Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
<< ミルコ・クロコップ PRIDE 30 に向けて | main | ジョシュ・バーネット アメリカン・トップチームへ >>
帯の赤タグって・・・


知り合いのブラジル人から聞いた話。
よく柔術の黒帯についている赤タグは「先生」という意味だったんですね・・・茶帯以下には黒タグ、黒帯に黒タグだと見えないから赤タグだと思ってました。何帯でも、教える立場にある人なら赤タグをつけるのだそうです。そういう目で格闘技雑誌とか見ると、黒帯でも赤タグついてない人いますね。黒タグは「ファイター」という意味だそうです。そういえば知り合いの紫帯の人が赤タグつけてたんですけど、ただのファッションだと思ってました。彼、教えてるんだった・・・ ちなみに「ブラジルでは常識だ」と言われましたが、そうなんでしょうか? 私が知らなかっただけ??

Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリングのオンラインストア ★Quiet Warriors★
| maria | 柔術 & グラップリング | 08:47 | comments(0) | trackbacks(2) |









http://cafe.quietwarriors.com/trackback/104497
吾(ワレ)、JUDOと生きる
コンセプトはJUDO。 ボディには国際試合にも使用される形態安定加工が施された二重織の柔道衣の生地を、ベルトには黒帯をそのまま採用。 素材を活かすため、ジップなど極力金具は使用しないようにしてあります。 ヤバイっす、コレ!! JUDO-100(トート
| 格闘技 +Life[プラスライフ] | 2005/09/12 5:08 PM |
柔術小ネタ
うーんかなり久しぶりのブログ。 同じような毎日なので書くこともなかったんですが (あっても書けないような事だったり) このままではいけないと、ちょっとネットで拾った小ネタを。 「柔術の帯の赤タグは『指導者』の印である」 だそうです。 そういえ
| えび☆てぃの色メガネ | 2006/02/16 9:14 AM |


このページの先頭へ