したので、今日はチンギーニャについて・・・  その前にこの人は「チンギーニャ」? それとも「チンギーヤ」? ブラジル人に聞いたら、正しいのは「チンギーニャ」と言ってましたが、アメリカ人が「チンギーヤ」と呼んでるのも聞きました。 インターネットで検索すると日本語では「チンギーヤ」となってるので合わせておこう・・・



日本ではまだあまり有名ではないかもしれませんが、ものすごくいい3枚組テクニックDVDを出してるチンギーヤことマウリシオ・マリアーノ (Mauricio " Tinguinha" Mariano) なんですが、そのDVDのレビューをひねリンさんのブログで発見。  「特に仕掛けの際の腰の動きがすばらしい」って書いてありましたが、私も初めて見た時、腰の動きにホレました(笑) 「一度ばーっと見て、数回の道場練習で試しただけですが、これのおかげで俺のスパイダーガードの威力は、すでに1.2倍くらいは増したと思います」って書いてありますが、ほんとにそんなかんじにいいです。 といっても私はまだちゃんと見てませんが(持ってるだけで満足・・) チンギーヤはどうも見た目とテクニックが一致しないんだな〜(失礼!)  Acai Cafe では以前ノースアメリカン・ブラジリアン柔術大会キッズ編のところなどに微妙に登場してます(笑)

この間ある黒帯柔術家の誕生日パーティーに呼ばれて行ったら、黒帯の人の誕生日だけあって、参加者は15人足らずの小さいホームパーティーだったのにもかかわらず、黒帯率高っ(笑) 私はかなり遅れていったのですが、それより遅れてきたのがチンギーヤ。 急にドアが開いてチンギーヤの顔が。(結構インパクトあり) チンギーヤとは直接知り合いではなかったのですが共通の知り合いが何人もいて、今までもパーティーなどで顔を合わせてはいても、しゃべったことはありませんでした。

チンギーヤことマウリシオ・マリアーノは1975年リオ・デジャネイロ生まれ。 12歳からグレイシー・バッハで柔術を始め(ジャン・ジャック・マチャドが最初の先生)、ブラジルやアメリカで数々のタイトルをものにし、21歳でカーロス・グレイシーJrから黒帯を巻かれました。 それ以来グレイシー・バッハ(ブラジル、アメリカ、日本)で指導に当たっています。 そして2000年にアメリカに移って来ました。

チンギーヤはカリフォルニア・オレンジカウンティーに自分のアカデミーを持っているのですが、マーシオ・フェイトーザとカーロス・グレイシーJrが来るまでは、こちらでは彼こそがグレイシーバッハだったようで・・・ それもあって兄弟のように子供の頃から一緒に練習してきたマーシオ達とちょっと・・・  そのマーシオ達もバッハUSAのオーナーといろいろあり、結局別のところ(すぐ近く)にアカデミーを開いて今はグレイシーバッハUSAではなく、グレイシーバッハ・アメリカなわけですが。 で、チンギーヤも今のアカデミーから先月、これまたすぐ近くに移転したようで・・・ (先週のパンナムで私にとっては懐かしのピウピウこと Marco Joca(バッハの黒帯先生です)に再会。 ピウピウは自分のところなのに間違えて、というより一番言ってはいけないはずの「グレイシーバッハUSA」と言ってしまっていて、私が「グレイシーバッハ・アメリカでしょ(笑)」と突っ込むと焦って照れ笑い&真っ赤になっていました(笑)  関係ないけどピウピウってジェフ・グローバーに顔似てませんか?)  

でそのチンギーヤに「日本でテクニックDVDを販売する場合、字幕を入れたほうがいいのか吹き替えにしたほうがいいのか?」と聞かれ、「う〜ん、私自身は英語の勉強にもなるから字幕がいいんだけど、どうだろう? 普通は吹き替えにしてるよね」と言ったんですが、どっちがいいんでしょう?  映画なんかと違ってテクニックをしっかり見なきゃいけないから、同時に字幕読むのはめんどくさいでしょうか?

P.S. チンギーヤの娘は遠くから見ても、父親がチンギーヤだとわかる(笑)

Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリングのオンラインストア ★Quiet Warriors★ 
| maria | 柔術 & グラップリング | 18:44 | comments(4) | trackbacks(0) |
私的には吹き替えの方が有りがたいですね。
クエストのビビアーノ教則DVDは字幕だったのですが
逆に不便でウザかったです。(字幕が)
正直、英語やポルトガル語の勉強をしたいわけではなく技術の勉強がしたいので。

吹き替えといえばニーノ教則の日本語吹き替えは爆笑ものでした。
明らかに狙ってやってます。(ホドリゴ・デボーンて誰だよ…(==;)
| NダDサク | 2006/04/28 9:48 PM |

これ、見たことあります。
パワー任せでは無い、ダイナミックな動きが多くなかなか良いDVDでした。

日本語って擬音をよく使うので吹き替えのほうがいいんじゃないでしょうか。
ま、どっちでも大差ないと思いますが。
| K | 2006/04/29 12:22 AM |

できれば両方で;^^
| 鳶 | 2006/04/29 6:01 AM |

皆様ありがとうございます。
やっぱり吹き替えのほうが多数派(?)ということで。 でも「両方」という意見もあるということで。 今度チンギーヤに会ったら伝えておきます(笑)
| maria | 2006/05/01 10:27 AM |












このページの先頭へ