Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< ジョン・カルロス、ジョン・パウロ倉岡兄弟について | main | マーク・ハントもヒョードルもK−1に? >>
デニス・カーンのDVDと次の試合
手の怪我から回復したデニス・カーンだが、PRIDEでアンドレイ・セメノフとの再戦が待っている。その前にデニスはSpirit MCでグラップリングの試合がある。そして彼の教則DVDも現在発売されている。(インタビュー:Keith Mills 以下KM)

KM:まず始めにトレーニングDVDについて聞かせてください。
デニス:普通のDVDのようにAから始まりZまで、というようなものとはちょっと違います。“My MMA”というんですが、私が試合で使う好きなテクニックと、そしてなぜそれを使うかを紹介しています。もし私が初心者だったらこれは買わないでしょうね。ただ単に私が好きなテクニックなんです。私が青帯、紫帯時代の試合のハイライトもあります。それからNG集も入ってます。おもしろいですよ。
KM:ではこれは紫帯対象ですか?
デニス:いえ、みんなが対象です。ぜひコレクションに加えてみてください。deniskang.comまたはgrapplearts.comで販売しています。
KM:技の受け手は誰ですか?
デニス:バンクーバーのトレーニング・パートナーであるアダム・ライアンです。
KM:これは1月に撮影されたものですが、あなたの好きなテクニックは変わっていませんね・・・
デニス:もちろん変わっていません。多くのテクニックはセミノフ戦でも、どんな試合でも使っています。
KM:プライドのセミノフ戦で使われるかもしれないテクニックを、このDVDから抜粋してもらえませんか?
デニス:私が下にいて、ガードから立ち上がるまでの動きです。総合ではとてもいいテクニックです。実際にセミノフ戦で使いました。これが今頭に浮かぶものですね。それから今までの試合で使ったテイクダウン、足を引っ掛けて倒すものや、ダブルレッグ・テイクダウンです。
KM:次は10月29日にSpirit MCがありますね。
デニス:はい、グラップリングの試合です。対戦相手は佐々木有生です。彼はパンクラスアレックス・スティーブリングを倒していますが、それはグランドではなく立ち技です。佐々木は細く長い足をしていてガード技術がいいですね。三角締めや腕十字が得意です。テイクダウンはあまりうまくないようなので、私は彼をテイクダウンし、少し苦しめて、上からサブミッションを狙います。彼は私より経験があります。私たちは2人ともプライドと、ブラジルでのアブダビに出たことがあります。私たちの試合は接戦になるでしょうね。
KM:どうしてSpirit MCはグラップリング・マッチを行うんですか?
デニス:私の手を心配してくれてるんです。
KM:ということはSpirit MCがこれからその方面に力を入れるということではなく、あなたに試合に出てもらうため、ということですか?
デニス:そうです。
KM:総合の試合に向けてのトレーニングとどう違いますか?
デニス:柔術とレスリングに重点を置いてトレーニングしています。ボクシングとキックボクシングも練習していますが、週に1、2回だけです。ギを着用してのトレーニングもしています。それによってグランドでの技術が向上しています。今の体重は前回試合したときよりも少し重くなっています。95キロぐらいですね。今回の試合はオープンウェイトなのでいつもより少し重くしています。筋力トレーニングとパワーリフティングをたくさんやって、それからハワード・デイビスの元でボクシングの練習にも復帰しています。
KM:Spirit MCに戻る気分はどうですか?
デニス:興奮しています。韓国人の前で試合するのは大好きです。
KM:これによってプライドでのキャリアがリスクにさらされるということはありませんか?
デニス:いいえ。Spirit MCとプライドはいい関係なんです。Spirit MCが大丈夫なのはプライドとの契約にも明記されています。
KM:手の怪我のせいでプライドのトーナメントに出られませんでしたね。
デニス:はい。来年まで待たなくてはなりません。
KM:手の回復について教えてください。
デニス:手はもう大丈夫です。Spirit MCが大晦日のプライドの前に危険を冒さないよう用心してくれたんです。Spirit MCもほかのことを企画しています。
KM:他のカードは総合ですか?
デニス:はい。
KM:プライドのセミノフ戦ではディン・トーマスがセコンドについていて、ヒカルド・リボーリオはいませんでしたね。
デニス:リボーリオはビザの問題で来れなかったんです。ディン・トーマス、マーカス・アウレリオ、ビル・マフードが来ました。
KM:やっぱりビルだったんですね。
デニス:ビル・マフードは私の友達です。彼が私のセコンドをしたり、私が彼のセコンドをしたりして多くの試合を一緒に過ごしてきました。長い間一緒に戦ってきたので、彼がセコンドについてくれるととても安心するんです。私のことをよく知っていますから。


ADCC NEWS

************************************************
デニス・カンがプライドなんかに出るのを見ると、「韓国人ファイター」というかんじで出ていますが、すごく不思議でした。韓国系というのは皆知っていても、バンクーバーの時は韓国系というよりフランス系というイメージが強かったので。デニスが自分の生徒のセコンドするとき、普通は英語なんですが、フランス語系の生徒にはフランス語でセコンドしてました。かっこえぇ〜!

Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリングのオンラインストア ★Quiet Warriors★
| maria | 総合格闘技 | 02:20 | comments(4) | trackbacks(0) |
TBありがとうございます。デニス・カンはPRIDEに復帰するのですね。でも、大丈夫とは言っていますが、手の怪我、完全ではなさそうですね。
またお伺いさせていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。
| 格闘技好きのブログ! | 2005/10/07 8:12 PM |

デニス・カーン、かっこいいですよね。
かなり技術もしっかりしてると思うんだけど
雑誌とかに載らないのはなんでだろ。
| ひっきー | 2005/10/08 11:46 PM |

格闘技好きのブログ!さん、ひっきーさん、コメントありがとうございます。試合早く見たいですね。私はよく知らないんですが、雑誌とかにあんまり載ってないんですか? 技術はもちろん見た目的にもいいと思うんですが(笑)どうして載らないのかなあ? 
| maria | 2005/10/12 5:07 AM |

現在、使用のサーバーにおきまして、第三者からのDOS攻撃を受けており、ブログに接続し難い状態となっております。
大変ご迷惑をお掛けいたしますが、今しばらくお待ちいただけますよう、お願い申し上げます。

また、障害復旧にあたっている中で、Acai Cafe にいただいたいくつかのコメントをはじめ、maria のコメントのほとんどが誤って削除されましたこと深くお詫び申し上げます。

どうぞ今後とも、Acai Cafe をよろしくお願いいたします。
| 管理人 | 2006/03/20 4:37 AM |












このページの先頭へ