Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< 南カリフォルニアのグラップラー達の最近 | main | 所英男のDVD >>
第9回グラップラーズ・クエスト・ウェスト
風邪で寝込んだりしてたらその間にGrapplers Questが・・・ インターネット見ないとさっぱり取り残されます(笑)

3月25日に行われた第9回グラップラーズ・クエスト・ウェストですが、ギ部門のみ(OTMに)詳しく出ていてノーギはまだ出てません。

<ブラックベルト柔術チャレンジ 8人制トーナメント>
(200ポンド以下級(約90キロ))
○Vinicius "Pezao" de Magalhaes  ×Marcus "Kiko" Cacella
  膝十字
×Paulo Guillobel  ○Mike Fowler
  9−0
○Walter Vitale  ×Tony Eduardo
  アームロック
×Sergio Silva  ○Xande Riberio
  チョーク
○Vinicius "Pezao" de Magalhaes  ×Mike Fowler
  腕十字
○Xande Ribiero  ×Walter Vitale
  チョーク
<決勝戦> 
  ×Vinicuius "Pezao" de Magalhaes  ○Xande Ribiero
  膝十字

200ポンド以下に出るなんて、マイク・フォウラーはすごい。 ちなみに「俺も計量必要? バックパックでも背負って体重計に乗ろうか?(笑)」と書いてありました(笑)

<ノーギ・サブミッション・グラップリング・チャレンジ 8人制トーナメント>
(200ポンド以下級(約90キロ))
<出場選手>
1. Alexandre "Xande" Ribeiro (ADCC Vet, 2002 & 2005 GQ Superfight Absolute Champ)
2. Gary Grate (Charles Gracie Academy Reno)
3. Sean Spangler (Cobra Kai - 9-Time Grapplers Quest Champion)
4. Bill "The Grill" Cooper (Paragon/Grappling Impact Japan Champion)
5. Vinicius "PEZAO" de Magalhaes (Gracie Humaita, IBJJF 2005 World Champion)
6. Alexander Crispim (Ralph Gracie Black Belt)
7. Eric Shambari (Cobra Kai - 6-Time GQ-West Champion)
8. ?

決勝はギ部門と同じくビニシウス・マガリャエスとシャンジ・ヒベイロが対戦し、今度は ビニシウス・マガリャエスが優勝。 
ビル・クーパーはビニシウス・マガリャエスにトーホールドで負けたそうです。

それにしてもこのビニシウス“ペザォン”マガリャエスとシャンジ・ヒベイロは同じグレイシー・ウマイタでトレーニング・パートナーであるから、今回のこの2部門の決勝は「ワーク」だったのかどうかで、掲示板ではけっこうもめていました。 

●アドバンス部門 フライ級
1位 Cody Bollinger
2位 ユリシーズ・ゴメス
3位 シム・ゴー

ちなみにこの2位のユリシーズ・ゴメスは「World Grappling Games 2003」というDVDでちょっとゲイチックなコスチューム?(ラッシュとショーツというよりコスチュームという感じ、笑)に身を包み、超有名日本人選手(?)と対戦してます!  この日本人選手は同じ大会であのホリオン様の御曹司ハレック・グレイシーとも対戦!

●アドバンス部門 ライト級かフェザー級
ジェフ・グローバーは一人目をアーム・トライアングル、二人目を裸締め、そして3人目決勝戦の相手も裸締めで優勝。

●アドバンス部門 ウェルター級(多分・・)
決勝はダニエル・アギラール(Daniel Aguilar) vs. スコット・ビエリ(Scott Bieri)で、ダニエル・アギラールがアドバンテージで勝利。

ダニエルは最初の二人をタップアウトし、ビエリは私の大好きなライアン・ホールを裸締めで下し、もう1人もきめて勝ち上がったそうです。 ライアンが一本負けって、というか裸締めってことはバックにつかれたってことで、ガードの下にいないライアンって想像つかない・・・

以上が今のところ分かってる結果ですが、一体ノーギの結果はいつ正式に出るんだろう??

Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリングのオンラインストア ★Quiet Warriors★
| maria | 柔術 & グラップリング | 07:53 | comments(12) | trackbacks(0) |
超有名日本人。
エリートビジネスマンから柔術家の道へ。。
その名は
MAX MASUZAWA..(でしょ?)
| もりしお | 2006/03/31 1:29 AM |

いや、違うんです・・・ でもMAXさんもこのDVDに出てますね。 そのMAXさんと対戦してる人のことです。  よくAcai Cafe にも貴重なコメントくださってます(笑)
| maria | 2006/03/31 11:54 AM |

・・リン さんですよね??
ハレックとの試合をすぐ傍でみてました。
| K | 2006/04/01 12:02 AM |

そうそう、そうで〜す(笑)
| maria | 2006/04/02 9:12 PM |

ハレックグレイシーだけに会場は大注目の中、グレイシーアキレスによりひねリンさんの絶叫が響いていました。

あの試合のDVDも持っていますよ。(去年パンナム出たときにタダでもらえました)

なにしろあの大会がワタシの初めての柔術の試合だったのでよく覚えています。優太郎さんやmaxさんもいらっしゃったとおもいます。(お話ししたことはありませんが。)
| K | 2006/04/02 11:32 PM |

私も実はあのDVDもらったんです。 配ってたりして? でも有名人もいろいろ出てるし、おもしろいですよね〜。 Kさんはこちらで試合にどんどん出てらっしゃったんですか? 今は日本でも?
| maria | 2006/04/05 1:15 AM |

アブダビ出場者達もあのDVDもらってましたよ〜
配ってますね。。。

LAでは柔術、グラップリングともにちょこちょこ試合にでていましたが、日本に帰ってからはグラップリングしかやってません。

でも、日本ってグラップリングの試合がアメリカに比べてすごーく少ないんです。ワンマッチならあるんですが、1試合に4000円払うのももったいないですよね?

トーナメントにはこれからガンガン出場します!
| K | 2006/04/05 1:04 PM |

グラップリングしかしないKさんのような人は、日本ではめずらしいんではないでしょうか??(総合をしてる人がギを着ないでグラップリングだけ、ってことはありそうですが)  LAだといっぱいいますよね。 
1試合に4000円ですか〜、きついですね。 でも女子ってそういう場合多いんです、柔術でも。。。 トーナメント頑張ってくださいね。
| maria | 2006/04/07 1:02 AM |

おっしゃるとおり、グラップリング専門家は少ないですね。

でも、、LAの友達の情報とうちの道場の最近の動向をみてると、LAでも日本でもギ離れが少しずつ進行していってるような気がします。とくにうちの道場のグラップリングの日と柔術の日の人数の差はすでにグラップリングの方が多いです。

まだ柔術、グラップリングを両方やるって人が多いですね。

ワタシは柔術の日でもお構い無しにギを脱いでもらってスパーしてもらってますが。柔術ギは1年半以上着てないのでそろそろカビが生えてきそうです。
| K | 2006/04/07 11:24 AM |

ひゃーいつのまにやらネタにしていただいてごっちゃんです(笑)。

Kさんはノーギ派ですか。自分はなんとなくギがあるほうが好きです。袖を掴むのが好きとか、タックルが出来ないとかいろいろ理由はあるけど、たぶん一番でかいのは「ノーギだといっぱい動かなきゃいけない」ことだと思います。こんな発想の人間が格闘技やってどーする、と自分でも思いますが。

なんにしても、今後いつか(日本でもLAでも)会場でご一緒することがあったらよろしくです。

ユリ自慢のコスチュームに着目するとはmariaさんさすが。前にイサミのピンクの花模様のギがこっちの掲示板でも注目された時、奴は真っ先に反応してました。
| ひね | 2006/04/07 9:47 PM |

ひねりんさんこんばんは。

ひねりんさんのブログは昔から拝見させていただいてました。再開されたときにコメント残したのは私ですよ。

実はひねりんさんとは何度か試合会場で会ってます。ADCCでも見かけました。

もし次回見かけたときは声かけさせていただきます!
| K | 2006/04/08 12:39 AM |

「ノーギだといっぱい動かなきゃいけない」

その通りですよね・・・ 「動く」ということを意識するためにノーギの練習するのもいいかも、って思ったことありました。 私、気が付いたらスパー中に休んでるんで(笑)
| maria | 2006/04/13 6:17 AM |










http://cafe.quietwarriors.com/trackback/319757


このページの先頭へ