Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< ブドーチャレンジ 結果速報 | main | ブドーチャレンジ観戦記 追加情報 >>
ブドーチャレンジ観戦記(というほどでもないけど・・)
昨日のブドーチャレンジ、すごくよかったです。こんなものが無料で見れるなんてヒクソンに感謝!


(許可のあるカメラマン以外はカメラもビデオも禁止されてたので、ステージの写真だけ)

ということでブドーチャレンジ。
4時半開場、5時開始のはずが、知らぬ間に6時開始に変わっており、中に入れたのは6時頃? 入り口では物々しいセキュリティーチェックがありました。空港にある、なんていうのか、あれです、あれ。金属に反応してピーって(ブーかな)って鳴るやつ。あれを通り抜けさせられました。

第1試合(59.99 Kg以下
×ベルギー代表(?) 
○勝村周一朗
第一試合なので観客がまだルールを理解していないようで、submission attempt (絞めや関節技で極まりそうになること)で3点が入るというのがわからず、ざわざわしてました。勝村選手は判定勝ち。

第2試合(59.99 Kg以下)
○ビビアーノ・フェルナンデス 
×エディー・サンチェス
いきなりビビアーノが飛びついて三角を仕掛け、そのままの体勢でグランドにもつれ込み、そして相手はタップ、と秒殺でした。

第3試合(60 Kg 〜 67.99 Kg)
×ベルギー代表(ミッシェルなんとか) 
○小室宏二
ギ・チョークで秒殺。相手はタップしてるのにレフリー気づかず、タップし続けてました・・・。ところでこのベルギー人と第一試合のベルギー人同じ人に見えた。兄弟かなぁ? 二人ともなんか猫背でヒョロヒョロしてて(笑)「ブドーチャレンジ」の名前に一番ふさわしくない大賞!

第4試合(60 Kg 〜 67.99 Kg)
○レオナルド・ヴィエイラ 
×バレット・ヨシダ
第一ラウンドではレオジーニョ、ポイントが入るたびにレフリーを見上げていて、柔術だわ〜。第三ラウンドも第一、二ラウンドと同様、どんどんレオにポジションのポイントが入っていきます。このままレオ様判定で勝つの?と思っていたら最後に華麗な腕十字炸裂(でタイム?)

第5試合(68 Kg 〜 76.99 Kg)
○キャメロン・アール 
×マルセーロ・ガウッシア
今大会の一番の驚き、番狂わせ? マルセーロが負けるなんて。第三ラウンドで足関節のポイントが決定打となりキャメロンの判定勝ち。近くで見ていたジェフ・グローバー大喜び! このサンフランシスコ出身のキャメロン・アールという人、数年前からカリフォルニアで有名なすごく強い人らしい(ゴングのHさん情報)

第6試合(68 Kg 〜 76.99 Kg)
×エジプト代表(アリ・アブドゥラー・ラジー?) 
○青木真也
いやあ、ホンモノの秒殺です。フライング・アームバー。さすが跳関十段。相手のエジプト代表のセコンドにはヘンゾがついてました。青木選手の、セコンド小室選手を置いて走って帰る姿にちょっと笑いました。

第7試合(77 Kg 〜 86.99 Kg)
×マイク・ウィーバー 
○ホナウド・ジャカレイ
ジャカレイがバックからチョークを仕掛け、ポイントが入りましたが極まらず、そこから腕十字で勝ち。

第8試合(77 Kg 〜 86.99 Kg)
○高瀬大樹 
×フランス代表(カールなんとか?カルロ?)
高瀬選手、リバーストライアングルで勝利。なんですが、試合後立ち上がれずに痛そうな状態。何があったかわからなかったのですが、友人がすぐさまリングサイドにいるスタッフ(あるファイター)の携帯に電話。高瀬選手は今ケガしたのではなくプライドか何かで既にケガをしていて、それだとのこと。(それにしても電話するなんて。。。相手も答えてるなんて。。。)ちなみにこれにはsubmission attemptのポイントが入らなかったような気がするんですが? まあタップ取ったから結果としてはいいんですけどね。

第9試合(87 Kg 〜 97.99 Kg)
×Givanildo Santana 
○シャンジ・ヒベイロ
サンタナは3日前のノースアメリカン・ブラジリアン柔術トーナメント、決勝でサウロ・ヒベイロと対戦して判定負け。今日は弟のシャンジと。もちろんセコンドはサウロ。第二ラウンドでシャンジがバックを取り、そこからチョークで勝ちました。

第10試合(87 Kg 〜 97.99 Kg)
○アメリカ代表(ロバートなんとか) 
×国原継悟
第一ラウンド、ロバートなんとか選手が国原選手に飛びついて、そのままバックを取り、立ったままの状態でチョーク。

第11試合(98 Kg 以上)
×ホーレス・グレイシー 
○アメリカ代表(ラファエロ・ロバート・JR?)
第一ラウンドでラファエロにポイントが入らず、会場から叫ぶ声が何度も。やはりグレイシー相手だから客もそうなる? 第2ラウンドでラファエロがチョークを極め勝ちました。

第12試合(98 Kg 以上)
×セルビア代表(?) 
○小斉武志
ラウンドの始まりに必ず「よーーっしゃおらーー!!」のような気合の掛け声に会場も物真似(笑) 3ラウンドとも小斉選手がテイクダウンポイントを取り判定勝ち。

第13試合(59.99 Kg以下 決勝)
○ビビアーノ・フェルナンデス 
×勝村周一朗
第一ラウンド、1回戦飛びつきで三角を極めたビビアーノに飛びついていった勝村選手ですが、結局ビビアーノの三角にはまりました。(腕十字だったのか?? よく見えなかった。三角の体勢に入ったと思ったらすぐタップだったので。普通三角だとタップまでにもう少し間があるかなあ、と思って。でも周りに聞いたら三角と言ってました)

第14試合(60 Kg 〜 67.99 Kg 決勝)
○レオナルド・ヴィエイラ 
×小室宏二
柔道家相手だからか、マイナスポイントが入るのにもかかわらず、レオジーニョ引きこみでスタート。下からいろいろするけど小室選手はガードの中でしのぐ。(向きが反対なので見えない・・) 第二ラウンドは小室選手にポイントが入った(と思う) 第三ラウンド、負けてるレオジーニョは必死に三角→オモプラッタと見せ場を作ったりで、結局レオジーニョの判定勝ち。レオジーニョってもっと圧倒的な試合するのかと思ってましたが、小室選手すごい!

第15試合(68 Kg 〜 76.99 Kg 決勝)
×キャメロン・アール 
○青木真也
キャメロン・アール選手、青木選手の一回戦を見てたからか(?)かなり低い姿勢でスタート。キャメロンが飛びついてきたが、青木選手足関節極めてまたしても余裕勝ち。強すぎです。(そしてまたしてもセコンドの小室選手置いて走って帰る、笑)

第16試合(77 Kg 〜 86.99 Kg 決勝)
×フランス代表(カルロかカールかそれに近い感じ) 
○ホナウド・ジャカレイ
(高瀬大樹選手ケガのため出られず。。。でも見たかった!)
第一ラウンド、ジャカレイがギ・チョークでポイントを取り、サイド→マウント→腕十字→オモプラッタ→三角、と教科書通りのスバラシイ動き。しかしここで第一ラウンド終了。第二ラウンドはすぐに腕十字から三角と、きれいに勝利。試合後ジャカレイのワニの動き見れました。

第17試合(87 Kg 〜 97.99 Kg 決勝)
×アメリカ代表(ロバートなんとか)
○シャンジ・ヒベイロ
シャンジが腕十字で勝ち。(それだけか!)

第18試合(98 Kg 以上 決勝)
×小斉武志
○アメリカ代表(ラファエロ・ロバート・JR?)
第2ラウンドで、小斉選手がテイクダウン直後バックを取られ、腹這いの状態。そこからパンチを振り下ろすかのような動きでチョークを狙いに行くラファエロ。そしてそのままレフリーが試合を止めて終わったので、なんで??と思って他の人に聞いてみたら、小斉選手、相手の指を噛んだらしいです(故意かどうかわかりません)

(1回だけの場内アナウンスをもとに選手の名前や国を書いてるので、さっぱり聞き取れてなかったりします)

テレビ放送などの関係でブドーチャレンジに関しては、関係者は詳細はもちろん試合結果も一切公表してはならないということだそうです。私は関係者じゃないので書いちゃいました。(いつまでダメなのかな?テレビ放送が終わるまで?) 関係者や選手のサイトで詳細を読みたかったんですが、とりあえずそれも出来ず・・・モニターもないし私の知識ではわからないこといっぱいなので・・・昨日会場にいてこれを見てる方々、間違ってたら教えてください。 

ちょっと驚いたこと:
その1 ヒクソン・グレイシー主催だけどホリオン・グレイシーが見に来ていた。
その2 ヒクソンが挨拶のためステージに上がりましたが、着ていたのはなぜに作務衣? (近くの日本人から「割烹着!」との声が。ウケた)
その3 赤コーナーと青コーナーに分かれてたのですが、赤コーナーの選手はみんな赤帯。でも青コーナーは青帯だったり黒帯だったり。
その4 勝村選手から柔術は白帯だと聞いたこと。といっても柔術をやってないだけで、実力はもちろん白帯じゃないですが。
その5 シャンジ・ヒベイロが日曜日に着ていた上着を、サウロ・ヒベイロが今日着ていた。同じの持ってるのか、二人で仲良く貸し合いしてるのか?(余計なお世話?)
その6 ヒーガン・マチャドは土曜、日曜、水曜と同じ服を着ていた。超お気に入り?
その7 GRAPPLERS HIGHさんが大会のロゴについて「これってもしかして座禅を組んでる絵なのかな〜?多分そうなんだろうけど、見方によっては、ウ○コにも見えるよな〜(笑)。」と書いてありましたが、私は実はなぜかずっと「鼻」だと思ってました。座禅だと気づいたのは実はつい最近。これって深層心理かなんかが現れてそうで、公表してしまうのは恥ずかしいことなのかも?



ブドーチャレンジ観戦記 追加情報はこちら

Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリングのオンラインストア ★Quiet Warriors★
| maria | 柔術 & グラップリング | 03:26 | comments(20) | trackbacks(4) |
なんでウンコ?なんで鼻?

私には、マークはだるまor座禅にみえるけど????

あまりにも幼稚な創造力に唖然・・・・。

それにしてもほとんどの試合が1本とは・・・。

本来の闘いはこうあるべき。

・・・・座禅。


| R | 2005/10/21 4:13 AM |

座禅とかダルマよりもその横に書いてある「武道」「武術」の字が下手すぎませんか?それとも達筆すぎて僕みたいな凡人にはその芸術性がわからないのかな。噂によるとヒクソンの直筆だとか。ヒクソンが着ていた服は本当に割烹着だったんだろうか?僕は作務衣だと思っていたんだけどカーソン系で紫帯のヨ○○リ君が「あれは割烹着だよ、ヒクソンに作務衣と勘違いして着てるってこと教えてあげなよ」言ってたな。
| ウニィ〜クダサ〜イ | 2005/10/21 7:34 AM |

はじめてコメントさせていただきます。
勝村選手のHPの管理人をしておるものです。
こちらで結果を知ることができました。
ありがとうございました!

そして、私もアサイーを飲み始めました(笑)
| イマイ | 2005/10/21 8:13 AM |

当ブログで紹介させていただきました。以後、よろしくお願いします。
私もアサイー大好きです。
| 格闘おやじ | 2005/10/21 11:32 AM |

青木選手HP管理人の川井です。
同じくこちらで結果知る事が出来ました。ありがとうございます。
| かわい | 2005/10/21 12:15 PM |

Rさん
私、深層心理どころかそれ以前のものを晒してしまいましたか(笑)
試合に関しては、判定だとしてもテクニック合戦が見れる、とも思いますが、やっぱり一本は気持ちいいですねえ。

ウニィ〜クダサ〜イさん
あれはヒクソンの直筆ですか!? うーん、芸術と言うよりは・・・いや、ヒクソンが書いたということが大事なはずです。ところで作務衣じゃなかったんですか? 遠かったからわからなかった・・・いや、違った、目の前で「おやすみなさい」って言われたんだった(笑)というか、作務衣と割烹着の違いって何ですか? ウニィ〜クダサ〜イさん、調べて教えてください(笑)・・・・・・なんのブログだ!?

イマイさん
勝村選手かっこよかったです。柔術の練習はしたことがないとおっしゃってましたが、それなのにあんなに! ということは練習したらすぐにビビアーノ倒せますね!! 実はビビアーノは12月までLAにいます。ぜひリベンジに来てください(笑)

格闘おやじさん
紹介していただいてありがとうございます。こちらこそよろしくお願いします! アサイー好きな方やはり多いですね。でもそれは柔術関係だけなんでしょうか? それとも日本では一般に広まってるんでしょうか?

かわいさん
青木選手ほんとにすごかったです。2試合ともあんなに早く終わらせたなんて青木選手だけですから。かなりのインパクトを残してました。やはり海外にいる日本人としては、日本から選手が来て大活躍してくれるとうれしいです。
| maria | 2005/10/21 3:01 PM |

こんちは!人知れず「英語と日本語の発音表記のできる限りの一致」運動を推進している私なんですが、今回の記事でかなり影響を与えるであろうこちらの管理人にご協力をお願い(まー、日本のグラップリングマニアにしか影響は与えないけど)

Rafael Lavato Jr.の日本語表記をラファエル・ロバート・ジュニアでなくラバト・ジュニアにしましょうよ。このまま一生ロバートになっちゃうよ。

以前うちの掲示板にリンクもらって以来、チェックしてます。日曜のnishiyama道場での練習に行ってるそうですね。何かの縁がつながってるようです。いつかどこかでお会いしましょう。それでは。
| Max Jiu-Jitsu Academy & Yoga Studio | 2005/10/21 4:27 PM |

いや彼、Lovato Jr.みたいですよ。本人(bjj4life)が掲示板のカキコミでそう記名してるし。もっとも俺もいつもテキトーに「ロヴァート」とか「ラバート」とかかましてたりしますが。

なんにしても鼻がチャームポイントの彼、現在ギありならアメリカ重量級最強かも(ってホリオンさん、こんなとこまで道場生にチェックさせてないだろうな・・・)。
| ひね | 2005/10/21 5:15 PM |

こんにちは☆あきのりと言います

青木&小室さんの結果は本人達からメールが来て知っていましたが、内容はここで知る事ができました、ありがとうございました!!
| あきのり | 2005/10/21 7:30 PM |

青木選手優勝ですか!凄いですね。マルセリーニョがキャメロン・アールに敗れたのには驚きました。まぁルールが違うので私のなかではマルセリーニョ株は全く下がってませんが。確かハレックにバスターでKOされた選手でしたか?(以前ひねリンさんのサイトで見ましたがよく覚えてないです)引き込みがマイナスポイントになるルールは柔術家には痛いですね。アブダビルールを批判してるヒクソンが何でアブダビのルールを採用したんだろう?訳が分からん。個人的な意見を言えば柔術でいうアドバンがポイントになるシステムよりポイントやアドバンを一切無くした一本でしか決着が付かないルール(要するにホイスとイズマイウがやった時のルール)を採用してほしいです。それなら柔術でいう絞めや関節のアドバンが入っただけで何で俺の負けなんだ!とかポジションは取られたが相手は抑え込んでるだけで極める気が無くて(或いは極められない)こんな奴に負けた気がしない!て人でも納得するだろうし。それにしてもブラジル最重量代表が何故ホーレス?他のブラジル代表と比べると明らかに見劣りするのに。
| ヒロッタ | 2005/10/21 8:35 PM |

最後は十字に変えられてタップしました。
足関いけないかなと右手で探ろうとした瞬間にその手を越され三角に。やばいと胸を張った瞬間に十字に変えられました。
あのスピードと瞬発力は驚異です。あと足クラッチの力も半端じゃなかったです。
| カツムラシュウイチロー | 2005/10/21 11:26 PM |

キャメロン・アールは、ハウフの黒帯でかなり強い選手
です。(なぜか優勝が・・・)
それでもあの強豪アリアンシ軍団のマルセーロを2度も
破るとは、恐るべし。(1度目は茶帯、送り襟締め)

そしてそのアールを1本で破った青木も恐るべし。

あとヒロッタさん1本重視のルールは、ホリオンの
のところで長〜いやつをやってるけど私もポイント
重視じゃなく1本重視の柔術の方が好きです。
なんてたって言い訳ができないのが良い。
(柔術の醍醐味)
でも観てる方にはつらいかも・・・というかつらい。
だからスピーディな展開は、必要なんじゃないかな?

しかしホリオンが来ているとは(なぞ・・・招待?!)

追伸 私もアサーイ飲みます。
| R | 2005/10/22 2:11 AM |

ゴン格のHさん、何かインサイド情報くださいよ。バックステージをカメラ片手に走り回ってんだから何か知ってるだろ。出し惜しみしないで洗いざらい吐いちゃいなよ。この武道チャレンジはいつ何処で放送されるんだよ。
| ウニィ〜クダサ〜イ | 2005/10/22 2:36 AM |

Max Jiu-Jitsu Academy & Yoga Studioさん、ひねさん、ありがとうございます。LavatoとLovatoどっちが正しいのでしょうか? それと日本語表記は・・・? 私は自分の耳に聞こえたように(そしてそれは他の人の耳に聞こえたのと違ってたりする、笑)書いてしまってるので、正式なのがわかりません! その他の選手の名前などはどうなってるんでしょう?
それからMaxさん、私はnishiyama道場にお邪魔したことありませんよ。多分ある男性Aと勘違いされてるような・・・笑。あ、だからって縁でつながってなかったとは言わないでくださいね。。。

あきのりさん、コメントありがとうございます。はやくTV放送なりDVDなりで見たいですよね。私ももう一回振り返りたい!(よくわからなかったところもあるし)

ヒロッタさん、キャメロン・アールがハレックにバスターでKOされた選手・・・わかりません、ひねりんさん、答えをお願いします!(笑) 引き込みがマイナスポイントになるルールは柔術家には確かに痛いですね。それでも引き込むということはよほど下からの攻撃に自信ないとできませんね。大会によっていろいろルールがありますけど、Rさんが書いてくださったようにホリオンの大会は、一本でしか決着が付かないルールに近いと思います。といってもポイントありますけど。確か試合時間30分で12ポイント先取かまたは極めると終わるというルール(違ったかも) 見てるほうはつらいです、笑。選手もつらいと思います、なんたってトーナメントですから。このルールならほんとに強くないと勝ちあがれないなと思いました。これで全試合1本取ったビル・クーパーさすが!

カツムラシュウイチローさんは勝村選手ご本人ですよね? 腕十字だったんですね。間違えて書いてしまって申し訳ありません。でもブラジル人茶帯に「今のはアームバー?」って聞いたんですよ〜、そしたら「三角だ」って言ったんで、茶帯の言うことだから正しいだろうと(笑)失礼しました。 ビビアーノのスピードと瞬発力はすごいということですが、あの人、体型からして5mの高さの枝にも軽々飛びつきそうな身体能力ありそうに見えます(変な例え・・・)彼は1週間ぐらい前に彼女が出来たんで絶好調ど真ん中の状態で試合したはずです(書いちゃった、笑)

Rさん、キャメロン・アールはマルセーロに一度目送り襟締めなんですね。そんなに強い選手に短時間で簡単に勝ってしまった青木選手。すごすぎですねえ。 それからホリオンはVIPの前から2番目ぐらいの席にいました。でもVIPといっても入り口が違っただけで中に入ると誰でもそこに座れるし、VIP席だからってよく見えるってこともないし、VIPの人たち普通に一般席にも座ってましたけど。ヒクソンと鉢合わせするところ見たかったんですけどね(笑)

ウニィ〜クダサ〜イさん、私もゴン格のHさんにいろいろ面白い情報など流して欲しいですねえ。Hさん、別名でいいのでお願いしますよ〜。
| maria | 2005/10/22 7:55 AM |

そうでした。ヒロッタさんの言う通り、キャメロンは去年ホリオン大会でバスターでKOされてます。相手は長男のヒーロンで、ずいぶん体格差のある試合でした。

ちなみに今回のブドーチャレンジのバスター(スラミング)のルール規定はかなり変わってました。なんちゅうか、アブダビと逆。アブダビでは「サブミッションを仕掛けられた時のみ、バスターOK(ガードの相手を持ち上げて叩き付けたりはダメ)」だったんですが、ブドーチャレンジでは「サブミッションから逃げるためのバスターはダメ。そうでなければOK」。

個人的にはバスターはアリかナシ、どっちかはっきりしてるのが好きです。ホリオンの「青帯まではナシ。紫帯以上はアリ」ってのが一番しっくりくるなあ。

で、このブドーチャレンジ、ヒールはKってのもユニーク(勝村選手は一回戦、ほとんど極めかけてた)。ギ着用でヒールありのグラップリング大会って、ほとんど見たことない。

あと、どーでもいいローカルネタなんですが、ビビアーノって、トーレンス(ガーデナ?)の焼き鳥屋、新撰組で働いてますよね? ビビアーノに超似てるだけの単なるメキ系兄ちゃんだという説もありますが・・・今度サインもらいに行きましょう。
| ひね | 2005/10/22 10:12 AM |

確かにRさん、mariaさんの仰る通り一本でしか決着が付かないルールをトーナメントでやるのは選手や観客にも苦痛ですね。だったらトーナメントとは別にスーパーファイトというカタチで一試合か二試合にして後半ではなくオープニングファイトとして行えばどうでしょう?ホジャーVSジャカレイの様な因縁のマッチメイクだったらこういうルールこそが一番相応しい思うのですが。完全に決着が付くから遺恨も残らないと思うしポイント制じゃないから言い訳も出来ないしどちらが強いのかこれ以上無いカタチでハッキリするんですからいいルールだとおもうんですが。

ひねリンさんご返答ありがとうございます。ハレックではなくヒーロンでしたか。しかしアブダビやブドーチャレンジはバスターの規定なんてあるんですね。私もホリオンの大会みたいにハッキリしてるほうが好きです。しかしヒールがOKていうのはイイですね。総合やサブミッションレスリング系の選手も技の選択肢が広がるでしょうし。(できれば首関節もOKにしてほしいですね)  話は変わりますがひねリンさんのブログはもう更新されないんですか?楽しみだったので休止してるのは残念です。あとペドロ先生最高!!!
| ヒロッタ | 2005/10/22 9:22 PM |

ひねさん、ありがとうございますーー!! これからも分からない時は「ひねりんさんコール」かけよっと(笑)
バスターのルール(だけじゃなくなんでもだろうけど)条件付でアリ、にすると選手も見てるほうも、どっちなんだかわからなくなって困りますね。「青帯まではナシ。紫帯以上はアリ」は分かりやすいし、一応危険な技ではあるから初心者には認めないという、安全性にも気を配ってていいと思います。
ビビアーノが新撰組!? ほんとですか? 知らないです! 彼1ヶ月ぐらい前にアメリカに来てるから、働いててもおかしくないか・・ この間新撰組行ったけどあれは焼き鳥じゃなくラーメンのほうだった。今度行きましょうよ〜! で、ビビアーノはウェイターですか? チップはずまなきゃ(笑) それとも調理のほう? ビビアーノが作る焼き鳥食べれるなんて光栄。

ヒロッタさん、これからもどんどんひねりんさんに質問しちゃってくださいね(笑) ひねりんさんは何でも知っている!(書けないようなことも何でも知っている!笑)
ところで1本でしか決着が付かないルールで、スーパーファイトにしてホジャー対ジャカレイをやるっていい考えですねえ! それだったらハッキリ明確になりますね。言い訳も通じないし。 
| maria | 2005/10/23 7:03 AM |

ヒロッタさん、嬉しいお言葉ありがとうございます&さぼっててすみません。別にブログやめたつもりはないんですが、頻繁な更新(特に格闘技ネタ)は当分難しいかもです・・・ペドロは最近ブラジリアンコーヒーショップはじめました。開店前後は道場ほっぽらかしでそっちにかかりっきりでしたが、マターリ系道場のうちの連中からは特に文句も出なかったり。

mariaさん、新撰組いつかぜひ行きましょう(「ビビアーノ」はカウンターの中にいました)。まー自分は僻地に住んでるので、先にAcai Cafeで「焼き鳥屋のビビアーノを探せ」をやってくれても嬉しいかも(笑)。本物も一緒に連れてけば「生誕時に生き別れになった双子の弟」との涙の再会シーンが生まれるかもしれません。
| ひね | 2005/10/23 2:16 PM |

ひねさん、では先に新撰組でビビアーノ探してきます。でもそんなにそっくりなんですか!? 楽しみだなあ。
それから私もひねりんさんのブログで勉強させていただきます〜。
| maria | 2005/10/24 11:02 AM |

現在、使用のサーバーにおきまして、第三者からのDOS攻撃を受けており、ブログに接続し難い状態となっております。
大変ご迷惑をお掛けいたしますが、今しばらくお待ちいただけますよう、お願い申し上げます。

また、障害復旧にあたっている中で、Acai Cafe にいただいたいくつかのコメントをはじめ、maria のコメントのほとんどが誤って削除されましたこと深くお詫び申し上げます。

どうぞ今後とも、Acai Cafe をよろしくお願いいたします。
| 管理人 | 2006/03/20 4:40 AM |










http://cafe.quietwarriors.com/trackback/165927
ロスにて…
やってくれちゃったよ、この男!! ブドーチャレンジ優勝しちゃったよ!!ウヒィ〜 ただただ尊敬するばかりだわい☆ ホントによかったなぁ〜
| akinoriの写真日記 | 2005/10/21 7:21 PM |
ブドー・チャレンジの結果
ブドー・チャレンジの結果 B.J.J-INSIDE 10月19日 ヒクソン・グレイシー主催大会「ブドー・チャレンジ」  60Kg以下級:ビビアーノ・フェルナンデス選手  68Kg以下級:レオナルド・ヴィエイラ選手  77Kg以下級:青木真也選手  87kg以下級:ホナウド・ジャカレ選手  98Kg
| 我が生涯に一片の悔いなし | 2005/10/22 8:11 PM |
ブドーチャレンジ(最終版:前編)
今回、ちょっとしたきっかけから、ビックチャンスが巡ってきました。 柔道でも柔術で
| 5669 | 2005/10/25 12:46 PM |
ブドーチャレンジ(最終版:後編)
先に前編をご覧下さい。 間違いなく世界最高峰の寝業師との対戦、 当然緊張はしまし
| 5669 | 2005/10/27 7:00 PM |


このページの先頭へ